挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
妄想少女 ガラシャさん 作者:天浮橋
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

40/61

◆声優を辞めるくらいなら


◆声優を辞めるくらいなら

「さぁ、先生には、きちんと説明出来るわよね?」
久ちゃんの目は、あたしに真っ直ぐに向けられていて、誤魔化しは効きそうにない。
あたしは観念して正直に話すことにした。

・・・
・・


「細川さんが声優のお仕事をしていたのは分かりましたけれど、そういう場合はご父兄の承諾が必要です。 それに、もし止むを得ずにお仕事を優先しなければならない場合があった時も届出が必要なんですよ」
あたしが通っている、この有名私立高校は単位制でもあり、生徒のアルバイトなどにも寛大である。
現に同学年の何人かの女の子は、ファッションモデルやタレントとして活躍している。

「で、でも・・パパやママは声優なんて絶対に許してくれないし・・」
あたしは、ボソボソと下を向いたまま呟くように久ちゃんに訴える。

「細川さんは、まだ高校生なのだし自分だけで決めても良い事といけない事ぐらいは、分かっていますよね?」
『うぅっ・・久ちゃんは正論で攻めて来る気だな』

「は、はい・・」
ここは下手に反論しない方がよいだろう。
「細川さんが成績優秀なのは分かっていますし、非行などに走る子でないのも十分承知しています」

「今回のことは細川さんが、きちんとご両親に説明して、ご家族の中でどうするか決める必要があります」
先生の目は、何時になく厳しい。
あたしの膝の上で握っていた手が小刻みに震える。

「先生、あ、あたし声優を辞めるくらいなら進学なんてしない! ううん、今直ぐこの学校だって辞めるわ!!」
あたしは、生活指導室の中で、自分もびっくりするくらい大きな声で叫んでいた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ