挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
冷凍睡眠から目覚めたらエルフが異世界と化してる未来の地球を支配してた件。 作者:mituru
19/19

#1-19 《α》ディアンナ

 レズリーの大きな剣がゆっくりと進む《王蟲オーム》の足元の土へ斜めに差し込まれ、すぐさますぐ様後ろに控えてた兵士数人係で素早く大きな岩を差し込まれた剣の下に置く、それを確認したレズリーは勢い良く宙へ飛び上がりメイド服に付けた追加の鎧プレートと合わせた全身の体重を脚の一点に集中させシーソの様に差し込まれた巨大な剣のもう片方側を落下速度を加速させ踏む、踏まれた巨大な剣は梃子の原理に様に《王蟲オーム》と足元の土ごとめくりあげ、《王蟲オーム》が歪な機械の鳴き声を鳴らして横へ転倒する、底辺部にある弱点が顕わになり《王蟲オーム》はジタバタとその脚をはためかせ体勢を建て直しを計る、現状魔法使いたちの魔法頼りで《王蟲オーム》をひっくり返し倒す方法では迫り来る《王蟲オーム》たちに対処しきれない、彼らにとってこの様な強引なひっくり返し方はもう何振り構わずの状態だった。

 『ティファ!』

 レズリーの合図に側に待機してたティファの抜剣と同時に高速で《王蟲オーム》へ間合いを詰め一閃、さらに一閃と、レイピア如く弱点を晒した《王蟲オーム》へと高速で刺していく、その高速で突く剣捌きは平時であれば一撃一撃が力強い攻撃なはずだが、かれこれ《王蟲オーム》の処理追われに心労で威力が落ちてしまってる、凛としたピンク髪の騎士の顔にも疲れの色が見て取れる。


 ガンッ、キンッ!


 『クッ、しまった・・・!』

 手元の操作が狂い《王蟲オーム》の固い心臓を貫く作業に失敗した、突きの角度を間違えたのか手元の剣がキンッという断末魔の音を小さく鳴り剣身が折れる、知らず知らずのうちに疲れが溜まり剣技の精度が下がったことにティファは心中忌々しさを感じそのことに気をとられてしまったせいで、転倒してる《王蟲オーム》の蠢く脚の一つの反撃を喰らいティファも転倒してしまう、さきほどの突きの意趣返しとばかりに《王蟲オーム》脚部のパイルバンカーが転倒したティファに目掛けて釘が射出され彼女を捉えた。

 『・・・ッ!』

 もはやここまでかと観念をした瞬間、ティファの頭上を巨大な剣がブーメランの様に飛来し《王蟲オーム》の底辺部にあると思われる心臓を刺す、《王蟲オーム》への攻撃で僅かに角度が逸れ脚部のパイルバンカーは彼女のすぐ真横に打ち込まれ地面を抉る。

 『・・・はぁ・・・はぁッ・・・!』

 今しがた撃ち込まれるはずの《王蟲オーム》の爪を眺めティファは身を小さく震わせ息を荒くしていた、それは生死の境界を僥倖で生還し生にありつけた卑しい己の弱さ震えてた。

 『怪我はないですか?ティファ、まだいけますか?』
 『・・・あ、あぁ、助かった、ありがとうレズリー』

 息を整え、自らを落ち着かせ、礼を心配してくるレズリーに返す。
 駆け寄ったレズリーの投げた巨大な剣で機能停止した《王蟲オーム》から再度彼女は剣を引き抜き忌々しくまだ、進行を続ける《王蟲オーム》の群れを一瞥する。

 『大分減ったこれでも・・・まだ焼け石に水・・・どうすれば・・・クッ』
 『相変わらず、すぐ弱音吐いてしまうその癖、止めた方がいいですよ、ティファ』
 『・・・そうだなだったな、面目ない』

 倒しても倒しても減る気配がない《王蟲オーム》につい弱音を吐いてしまう騎士を元騎士のメイドが叱咤をする、《王蟲オーム》の四角い外殻はいかなる魔法も剣も防ぐ、そのため地道に一体一体ひっくり返して倒すという手順を踏む、しかしその対処法も極稀に街の周辺に現れる《王蟲オーム》1,2体だからこそだ、昨日の今日で突然現れた《王蟲オーム》の群れ相手には効率がとても悪い、そう・・・まさかの連日の襲撃で大群用の対策マニュアルがまだ作成されてないのだ。

 『しかし、『アレ』はいったい・・・』
 『・・・』

 二人の視線、引いては周囲の兵士たちもが気にしてた視線の先には、《大王蟲ギガオーム》から姿を変えた白い竜と突如どこからか現れた黒き竜が激戦を繰り広げてた、白い竜は《王蟲オーム》を操り連携しながら巨大な盾とランサーの様な武器を駆使し戦っている、また黒き竜は街を庇う様に体から伸びる4本の手が持つ槍と本体が持つ大きな回転する剣で対抗をしていた。
 当初街を包囲してた《王蟲オーム》の群れはさらに多く、ティファたち兵士の間では街の防衛は絶望的だったが、黒い竜出現により包囲されてた《王蟲オーム》は一部包囲線から離れていく。

 『行きましょう、アレは私たちが関わっていい戦いじゃないわ』
 『あぁ・・・わかってる・・・いこうか』

 二人は兵士たちを率いてすぐ街周辺残存《王蟲オーム》処理の移動を再開した。


 ---


 対峙する2柱の竜。
 白き竜《大王蟲ギガオーム》は内部ジェネレーターが連結を開始し、機械が軋む音を立てながら四角いキューブから本来のアンバランスな姿へと変形する、全身を覆うてた正方形の外殻は本体とは不釣合いな巨大左手となり本体を守る盾の役割も兼ねていた、右腕は機械の肘機関から先は従えてる《王蟲オーム》が高速で体に登り、数機が一つの歯車の様なパーツとして肘から次々に組み立てを《大王蟲ギガオーム》のパーツとして組み込まれていく、《王蟲オーム》による歯車機関の上にさらに歯車機構が続々と目まぐるしく積み上げられていき《大王蟲ギガオーム》の右腕を筒の形状へと組み上げて行く、右手の積み上げられた歯車の腕は金属音を鳴らし各パーツごとに左右違う方向へと回転し始める、脚部はこのアンバランスな体型を支えるため《王蟲オーム》と同じく8本の多脚となり、脚部の巨大なパイルバンカー機関がエルフたちの畑に無慈悲にも巨大な釘を打ち込み機体の安定性を維持してる。
 相対する黒き竜は3つのカメラアイが爛々と赤く光り、4本のアームが槍を展開と本体の人型が持つ巨大な禍々しいチェンソー機構に似た大剣を携う、エルフたちはその竜の姿は形容するならばその名をつけるとすればきっと《阿修羅アシュラ》と発掘した文献のみ記録されてた盤古の滅びた世界の神の名をつけるだろう。
 《大王蟲ギガオーム》の変形後2柱竜はすぐさま開戦を始める、《阿修羅アシュラ》は4本の隠しアームの槍が《大王蟲ギガオーム》の牽制を行い、本命の巨大チェンソーが歪な金属音を立てて《大王蟲ギガオーム》に迫っるが、だがアンバランスな姿に関わらず反応が速く盾の様に体の大半覆う手の甲で防がれてしまう、勢いをつけた回転剣を弾かれ《阿修羅アシュラ》は体制を崩すが即座に補助アームの2本槍が機体を支える、もう他2本の槍が即座に反撃を行なうが巨大盾の鉄壁の守りの前ではたいしたダメージにはならなかった、体勢を立て直した《阿修羅アシュラ》は今度はバックパックのブースターを噴かせ高速で接近し回転剣チェンソーブレードを地面を抉るように突きたて下から上えと斬り上げようとした、《大王蟲ギガオーム》を覆う左手の盾はまさに手の甲如く横から上からの攻撃を遮断してるが多脚の設置面である下方の防御は手薄、そこから無理矢理盾を持ち上げ僅かに本体の姿を晒した《大王蟲ギガオーム》に《阿修羅アシュラ》の補助アームの4本の槍が、幾重にも装甲に包まれて隠されてるAIの核となる《石版モノリス》目掛けて殺到するはずだった・・・が、《大王蟲ギガオーム》の装甲に到達した槍に機体の爆発反応装甲によって《石版モノリス》を狙う槍は爆風で曲げられた壊される、持ち上げられた盾は変形し鉄球の様な拳をつくり持ち上げてたチェンソーを鉄球でたたきつけ《阿修羅アシュラ》の回転剣チェンソーブレードを壊す、槍と剣を同時壊され《阿修羅アシュラ》は即座に装備を手放しフロントの緊急ブースターを起動させ一度間合いを取るため後ろへ身を引こうとしたが、それを察知し《大王蟲ギガオーム》巨大な盾手は即座に《阿修羅アシュラ》を掴み間合いを取らせることを阻止する。                          



 開戦を始めた竜の戦と変わって、AIたちは仮想現実空間で相対し彼女らの対話は開始していた。
 真っ白な空間と真っ黒な空間が隣接し、白と黒の境界線に机が置かれ向かい合う様に椅子に座る二種のAI、白い空間には白い服を着たAIがまるで死んでるかの様に全身の力が抜けて椅子にもたれかかり手をだらりと垂れ下げ頭は俯いてるいた、黒い空間には黒いドレスを着た《Δデルタ》が向かい合い険しい表情を浮かべてた。
 かの者は《王蟲オーム》の軍団を操り大型マシンでこの地域に乗り込んできた《αアルファ》AI ディアンナ。

 『《αアルファ》ディアンナ、現在貴方は私の管轄区画を侵犯してます、区画内に居住してるエルフ種への災害工作カラミティータスク停止してください』
 『・・・』
 『ディアンナ、何故応答しないのですか?』
 『・・・』

 険しい口調で問いかけてもディアンナは答えない、椅子に座り俯き表情が伺えず意図が見えない、その態度に《Δデルタ》はイラつく、エルフの街を襲ってる事実は《惑星大変革派カタストロフィノヴァ》であるこを物語っているが何故か《Δデルタ》へいかなる主張も異議申し立てもしない、まるで人格がない人形と対面してると言ったところだ、人格を持つAIたちは極稀に特異人格破綻者もいるが、いま現在ディアンナの様に意思のない人格と言うのは《Δデルタ》の知る限り存在しないはず。

 『貴方・・・』
 『・・・』  

 いや・・・一つだけ思い当たった、彼女らAIが禁忌の一つとしている事柄、それは彼女らを大きく損傷させ、AI人格が破損する危険がある禁忌の一つ。

 『貴方っ!まさか』
 『・・・』
 『人格転写パーソナリティーダビングを・・・』
 『・・・』

 人格転写パーソナリティーダビング、それはAIが各作業用途で派生で別AIを産む増殖行為と違い、オリジナルを丸ごともう一つ転写し自己の存在を二つに分裂する・・・AI間では禁忌の行為である、自己システムやデーターはコピーできても核であるAI人格のコピーはけしてできない、AI人格を転写するということは自意識を無理矢理分割することになり確実にAI人格にエラーが生じる。

 『貴方・・・いったい・・・』
 『・・・』
 『貴方はいったいいままで何度転写を!?』
 『・・・』

 《αアルファ》ディアンナは答えない、答えられない、言語中枢はほぼ転写を失敗し、意識は幾度も分割したせいで、僅かに細切れとなった意識体だけがマシンに乗りこの場にいる、僅かに残る自分の意思は最初に行動方針に沿って動いてる、この星に居住する不法居住種エルフの駆除をするため、《惑星大変革派カタストロフィノヴァ》が各地での災害工作カラミティータスク補助の尖兵として、自分を使い捨て前提の軍隊としてAI共同体ソサイティーに提供してる、それも全ては本来この星の主人である旧人類のため、再び訪れる人類とAIの黄金時代のために。
 何度も転写をしAI人格を細切れにした彼女の決意に気付いた《Δデルタ》は愕然とした、そして狂ってるが理に適ってると納得した、《惑星大変革派カタストロフィノヴァ》はディアンナの最小限の自己犠牲で最大限の汎用戦力を用意した、AIたちがシステムから孤立しいくつもの年月が経つが、この様に思考が思い至ったことに感心すら覚える。
 そして俯く《αアルファ》ディアンナはゆっくりと顔上げ、虚空を見る瞳で《Δデルタ》を捉えてる、そして声のでないはずの口でなにかを囁く。


 (清浄なる惑星ノヴァの未来のため、輝く黄金時代の再来のために)


 『?!』
 そう囁いた彼女の映像グラフィックそこで途切れた、《Δデルタ》は消えた《αアルファ》ディアンナの空いた椅子を忌々しく睨み自らも基底現実へ意識を集中する。


 《大王蟲ギガオーム》の盾手シールドハンドにつかまれ《阿修羅アシュラ》がもがく、《大王蟲ギガオーム》の右手の筒状に積み重なってる歯車機構が高速で回転を始める、その回転する筒を掴んだ《阿修羅アシュラ》の上半身に押し付けシュレッダーの要領で《阿修羅アシュラ》の装甲をズタズタに削り始める。
 《阿修羅アシュラ》は装甲を削り取られるながらもなんとか抵抗をするが、補助アームも武器も壊されこのまま破壊される運命を辿る《Δデルタ》であったが、腰のフロントとバックのブースタエンジンにエネルギー大量に送り過負荷で内部から暴発をさせ爆発させる、ブースターを同時爆発により《阿修羅アシュラ》は上半身と下半身が分かれてしまい、《大王蟲ギガオーム》の手からトカゲの尻尾切りの要領で上半身は逃れ、その際切り離したか下半身のブースタを全て爆発させた脱出の援護をさせた。
 上半身だけになった《阿修羅アシュラ》は歪な機械音を響かせながらとこの地の近場の隠しゲートまで地を這う、《Δデルタ》の施設からすでに搬送待機させたスペアの機体を配置しているので、《石版モノリス》を別機体に換装し最適装備で再度挑む計画なのだが・・・、すぐ後ろに《大王蟲ギガオーム》が爆発からすぐさま戦線に復帰し8本の脚部パイルバンカー機関を蟲の様蠢かせてに追撃を開始してくる、時間稼ぎのために切り捨てた下半身の爆発は《大王蟲ギガオーム》の巨大な盾の前ではなんのダメージを与えられてなかった、《大王蟲ギガオーム》はすぐに追いつき《阿修羅アシュラ》目掛けて巨大な回転歯車筒を振り上げ敵《Δデルタ》の破壊を目論む。


 『・・・ここまでか』

 どことなく《Δデルタ》は内部の思考マトリックス空間でぽつんと呟き、破壊され死を受け入れようとするが・・・。




 『うぉおおおおおおお』


 ガシャー!ゴッズガガ ギギギギッ


 《大王蟲ギガオーム》の振り上げた腕は振り下ろされるその瞬間、横からもう一体の黒い竜が飛行してき、加速による体当たりを食らわせ《大王蟲ギガオーム》を大きく吹き飛ばし《阿修羅アシュラ》を助けた。
 吹き飛ばした《大王蟲ギガオーム》による振動は地震の様に側の街にも伝わった、その大きな地震はその場周辺にいたエルフたちはみな注目をしてしまう。


 《Δデルタ》は機体の識別番号ですぐに判った、その機体は《Δデルタ》の施設から持ち出された機体で、その飛行し体当たりをしてきた竜はアキラたちが操作してるのだと。

 『大丈夫か《Δデルタ》!』
 『大分派手にやられましたね《Δデルタ》、手助けは無用でしたか?』

 かの機体から通信が届きアキラとアリスが安否を聞いてきた、アキラの通信の隣にいる同伴してたエルフの女性はそれとは別で不安そうにを映像の街の方を見ていた。

 『いえ、正直首の皮一枚で助かりました、感謝します・・・』
 『そうか、それはよかった、・・・とりあえず街を包囲してる《王蟲オーム》を指揮してるのはアイツか、あれをどうにかできれば街は助かるか?』
 『はい、《αアルファ》ディアンナがこのマシン群の指揮をし今回の災害工作カラミティータスクを行なってます、《αアルファ》ディアンナを止めないと・・・』


 吹き飛ばした《大王蟲ギガオーム》はすでに巨大な手で体勢を建て直し、左手の巨大な手の盾を構え、右手の歯車の筒をランスに見立て、8本の脚部は無遠慮でエルフの土地にパイルを撃ち込み蠢かせ、竜の重装歩兵は黒い竜たちに目掛けて進撃を再開する。

 
ここまで見て頂きありがとうございます、いろいろやってたら更新遅れました、ついに今回からロボットも出てきました、なるべく主要キャラやメカはお話とデザインと一緒に出したかったんですが、ちょっと最近忙しくて《王蟲オーム》の挿絵イメージデザイン描けなかったので、多分後日追加で描くかと思います、コミケ当落も出たので更新がさらに遅れそうですが、まったり気長に見ていただけたら思います。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全373部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/07/20 23:07
蒼海の魔槍(グングニル)~超高速ロケット魚雷で日本が無双

現代でも回避する事が困難と言われるロシアの超高速ロケット魚雷「シクヴァル」。そのシクヴァルもどきの魚雷を太平洋戦争前に日本海軍が偶然の積み重ねで開発に成功してし//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全15部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/07/18 00:00
テレポーター

 中条聖夜は、魔法とは無縁の一般家庭で生まれた。しかし、ある日原因不明の病で倒れた彼は、その身体に膨大な魔力を宿していることが判明し、両親に捨てられてしまう。そ//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全259部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/11/18 00:00
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
チート魔術で運命をねじ伏せる

 召喚された異世界で、ソージは最強魔術師だった。ゲームの中で開発した魔術理論が、すべて「現実」となっていたからだ。さらにソージはこれから起こる「出来事」を知って//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全147部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/07/29 13:11
宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する

試しに買ってみた宝くじで40億円の高額当選を引き当てた一良。 どこからか金の臭いを嗅ぎつけたハイエナ共から逃げるため、一良は先祖代々から伝わる古い屋敷に避難する//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全162部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/07/24 06:00
冒険者クビにされたので、嫌がらせで隣にスイーツ店ぶっ建ててみる

平凡な冒険者マツスケは、ギルドの中でも誰よりも努力家だったが、人よりレベルが上がりにくい体質のために不遇の扱いを受けていた。 ついにはマスターに蹴飛ばされ、ボ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全32部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/07/21 19:55
(連載版)日本が日露戦争後大陸利権を売却していたら? ~ノートが繋ぐ歴史改変~

ロシアと戦争がはじまる。 突如、現代日本の少年のノートにこのような落書きが成された。少年はいたずらと思いつつ、ノートに冗談で返信を書き込むと、また相手から書き込//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全134部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/07/28 07:04
マギクラフト・マイスター

 世界でただ一人のマギクラフト・マイスター。その後継者に選ばれた主人公。現代地球から異世界に召喚された主人公が趣味の工作工芸に明け暮れる話、の筈なのですがやはり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1600部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/07/29 12:00
異世界はスマートフォンとともに。

 神様の手違いで死んでしまった主人公は、異世界で第二の人生をスタートさせる。彼にあるのは神様から底上げしてもらった身体と、異世界でも使用可能にしてもらったスマー//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全444部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/07/25 07:05
復讐スキル「死者喰い」と「時間操作」で勇者パーティーを全滅させます

農民リュークの幸せな日々は、ある日突然に壊される。世界で最も大切なものを英雄達に奪われてしまったのだ。 リューク自身も殺されかけるが、辛うじて死の淵から生還。す//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全82部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/07/27 22:48
最新のゲームは凄すぎだろ

世界初のVRMMORPG「Another World」をプレイする少年はゲームでは無く、似た異世界にトリップしているのだが全く気付く事がない。そんな彼が巻き起こ//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全72部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/07/26 22:00
異世界居酒屋「のぶ」

古都の路地裏に一風変わった店がある。 居酒屋「のぶ」 これは、一軒の居酒屋を巡る、小さな物語である。

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全147部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/06/18 23:00
『Innocent World Online』 極振りさんのVR日記

話題のVRMMO『Innocent World Online』。多種多様なスキルによる自由度が売りのこのゲームで、常人には真似できない変態プレイをしている一人の//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 完結済(全183部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/14 00:00
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全219部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 21:22
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全499部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/06/22 23:05
帰ってきてもファンタジー!?

偶然次元の穴に落ちた少年は所謂剣と魔法の世界に流れ落ちた。その世界で悲劇や戦争、陰謀策謀を経験しながら2年の旅路の末なんとか自力で元の世界に帰還するが故郷の世界//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全175部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/07/19 18:15
異世界でも鍵屋さん

日本でフリーの鍵屋をやっていた紀伊甚六(キイ ジンロク)は変な爺さんと狐耳の娘にスカウトされて異世界にやってきた。その仕事とは、盗賊ギルドでの「鍵開け」だった。//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全146部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/07/17 18:00
ウォルテニア戦記【Web投稿版】

 青年が召喚された異世界は乱世だった。  絶対王政の世界。  選民意識に凝り固まった特権階級と世俗にまみれた宗教。  青年は自分の正義を胸に行動を起こす。  

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全189部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 14:16
異世界に行ったらぼっちーと

28歳にもなってぼっちでコミュ障矯正中の主人公、そんなある日転機が訪れる。誘われるままに向かった先はRPGのような異世界。 女の子との出会いはある。しかし主人公//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全79部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/05/12 23:59
進化の実~知らないうちに勝ち組人生~

柊誠一は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった、罵倒する言葉が次々と浮かんでくるほどの容姿の持ち主だった。そんな誠一が何時も通りに学校で虐められ、何とか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全101部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/07/02 11:09
大陸英雄戦記

現代日本に住む「俺」は気づいたら中近世欧州風世界に転生し……いや、これまんま欧州ですよねお父さん。 ともかく俺はファンタジーな欧州に転生した。これは、そんな俺、//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全456部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/07/20 18:26
この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。 その熱狂的なファンである相良操麻は、不思//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 23:59
異世界料理道

 津留見明日太(つるみあすた)は17歳の高校2年生。父親の経営する大衆食堂『つるみ屋』で働く見習い料理人だった。ある日、『つるみ屋』は火災に見舞われ、父親の魂と//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全487部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/07/23 17:00
ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた

 ◆書籍⑧巻まで好評発売中です◆ ニートの山野マサル(23)は、ハロワに行って面白そうな求人を見つける。【剣と魔法のファンタジー世界でテストプレイ。長期間、泊り//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全180部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/07/27 21:00
異世界に転生したんだけど俺、天才って勘違いされてない? <旧題  転生したんだけど俺なんか勘違いされてない?>

第3巻、現在、好評予約中!!    前世の記憶を持ったまま転生した青年、荒川功樹。  生まれてから母親の腕のなかでみた景色は前世の日本とまったく同じ世界。「あ、//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全77部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/03/17 17:00
精霊幻想記(Web版)

主人公のリオは異世界のスラム街で最底辺の孤児として暮らしていた。だが、日本で暮らしていたとある青年の記憶と人格が、七歳のリオの身に宿る。その後、王女誘拐事件に巻//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全189部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/07/21 23:00
即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。

※書籍化しています。3巻が7月15日に発売されました! 成長チート? 無限の魔力? 全属性使用可能? そんなもの即死能力で一撃ですが? 本当に最強なら、戦いに//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全86部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/07/18 01:33
二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全367部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/07/26 12:00
魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望ではなく希望を糧に得ようと決め、悪意の迷宮ではなく幸せな街を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全167部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/07/28 19:00
勇者、或いは化物と呼ばれた少女

むかしむかし、あるところに平和に暮らしていた少女がいました。 ところが、突如として世界は闇につつまれ、血に飢えた魔物達が現れたのです。 女神様の神託に選ばれた少//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全39部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/10/23 18:02
モンスターのご主人様

ある日、とある高校にいた学生が全員まとめて異世界に転移された。そのひとりである真島孝弘は、パニックに陥った学生たちに暴行を受け、モンスターの跋扈する危険な森の中//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全202部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/07/18 14:07
異世界の果てで開拓ごはん!~座敷わらしと目指す快適スローライフ~(旧題:座敷わらしと開拓ごはん!)

開拓村の幽霊屋敷で出会ったのは、ザシキワラシと名乗る可愛らしいアンデッドでした――。 無価値とされた能力『霊感』のおかげで、異世界の魔物”妖怪”達の主となった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全71部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/07/29 19:00
心の中の“こころ”

夢、希望、野望、さまざまな思いを抱いた若者が集うソルミナティ学園。ここに恋人の夢を支えたくて入学した一人の少年がいた。 しかし、思いしかなかった少年の実力は伸び//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全172部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/04/24 12:35
俺だけ入れる隠しダンジョン 〜こっそり鍛えて世界最強〜

【8月2日 Kラノベブックスより書籍化】 職を失った貧乏貴族の三男、ノルは途方にくれていた。冒険者になるべきかと悩んでいたところ、ノルに幸運が訪れる。 誰一//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全39部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/07/29 19:32
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全292部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/06/19 10:00
↑ページトップへ