挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
F l a t_フラット 作者:aza/あざ(筒示明日香)

番外編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

18/18

It recalls it.

 
「由比、お椀取って」
「はぁい」
 遥か昔からこの国には年越し蕎麦を食べる風習が在る。帰化した外国人と交じり合う現在の日本でもそれは変わらなかった。
 むしろ外国人のほうがこう言った風習を好んだのだから混血だろうが純血だろうが現地民であろうがなかろうが関係ないのだろう。要は好みと言うこと。生粋の日本人が多かった時代より文化は大事にされていると評しても過言じゃなかった。

「侑生がお蕎麦作るの、何か変」
 由比が笑って言った。確かにどちらかと言えば日本よりヨーロッパに属した風貌と蕎麦は異色に見えるかもしれない。だが流れるような手際の良さに違和感は見当たらない。それに。
「別に色素が多種多様な現代で、僕が蕎麦作っていたっておかしくはないでしょう?」
 自分より、似合わない人間が蕎麦に雑煮にお節を作るのだ。金髪碧眼なんか赤い髪の自分よりもっと似合わないじゃないか。
 反論してみせて、五歳児にムキになるのはおとなげないと侑生は瞬時に反省した。が、侑生が言われる分には良いが、たとえば気にしている子にこれを告げたらどうなるだろうと改める。人種差別になりはしないだろうか。幼い今の内に口が災いの元であるとか、言う前に考えることも必要だと教えて置くべきでは。突如勝手に浮上させた課題に侑生はどっぷり物思いに沈んでしまった。
 しかしそんな侑生を放置して由比は別問題に首を傾げてしまった。うーん、と唸ってから。

「……でも、ママのが似合うと思うの」

 はっとした。由比には生前の圭のフォトデータやムービーを見せている。被写体自体が写ることを好まなかったため、あまり数は多くないけれど。
 侑生は“もしかして由比は圭に会いたいのだろうか”と瞳を曇らせたが、気付かない由比は事も無げに続けた。
「ママは髪も黒いしおめめも濃い色だったし。ママは着物とか似合ったと思うの」
 あ。チャイナ服とかアオザイなんかも良いかも。屈託無く笑う由比に、侑生は少し悄気る。

 圭は、着物など着るタイプじゃなかった。蕎麦も雑煮もお節も上手く作れたけれど。きちんと作ったのは侑生と二人で暮らし始めた最初の年越しだけだ。次からは通販のデリバリーだったり簡略的に拵えたものにした。不思議に感じて理由を尋ねたときさらっと「始め以外は然して重要じゃなかったから」と返された。
「最初はあなたに作り方を教えたかったから。けど『ドール』のあなたは食べないし、食べるの私だけだから二度目は雰囲気だけで構わないと思ってね。手抜きで良いでしょ」
 もともと怠け者なのだと、笑ったのだ。

 由比は圭を知らない。データや時折侑生が語ることでしか圭に触れられない。

 圭は生きられなかった。由比を産んで早くに亡くなった。一度だけ。一度だけ調子の良い日に────死ぬ前日だった─────由比を抱いたがこの一度きりだ。由比はまだ五歳で、母親の温もりが欲しい時期だ。

 正月もクリスマスも、由比は当たり前のように侑生と過ごす。雪菜や雅彦の孫の正人や、他にも誘ってくれるのに。

 逆に寂しいから、だろうか。由比は親を知らないから。侑生じゃ、駄目なことは自覚していた。
 侑生が圭を偲ぶのと違う感情で、由比は圭を想うのだろうか。侑生は目元から胸の下に至るまでが痛みとも苦しみとも取れない感覚に嘖まれた。

「……ねぇ、」
 葱を刻んでいた手が止まる。侑生の手元を覗き込んでいた由比が目線を上げた。
「なぁに? 侑生」
「会いたい?」
「……誰に?」
「圭、……お母さんに」
 圭を侑生は『お母さん』と称した。初めてだった。圭は圭と、呼び続けていたのに。由比がいつから圭を『ママ』と言うようになったか。侑生は正確に把握していなかった。気が付けば由比は圭を『ママ』と呼んだ。
 問われた由比はううんと難しい顔をしたがやがて答えた。

「別に」

 返答はおよそ子供らしくない、少なくとも五歳児では有り得ないものだった。侑生は眉を寄せた。不快ではなく不可解で。
「……会いたくないの?」
「だって死んじゃったし」
「そうだけど……仮定として」
「可能性も無いのに仮定なんか意味無いじゃん」
 由比が唇を尖らせる。侑生は眩暈がした。会話は親の無い五歳児がするものでは到底無い。しかも由比はまったく強がっている訳では無いのだ。生まれたときから由比といた侑生にはそれがわかる。
 侑生は自分じゃやっぱり駄目かもしれない。そう頭を悩ませ始めていた。
「いや、由比、えー……とね、」
 言葉に詰まりつつ何か言わねばと口を開く侑生を余所に由比が発言した。気遣いが無い辺りは紛い無く子供と言うことだろうか。
「それにね、」
 科白を紡げないままの侑生に由比が答えながら下げてしまった顔を再び上げた。遮られ完全に黙した侑生は目を見開いた。予期せぬ科白だったからだ。

「侑生がいるもん」
 由比が言った。嘘は無い。嘘なら侑生は見破る自信が在る。嘘じゃない。

「ママは侑生を遺してくれた。ママが遺してくれた侑生がいるもん。

 だから、さびしくなんか無いよ」

 日頃からちらほらまったく五歳児では無い由比だが。

 ここまでとは思わなかった。

 自分に似た、実際は自分が模した青年に似た顔立ちが、自分より青年より濃いめの瞳を以て真っ直ぐ自分を捉える。真摯な眼差しも声も偽りは無い。子供らしくはない。
 だけれど、侑生は圭を思い出す。由比のこんなところに。由比は外見こそ父親寄りだが中身は知らないはずの母親に酷似していた。

 由比は圭が己に侑生を遺してくれたと話す。けれども、侑生には、圭が由比を遺してくれたのではないかと考えていた。

 あの“侑生”のためだけでなく、自分のためにも。

 事象としては由比の認識が正しいけれど。心情としては侑生はそう信じていた。

「お蕎麦、」
 侑生が由比の髪に触れる。髪色まで自身に、自己の原型たる青年に近かった。
「お蕎麦、伸びちゃうから、よそろうか」
 髪を梳いてやると気持ち良さそうに目を細めた。由比は猫みたいだなと笑いながら。

 笑いながら、侑生は蕎麦をよそった。刻み終えた葱も添えて。



   【Fin.】


 

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

かまどの嫁

陰陽師家の側室として嫁いできた鹿の子。しかし鹿の子は妖しも家鳴りもみえない、霊力なしだった。側室に不相応だと初夜に御寝所から追い出され、それからずっと、かまどの//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全120部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/01/04 10:00
狼領主のお嬢様

自らの贅沢の為に、悪逆の限りを尽くした前領主一家。その一人娘だった私は、使用人であり恋人の彼が、領主の尻尾を掴もうと潜り込んでいた間者だと知った。 そして、領民//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全26部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/11/10 17:50
北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし

陽気な名ばかり貴族と、元軍人の年上妻の仮契約で結ばれた夫婦の雪国暮らし。身を切るような寒さの中で狩りをしたり、仕留めた獲物の解体作業をしたり、暖炉の火で料理をし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全137部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/02/28 23:51
婚約破棄の次は偽装婚約。さて、その次は……。

伯爵の娘であるアナベルは、父伯爵が亡くなった途端、従兄から不貞を理由に婚約を破棄される。それはまったくの濡れ衣であるが、アナベルも従兄が嫌いだったので、婚約破棄//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全136部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2018/01/01 03:34
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全58部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2018/01/20 00:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

 本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いく//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全677部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 12:18
いつか……

古書店「満月堂」でバイトしている藍沢裕也。静かな冬を過ごしていたある日、女の子が本を売りに来る。本の間から落ちた桜の栞を手にしたときから、ゆっくりと裕也の冬は賑//

  • 純文学〔文芸〕
  • 完結済(全17部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2008/01/29 22:57
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全257部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2018/01/19 00:00
サモナーさんが行く

リハビリがてらで。 説明を碌に読まずにゲーム始める人っていますか? 私はそんな傾向が強いです。 βテストを終え本スタートを開始したVRMMOに参加した主人公。 //

  • VRゲーム〔SF〕
  • 完結済(全1280部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/12/11 00:00
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全157部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 23:38
蘇りの魔王

勇者に討たれ、その命を失ったはずの魔王ルルスリア=ノルド。 彼にはやり残したこと、解決できなかった問題がいくつもあったが、悪は滅びると言うお題目に従い、消滅した//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全272部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 18:00
異世界居酒屋「のぶ」

古都の路地裏に一風変わった店がある。 居酒屋「のぶ」 これは、一軒の居酒屋を巡る、小さな物語である。

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全175部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2018/01/09 23:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
セブンス

ライエル・ウォルトは伯爵家であるウォルト家の嫡子であった。 だが、完璧である妹のセレス・ウォルトとの勝負に負けて廃嫡。完膚なきまでに打ちのめされ、心を折られた状//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全345部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2015/12/06 00:00
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
【IFルート】10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた【集団トリップ】

【本編完結済み】※こちらは途中で分岐したIFルートです。本編の『10年ごしの引きニートを辞めて外出したら』はオーバーラップ文庫さまより発売中です! ※章名・サブ//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全142部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2018/01/20 18:00
わたしはふたつめの人生をあるく!

 フィーはデーマンという田舎国家の第一王女だった。  このたび、大国オーストルの国王で容姿端麗、政治手腕完璧、ただひとつ女性に対して冷たいのをのぞけば完璧な氷の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 19:08
堕落の王

気がついたら異世界に転生していた。 寝ていたらいつの間にか望んでもないのに魔王になった。 働かなくていいなんてこの世界、最高じゃないか。きっと日頃の行いがよかっ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全63部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2015/11/02 00:00
生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい

エンダルジア王国は、「魔の森」のスタンピードによって滅びた。 錬金術師のマリエラは、『仮死の魔法陣』のおかげで難を逃れるが、ちょっとしたうっかりから、目覚めたの//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全172部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2018/01/20 20:00
密やかに想う

修学旅行の帰りのバス事故で死亡してしまった2クラス分の生徒達。だが、肉体を再構成され、異世界に転生する事になる。パーティを組めず一人で転生することになる美咲。職//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全109部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2015/05/16 00:00
武姫の後宮物語

ヘレナ・レイルノート侯爵令嬢は二十八歳にして、ガングレイヴ帝国八大将軍が一人『赤虎将』の副官である武人である。 そんな彼女に、ある日即位したばかりの皇帝の抱える//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全278部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2018/01/21 12:00
異世界出戻り奮闘記

 かつて私は異世界に召喚されたことがある。異界からの巫女として一年余りを過ごした私は、役目を果たし、元の世界へ帰ることとなった。そして護衛騎士に秘めた思いを告白//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全78部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/01/03 18:00
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全41部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 08:55
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全301部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2018/01/20 18:00
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全400部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2018/01/16 22:30
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全126部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/12/24 06:11
箱庭の薬術師

交換条件は、神様の玩具になること。 妹を助けてもらった条件として、楠木ひなみは異世界へ渡った。その世界で「ポイント」を集めて、神様の役に立つことがひなみに与え//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全175部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/08/08 13:38
異世界駅舎の喫茶店

《異世界に転移した夫婦が“駅舎の喫茶店”を営むスローライフ・ストーリー》 とある事情で異世界に転移したタクミとニャーチは、辿り着いた駅舎で出会った“駅長”に誘//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全166部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/12/22 00:13
私は敵になりません!

※主婦と生活社PASH!ブックス様より書籍化!6巻目8/25発売です! キアラは伯爵家の養女。王妃の女官にされる予定で引き取られたが、そのために二回り年上の人と//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全277部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/08/29 23:00
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全143部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2018/01/01 00:48
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全534部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2018/01/15 22:46
おかしな転生

 貧しい領地の貧乏貴族の下に、一人の少年が生まれる。次期領主となるべきその少年の名はペイストリー。類まれな才能を持つペイストリーの前世は、将来を約束された菓子職//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全170部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/12/12 12:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
↑ページトップへ