挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

糸遊

作者:高良あおい
 小さなころから、夏は苦手でした。

 理由は、わたしにもよく分かりません。ただ暑いのが嫌いだっただけかもしれませんし、もしかしたら、ずっとずっと前にいなくなってしまった、お兄さんのこともあるのかもしれませんでした。わたしとまったく同じ顔をした、わたしの双子のお兄さんは、とてもとても暑かったあの日に突然いなくなってしまって、そうして戻ってこなかったのです。
 そう、わたしが夏を嫌いになったのは、あのときからなのかもしれません。自他ともに認めるお兄さんっ子、俗にいう「ぶらこん」さんだったわたしは、お兄さんがいなくなったときにはそれはそれは大泣きして、毎日のように探し回ったものでした。もっとも、小さなこどもがいくら探したところで見つかるわけもなく、あれ以来お兄さんのすがたを見た人はいないのですけれども。とにかく、わたしにとって夏とは、暑さとは、お兄さんを連れ去ってしまう、わるいものであったのです。
 あれから少しだけときが流れて、幼かったわたしは、可愛い少女に成長しました。大人に出会うたびに可愛くなったと言われるのですから、これはもう間違いないのでしょう。お兄さんがいなくならなければ、きっと同じくらいすてきに成長していたでしょうに、本当に残念です。
 ……そう、わたしは、いつもお兄さんのかげに隠れていたわたしは、今もお兄さんのかげに隠れたがっているのです。

 だから、かもしれません。
 こんなふしぎなところに、迷いこんでしまったのは。

「……他の人たちは、どこへ行ってしまったのでしょう」
 視界に映るのは、今まで歩いていたのとまったく同じ、広くも狭くもない道路です。しかし、たった今までたくさんいたはずの人は、一人残らずいなくなっていました。わたしはほんの一度、ほんの一瞬、まばたきをしただけなのに。
 それに、さっきまで感じていた暑さは、一体どこに行ってしまったのでしょうか? どこかひんやりとした、けれどまとわりつくような変な空気に、わたしは思わず身をふるわせました。……ここは、どこでしょう?
 陽炎、というものをご存知でしょうか。夏の、風が無くて暑い日なんかに、道路の上でゆらゆらしているあれです。夏にたくさん見られますが、実は春の『きご』というものらしいのです。わたしはたしか、歩いている途中であれに目をうばわれて、しっかりしようとまたたいた、はずでした。
 不意に、くすくす、と笑い声がきこえます。
「だ、だれかいるんですか?」
「くすくす、くすくす」
 本当にふしぎなことに、それはどうやら何もない空中から、それも色々な方向からきこえてきました。声の主を探してくるくると回るわたしに、笑い声はふりそそぎます。
「朝が、きたね」
「朝が、きたよ」
「ようこそ、朝の女の子」
「朝?」
 不可解なその言葉に、わたしは首を傾げました。今は、昼です。真昼です。だからあんなに暑かったのです。だから陽炎なんてものが見えたのです。それなのに、この声たちは何を言っているのでしょう?
「帰りたい?」
「帰りたいよね」
「夜を探せば、帰れるよ」
「夜に会えれば、帰れるよ」
「がんばってね、朝の女の子」
「ま、待ってください、ここは――」
 遠ざかる声に慌てて声をかけましたが、答えはありませんでした。わたしはためいきとともに肩を落とすと、きいたばかりの言葉を繰り返します。
「夜……って、何ですか?」
 よく分かりませんが、とにかく何かを探せば元の場所に帰れる、むしろ探さなければ帰れない、というのはよく理解しました。ということは、ここでじっとしていてはいけませんね。見知らぬ場所への恐怖や警戒はありましたが、そっと一歩、足を踏み出します。後は、それを繰り返せばいいだけの話でした。
 ゆっくりと歩きながら、そういえば、と思い出します。お兄さんは、夜がとても好きでした。夜の、耳をすませば聞こえてくる静かなざわめきが好きなのだ、と言っていました。落ち着くから、と。逆にわたしは朝の、明るく燃え始める空が好きで、双子なのに真逆だね、とお兄さんは笑いましたっけ。
 それにしても、見慣れた街に誰もいない、というのは存外に恐ろしいものです。普段は人の声が絶えないのに、声はおろか車の音すら、いいえ鳥のさえずりすらきこえてこないのです。しかも真夏ですから、着ているのは半そでの、うすい服。肌寒さすら覚えながら、おそるおそる足を進めるわたしに、突然声をかけてきた人がいました。
「珍しいね、お客さんかい?」
「……はい、多分。あの、あなたは?」
 いいえ、人ではありません。足元からきこえてきた声に視線を下ろすと、真っ黒い猫がそこにいました。
「わしはヘリ。いつだって昨日にいる、ここの番人さ」
 ふしぎな言い回しに、わたしは首を傾げます。けれどたずねても答えてはくれなさそうで、代わりに私は別の質問をしました。
「でしたら、ここから出る方法を知っていますか?」
「ああ、知っているとも。ここのことなら、ヘリは何だって知っているよ、マーネ。朝のお嬢さん」
「……どうして、わたしの名前を?」
「言っただろう、知っていると」
 くっくっく、と、ヘリさんは笑い声をもらしました。
「帰りたいのかい、お嬢さん。そうだな、帰った方が良い。君は、ここに来るべきじゃないからね」
「なら、どうすれば……」
「君に、よく似た子を知っているよ」
 ふしぎな光を宿した瞳が、そっとわたしを見上げます。首を傾げるわたしに、ヘリさんは淡々と続けました。
「君とよく似た顔立ちの、君とよく似た声の、君とよく似た雰囲気の、幼かった夜の子だ。来るべくしてここに堕ちてきた、ゆえに全てを失った、哀れな夜の少年だ」
「っ! それは――」
 よく似た顔立ちの、少年。それは、お兄さんではないのでしょうか。兄は、あの日行方をくらましたわたしのお兄さんは、ここにいるのですか? そう訊ねようとしたわたしをさえぎって、ヘリさんは言葉を続けます。
「夜を探しなさい、マーネ。そうすれば、君は帰れるよ」
「ヘリさん、っ!」
 不意に、突風が吹き荒れました。
 それはわたしの背を押すように、さっきまで歩いていた、その先へと……
「ノックスも一緒に連れて行っておやり、と言えたら良かったんだがね。お嬢さんには悪いが、それはわしにも出来ないことだな。こればっかりは、受け入れるより他に無い」
「ま、待っ――」
 気付けば風にのまれるように、ヘリさんの姿は段々とうすくなっていました。反射的に伸ばした手からするりと抜けて、ヘリさんはゆらりとしっぽを揺らします。
「分かったならお急ぎ、朝のお嬢さん。君はこの場所にとって異端だ、異分子だ。早くしなければ、わしも、彼も、お嬢さんも、みんな消えてなくなってしまうよ」
「っ」
 ヘリさんの言葉に、わたしは慌てて駆け出しました。ふしぎなものです、さっきまで何をすればいいかも分からなかったのに、今のわたしにはどこに行けばいいかはっきりと分かるのです。
 やがて、辿り着いたのは小さな丘の頂上でした。少し離れたところに、この場所に来て初めての人影を見つけます。わたしに背を向けて立つ、わたしと同じくらいの背丈の彼は、きっと。
「……お兄さん?」
「マーネ!」
 おそるおそる声をかけると、お兄さんは振り返りました。その顔に浮かぶやわらかな微笑みも、優しい声も、記憶の中にある通りです。なつかしくて、嬉しくて、じわりと涙がにじみました。
「相変わらず、泣き虫だね」
 お兄さんはゆっくりとした足取りでわたしに近づくと、そっとわたしの頭をなでてくれます。
「会いたかったです、お兄さん、わたし、ずっと会いたかったんです」
「ああ、ぼくもだよ」
「ずっと、さびしかったんです」
「……ああ。ぼくも、寂しかったよ」
 ふとうつむいて悔いるように苦笑いすると、お兄さんは顔を上げて、わたしをまっすぐに見つめました。
「ヘリに、話をきいたんだね。ごめんマーネ、驚いただろう? 突然こんなところに来て」
「じゃあ、これは……お兄さんが?」
「そうだよ」
「お兄さんが、皆さんが言っていた『夜』なんですか?」
「うん」
 たん、と踊るような足取りで一歩わたしから離れると、お兄さんは両手を広げ、空を仰ぎます。ぶわっ、と風が吹きました。
「陽炎を、見ただろう?」
「陽炎……ですか?」
 確かに見ました。このふしぎな場所に来る直前、道路の上でゆらゆらと揺らめく陽炎を。お兄さんの問いに頷くと、お兄さんはにこりと微笑みました。
「ここはね、裏側の世界なんだ。マーネ、君が暮らしている、かつて僕が暮らしていた世界と、対になる場所。あの日、ぼくは陽炎に導かれて、こちら側へ堕とされたんだよ」
「裏側? ……どうして、お兄さんが?」
「朝と夜は、同じ場所にはいられないから」
 その声は、どこか哀しげに響きました。
「マーネは朝で、ノックスは夜だ。だから、どちらかがこの場所に来なきゃいけなかったんだよ。二人で一緒には、いられなかったんだ」
「……わたしの、せい、ですか?」
「違う!」
 絞り出すように呟くと、お兄さんは慌てたように首を振りました。
「違う、マーネのせいじゃない。この世界は、そうやって成り立ってるんだ。対になるものは片方がこっちに堕とされて、それでバランスを保ってる。例えばヘリだってそうだよ、彼は『昨日』だけど、向こう側には彼の片割れの『明日』が残されているはずだ。彼も僕と同じように、大切な片割れを遺してこっちに堕ちてきた。ここにいるのは、みんなそうなんだ」
 だから本当は、マーネもこちらに来てはいけなかったんだよ。そう、お兄さんは呟きました。だけど、それならなぜわたしは、ここにいるのでしょう? わたしが首を傾げたのを見て、お兄さんは苦しそうに言います。
「マーネが寂しがっているのは、知っていたよ。ずっと見てた。ぼくも、寂しかった。だから……ごめんね。マーネがここに来たのは、ぼくのせいなんだ」
「お兄さんが?」
「会いたいと、願ってしまったから。後は陽炎が、世界を繋いでくれた。だから、マーネに会えた」
 本当に嬉しそうに、お兄さんはわたしを撫でます。小さい頃のように優しい、少しだけ大きくなった手で。
「可愛くなったね、マーネ。それに、強くなった」
「お兄さんも……すてきに、なりました」
「ありがとう」
 にこり、と微笑んで、お兄さんは手を離します。ずっと吹いていた風が、その強さを増しました。
「そろそろ、時間みたいだね。……マーネを、返さないと。この世界が、壊れてしまう」
「もう会えないのですか?」
 やっと会えたのに、またさびしい日々が続くのでしょうか。慌ててお兄さんにしがみつくと、お兄さんは苦笑して、その手をそっと離しました。
「いつか……ぼくらがまた、もう少し大きくなったら」
「本当に?」
「ああ、約束する」
 そっと絡まった小指に、わたしは笑みを浮かべます。永遠の別れじゃないのなら、大丈夫。辛いけど、寂しいけれど、耐えてみせます。強くなった、とお兄さんにもお墨付きをいただきましたから。
 立っていられないほどに強く吹き付ける風が、別れを知らせてきました。
「では……お元気で、お兄さん」
「マーネも。……またね」
「はい、また」
 風にかき消されないように、声を張り上げます。 けれど瞬く間にびゅうびゅうという音に埋め尽くされて、わたしは思わず目を閉じました。



「……っ」
 ざわざわ、というききなれた喧噪に、わたしはハッと我に返ります。辺りを見回せば普段通りの、そこそこに人のいる商店街でした。さっきまでの肌寒さは消え失せて、嫌になるような暑さが戻ってきています。人はともかく、暑さが戻ってくるのはなかなか嫌なものですね? お兄さんには会えても、やっぱり夏は嫌いです。
「お兄さんは……」
 きょろきょろと探したところで、いないのはわたしが一番よく分かっています。一瞬夢だったのかと思いましたけれど、今の出来事が白昼夢なんかではなかったことをしめすように、なーお、と足元で白い猫が鳴きました。
「あら、あなた……もしかして、ヘリさんの?」
 なーお、と猫は答えます。どこか猫らしくないその目は、確かに見覚えがありました。
「やっぱり。……では、一緒に待ちましょうね」
 おたがいの、大切な人を。わたしはそっと屈みこみ、そう呟きながら猫をなでます。
 ふと顔を上げると、揺らめいていたはずの陽炎は、跡形もなく消えていました。 
こんばんは、高良です。例に漏れず文芸部の部誌用に書いた短編です。ちょっと真面目に書いたつもりです。仕上げたのは〆切当日の朝五時ですけれども。
以下、部誌の後書きより抜粋。

 ◆◇◆

 糸遊、というのは陽炎の別名だそうで。夏ってむわっとしててもわもわしてて嫌ですね(文芸部にあるまじき語彙力の欠如)。私は体調的な理由でも夏に耐えられないので断然冬の方が好きです。さておき、双子と陽炎のお話。ちなみに登場人物の名前のマーネ、ノックス、ヘリは全部ラテン語です。意味は作中で語った通り。もし最後に出てきた白猫に名前を付けるなら、『クラース』になるのでしょう。いえ、外国語特有の表記ゆれはあるかもしれませんが、そんな感じ。外国語を使うと格好良いんですが、意味が分かる人が見ると「あー……」となってしまうのが辛いところですね。いっそ「ファイアーボール!」くらい一般化されたものなら恥ずかしさも薄れるのですが、ドイツ語とか、もう格好良くしたい感が丸見えじゃないですか。
 私の作品がファンタジー多い割に呪文皆無なのは、実はそういうわけだったりします。呪文ってどう頑張っても中二っぽさが抜けなくて、考えるの苦手なんですよね……。
 あ、この作品の舞台、多分現代じゃないと思います。そもそもマーネちゃんもノックス君も、彼らの基準では人ですが、私たちの基準では人外だと思います。何だろう、精霊とか妖精とか、そんな感じ?

 ◆◇◆

内輪ネタ入っているのでこの辺で切るとして、マーネちゃん可愛い。双子って良いですよね。私の作品に双子が出なかったら多分それは頭おかしくなってます。

お付き合いいただきありがとうございました。
次はまた「枯花」辺りでお会いできますように!

ではでは。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ