挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

詩「君はいずこに」

作者:ナナシ
青空と 曲がりくねった 道を超え
懐かしい 君の家を見 姿を探し

下車すれば 蝉は歓喜し 鐘が鳴る
風の中 裸足で駆けた 幼子の君

あの頃の 無邪気なままの 君はいずこに

夜が来て 大輪の下 淡い影
手をつなぎ 決して離さず 並んで歩き

祭り後 灯りを背にし 下駄の音
幕引きの 静かな空が 寂しさを抱く

あの頃の かけがえのない 君はいずこに

別れ際 約束もなく 手を振れば
暗がりに また会えぬまま 夏の幻

過ぎし日の 場所に佇み 忘れ咲き
思い出が ここぞとばかり 溢れ出すから

あの頃の 愛しいままの 君はいずこに

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ