挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

剣戟の合間に

作者:針井 龍郎
 目の醒めるような炸裂音が、コート内に高らかに響き渡る。
 瞬間。
 今まで完全に沈黙を保っていた三人の審判が、弾かれたように紅の旗を天に向かって突き上げる。一斉に沸き起こる歓声。
「メンあり! それまで!」
 主審の宣告。繰り返し行われた延長戦の末、ようやく勝負が決着した。渾身のメンで勝利をもぎ取った紅の剣士は、感情を表に出すこともなく礼を終え、ひとまず戦場を後にする。
「浅野先輩、やりましたね! 次も勝ったら、決勝進出っすよ!」
「へ、こんなもんや」
 近づいてきた後輩のねぎらいの言葉に片手を上げ、浅野は会場内の空きスペースに腰を下ろした。手早く面を外すと、滝のように流れていた汗が湯気となって、頭から立ち上る。先ほどの試合がどれほど激しいものだったかは、彼の真っ赤に上気した顔を見れば一目瞭然。

 面タオルで汗の流れる顔をぬぐい、彼はアリーナの観覧席の方に素早く目を走らせた。が、自校の集団の中にもその周辺にも、求める人物の影はかけらも見当たらない。
 午前中にバスケ部の練習があるが、遅くとも午後一時には会場に着けると言っていたはずだ。なのに、時計はすでに午後二時半をまわっている。何か変わった事でもあったのだろうか。
「先輩、月泉先輩なら、まだ来てはりませんよ」
「なっ……」 突然の後輩の一言に図星を突かれ、浅野は思わず息を詰まらせた。
「ち、ちゃうわい、アホ! お前は何を勘違いしとんねや!」
「あれ~? ホントにちゃうんですか?」
「何でもないわ、ちょっとぼーっとしとっただけや!」
 必死で否定しようにも、その慌てぶりはもはや肯定しているのと同義だ。後輩は浅野が舌打ちするのを聞いて、ニヤニヤと笑った。
 浅野はムスッとした顔で、再び試合場に視線を向ける。アリーナ内では、いまだに別コートで女子の部の試合が続けられている。次の試合までもう少し時間がかかりそうだ。浅野はタオルを面の上にかけると、袴の裾を整えながらゆっくり立ち上がった。
「松本、俺の試合まで、まだ時間ありそうやから、ちょっと便所行ってくるわ」
「はい、分かりました。あ、次の試合も頑張ってくださいね!」
 出入り口に向かう浅野の背中に、後輩が応援の言葉を投げかける。
「分かってるって」
 浅野はへらっと笑い返した。

 ◆

 喧噪に満ちた会場に一礼をし、後ろ手で入り口の扉を閉める。ほんの少し、竹刀の音が彼の耳から遠ざかった。左右を見回すが、通路には誰もいない。浅野は紺色の袴をひるがえし、正面玄関の前を通って男子トイレの中へ入った。
 が、彼は用を足すこともなく、すぐさま洗面台に直行した。そしてその白い台の上に両手をつき、上目遣いに鏡を覗き込む。はく息は熱く、浅黒い肌は赤く火照り、細い目には力強い意志の光がやどっている。体中をアドレナリンが駆けめぐる。体の調子は最高だ。
 だが、彼の集中力が高まれば高まるほど、心臓はますます早鐘を打つ。洗面台についた両腕は、先ほどから同じ調子で小刻みに震え続けている。
 尿意や便意など、実は露ほども感じてはいなかった。それらは単に、それとなく会場から抜け出すための口実にすぎなかった。胸の高まりを鎮めるため、一人になりたかったのだ。
 準決勝の相手に、浅野は一度たりとも勝ててはいない。過去に三度剣を交え、三度とも完敗。格の違いというものを、まざまざと見せつけられた。もちろん、彼自身もそれから必死で鍛錬を積んできたし、実力も確実に上がっているはずだ。それでも、彼は自分に自信が持てなかった。なにしろ相手は、三度も負けたことのある強敵。今の気持ちのままでは、試合をする前から勝負はすでに見えている。

「くそっ!」

 浅野は水道の蛇口を思いきりひねり、冷水を頭からひっかぶった。汗が混じった大粒のしずくが、ぽたぽたと彼の胴着の肩に落ちる。堅く握った右の拳を左の手のひらに打ちつけ、自らに気合いを入れ直す。乾いた音が、誰もいないタイル張りの室内に響く。
 気持ちが乗らないからといって、いつまでもこんな所でくすぶっては居られない。鏡を正面から睨み返す。一人の青年剣士の姿が、そこに映る。いくら強いと言ったところで、相手も同じ高校生。恐れることはないのだ。
 意を決して、彼はトイレから外に出た。

 会場を離れて外の空気を吸ったおかげか、武者震いも先ほどまでより大分ましになっている。兎も角、悔いの残らないような試合をしよう。たとえ負けてしまったとしても。
 深く息をはき出し、浅野はメインアリーナへの扉に手をかけた。

「泰之!」

 扉の開くけたたましい音。聞き慣れた声。

 浅野は反射的に後ろへ振り返った。膝に手をついて荒い息をする、ジャージ姿の女の子がいた。
 開け放たれた正面玄関から吹き込む風が、二人を優しく包み込んだ。
「鏡花……」
「よかった、まだ勝ってるんやろ? 間に合わへんかったら、どないしよ思た」
 勝ち気な光を湛えた瞳を浅野に向け、鏡花はにかっと笑った。活発そうなショートヘアーが、風に吹かれてさらさらと音を立てる。
「今日に限って練習が延長になってさ、必死になって走ったんよ。負けてたら走り損やったけど、間に合って良かった」
 首筋に流れる汗を手の甲で拭いつつ、彼女は浅野の方に歩み寄った。緊張のせいで固くなっていた浅野の頬が、今は心なしか弛んでいるようにも見える。
「べっ、別にそないに急いで来んでも良かったんや。俺はまだまだまだ負けへんし?」
「えー、ホンマに? 次で負けそうや、とか、情けないこと思てたんと違う?」
「何ゆーとんねん、アホ! 次かて、余裕で俺の勝ちに決まってるやろ!」
 腕を組んでそっぽを向く浅野を見、鏡花はくすっと笑った。本当に嬉しい時、彼は決まって相手と目を合わせようとはしないのだ。
「とっ、とにかく! もうそろそろ次の試合始まりそうやから、俺は行くで。上行って、よう見とけや」
 そう言って、浅野は右手を扉の取っ手にかけた。武者震いはいつの間にか止んでいる。あれほどまでに荒れていた彼の心は、今や鏡面のごとく鎮まっていた。
「うん、分かった。……絶対、勝つんやで」
「分かってるって」
 力に満ちた眼差しを鏡花に向け、彼は右手を押し込んだ。扉がゆっくりと開く。浅野は再び、戦場へと足を踏み入れた。
 こんにちは、針井龍郎です。
 今回の短編は、少しだけ恋愛の要素を加味した剣道小説です。とは言っても、剣道要素はほとんどないのですが(笑)。
 この短編は、いずれ執筆予定である剣道小説連載のための試作品です。剣道の要素をできるだけ削った上で、どれだけ剣道の雰囲気が出せるのか。これはそう言った主旨で執筆いたしました。
 感想をくださるならば、できるだけ正直な物をお願いします。細かい指摘など、大歓迎です。
 では、今後とも針井龍郎をよろしくお願いいたします。


2010年3月10日
 読了時間を5分に抑えるため、若干手を加え、文字数を少しばかり削りました。そのほか、表現を変更した部分もあります。改善出来ていれば幸いです。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ