挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
妄想少女 ガラシャさん 作者:天浮橋
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

9/61

◆雷さまの意地悪

◆雷さまの意地悪

7月31日 晴れのち夕立

昼間は猛烈に暑かった。
その暑さで見事な入道雲がモクモクと湧いていたが、4時頃急に稲光がしたと思ったら、近くの工場の煙突に雷が落ちた。
ビカッ
ギャー

雷があまり近くに落ちると、最初にビシャッ みたいな?音がする。
そのあとは、ド・ドォーンって感じ?

あたしは少し動揺してトモちゃん(携帯)に「トモちゃん。 あ、あ○にゃんからメール来ないねぇ・・」と愚痴ってみた。

そうしたら、もうすぐ3年の付き合いになるトモちゃんは、実に友達甲斐のある返事をくれた。
♪♪♪~♪♪
そう、岩清水さん用に設定した着メロが鳴ったのだ。

急いで受信箱を開くと、16:03 あずさ 「件名:明日は空いてますか?」のメールが。

速攻で返信しようとボタンを操作するが反応しない。
んっ? なんで?

「ト、トモちゃん。 悪ふざけはやめようね。 新しい友達なんだからさ。 もちろんトモちゃんとは、これからもず~っと一緒だよっ!」

あたしは、トモちゃんにつながった充電用のコードがコンセントに刺さっているのを見ながら、「雷さまの意地悪っ」と呟いた。
突然、約3年間もマブ達だったトモちゃんと別れる事になった日の夜、零時を過ぎて帰宅したママの携帯を借りて、岩清水さんのメアドを登録した後、雷であたしの携帯が壊れた事と返事が遅くなった事のお詫びメールを送信した。
午前1時近くに送信した非常識なメールには、当然であるが返信は無かった。

あたしは、悲しくて、哀しくて、この日は朝まで眠れなかった。


次回、「本当のお金持ち」へ続く
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ