挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
夏休みは宇宙人に侵略されました 作者:天崎 剣
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

21/21

◆おまけ◆俺とトリビーと緑たち

 狭い家の中に、また緑の軍団が鎮座してしまった。
 リビングダイニングが、緑で一杯。もうやめて。
 地球人になりすましたトリビーたちを、母ちゃんが面白がって家に上げたのだ。
 ヤツらめ、すっかり日本の風習に慣れてしまった様子で、ちゃんと靴を脱いだら向きを直すし、床に置かれた座布団にきちんと正座して、礼儀正しくなってるよ。最初に来たときより、衣装はカジュアルになってるから、それだけでも救いかなぁ……。
「なんで戻ってきたんだよ。帰れよ」
 ほんっとーに、懲りない連中に、俺は頭がおかしくなりそうだ。
「大丈夫、タカシ君は最初から頭がおかしいから」
 ああ、また余計な突っ込みしやがって、絶対心読んでる読んでる読んでるに決まってる。
「うるさい! 質問に答えろ、緑野郎!」
 爽やかイケメンが正座してニヤニヤしてるんだよ。どう考えてもやりづらい。緑のぬいぐるみの方が、突っ込み甲斐があったというもの。
 俺は緑たちの前に仁王立ちして、キッと睨み付けた。
 せっかくの温玉が台無しじゃないか。どうしてくれる。
「仕方ないなぁ。答えるよぉ。楽しかったからぁ、このまま居着いちゃおうと思ってぇ、来ましたぁ。他意はありませんん~」
 ふ、ふぬけたダミ声め。勇大の全く語呂の合わないラップと良い勝負だ。
 シャキッとしてればジャニーズにでもいそうな、超イケメンに擬態したクセに、なんなんだその態度は。
「それにしてもさぁ、トリビーってイケメンだったのね。あ……やだ! あたし、トリビーちゃんと一緒にお布団入っちゃった。もう、お嫁に行けない……」
 そうめんすすりながら、絵理も阿呆なこと喋ってるし。
 ……ん、待てよ。確かに、そんなこと言ってたな。絵理んちに泊まったとき、トリビー、確か、絵理の胸の谷間に挟まれて寝た……。
「あああああああーーーーーーー!! お前! 何てことしてたんだ! このド変態野郎!!」
 ぬいぐるみじゃなくて、このイケメンが絵理の胸に顔埋めてる図を想像してしまったじゃないか! なんだそのAV! 思いっきりアウトじゃないか!!
「タカシ君、時間差で驚くなんて、キミもまだまだだね」
 なんだろう、言われると更にムカつくの。うう、止めてくれ。ホント。そんな爽やか顔で俺をさげすむなっ!
 こうして俺が悶絶してるのを面白そうに見物している緑たち。ぬいぐるみに慣れたから、すっかり、地球人の姿忘れてたわ。こんなにぎゅうぎゅうで、エアコンかけてるのに、温度上昇してるらしく、何だか蒸し暑い。
「またこうして来てくれて、本当に嬉しいわ。あ、麦茶どうぞ。皆さんに回してね」
 母ちゃんたら、マイペースで人数分のコップ用意してたのかよ。麦茶注いで次々に回させて、ちょっとはこの異常事態を真剣におかしいと感じてくれ頼む。
「こういう、薄味の付いた水分を補給するのも、この星の習性ですかな」
 緑じいちゃん、さすがにローマ人は止めたみたいだけど、やっぱり何故か一人黒人で、アロハシャツ。似合ってる、似合ってるんだけど、何故人種統一しなかったトリビー星人。あれか、宇宙人から見たら、地球人はみんな一緒に見えるってヤツか。西洋人から見たら、日本人中国人韓国人区別付かないのと一緒か。
「美味ですねぇ。すうっと、身体の中から涼しくなりますねぇ」
 緑ばあちゃんも、魔法使い止めたらしいが、何故緑の手ぬぐいでほっかむり。誰か、ファッションチェックできるヤツはおらんのか。
「色々あちこち巡ってみたのですが、やはり、この星が一番と言うことで決着したのですよ。一族の他の者は、もう少し旅してみるらしいですが、ここの生活を一度でも体験した我々には、他の選択肢など考えられなかった。というわけで、これからも弟共々、お世話になります」
 そう言って深々頭を下げたのは、薄緑クールビズ仕様半袖Yシャツの眼鏡男子。ああ、コイツ、緑スーツだな。
 一応、常識のある一人だと思っているが、とりあえず、緑のスーツを止めただけでも評価しよう。スラックスはグレーだし、まあまあ、許容範囲ってことで。
 このほかにも、緑たちがいるわいるわ……。よくもそんだけ、緑の服のバリエーションがあったもんだってくらい、緑緑緑緑。
「あんまり聞きたくないんだけどさ、何で緑なんだよ。お前ら、緑に疑問を感じないのか」
 一番聞いてはいけないような気がしたけど、俺は聞いた。
 緑たちは、きょとんとして、俺を見ている。
 まるで、『緑のどこがダメなの?』『なにか不都合でも?』とでも言わんばかりの表情だ。き……聞いた俺が、悪かったのか?
「緑が、好き、だから?」
 トリビー、語尾のはてなが気になるんだけど。
「まあいいじゃん。そんな細かいこと。色々気にしてると、ハゲるよ!」
「まだハゲんわ! 十代だぞ!」
 ううううう。
 なんだこの、うざいんだけど、何だかちょっぴり嬉しいような気もしてしまう複雑な感情。俺、どうしてしまったんだ。この、緑星人共に完全に毒されたか。絶対、変な電波発して、俺を突っ込み役に仕立て上げてるだろ。そうにちがいない。だって俺は、クラスでだって全く目立ちようのない、空気のような存在だったはずだ。なのにどうだ、今はすっかり、コントの突っ込み担当じゃないか。うおおおおおおかしい絶対おかしい。
「え~、こんなタカシ君ですがぁ~、この間、そう、『地球見学ツアー』終了後のお別れ会では、涙涙ぁ~、ボクとの別れを惜しみすぎて、言葉も出ない有様でございましたぁ~。皆さんも、よくご存じのことと思いますぅ。あれから、地球時間で数日経ちますがぁ、あの、別れをひきずってひきずって、身も心もズタズタになりましてぇ、『ああ、トリビーのヤツ、今どうしてるかな』『アイツがいないと、俺、調子が出ないんだ』『俺の、心の友よ』などと、心震わせているところにぃ~、ボクらの登場ですよぉ~。ハイ、皆さん、拍手~~!!」
 緑の軍団前に、立ち上がり、口上述べて両手挙げ、パチパチの音にすっかり気をよくしてんじゃねー!
「だ、誰が心の友だ!」
 俺の話など聞く耳持たぬ、緑たちは、口々に、
「タカシ君、よかったね」
「さすが勇者トリビー、地球人の心の友になってしまうとは」
「格好いい、トリビー最高、トリビー星人万歳」
 うざいうざいうざいうざいうざい!
「お前らな、地球人のフリして暮らしていくなら、覚悟はあるのか覚悟は! これまでみたいに、平和な日々が続くとは思うなよ! マスコミが騒ぎ出すようなネタ、絶対に作るんじゃないぞ!」
 ビシッビシッと、緑の連中に指さして牽制するが、ヤツら、全然聞いてない。
 ほんとーーーーーーに、大丈夫なのか、これで?
「ねぇねぇ、それよりさ。トリビー一家は、鳥部さんなんでしょ? トリビーは、下の名前、どうすんの? 鳥部トリビーってわけにはいかないじゃん?」
 最後のそうめんちゅるっと吸って、絵理がトリビーにそう聞いた。
 ま……そうだ。他の連中のもそうだけど、トリビーのは、一番気になるわな。
「鳥部朔太郎昌義」
「は?」
「鳥部朔太郎昌義。かっこよくね?」
 ニカッと笑って見せたけど、トリビー、お前のセンス、やっぱどうにかしてるような気がするよ……。
空想科学祭FINAL
空想科学祭FINAL参加作品です。

俺とアイツの超トンデモ夏休み
banner.gif拍手返事は小説家になろうマイページの活動報告にて

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

ソロモンの指輪を、君に

伝説のソロモン王は、大天使ミカエルに指輪を授けられたという。 王は指輪の力で天使や悪魔を使役し、動物の言葉をも解したと伝えられる。 これは、その指輪を現代に蘇ら//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全8部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/08/31 06:12
nano―穢れなき天使の歌―

二〇七〇年、超少子化と外国人労働者増加が生み出した、決して平和とは言い切れない日本。未成年保護法により守られた少年たちが引き起こす、残忍な事件が世間を震撼させて//

  • 空想科学〔SF〕
  • 完結済(全26部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2009/10/10 22:57
魔緑幻話 ―Maryoku Genwa―

突然勃発した植物の爆発的増殖は、首都圏を中心として同心円状に拡大していった。街を呑みこみ、交通機関を麻痺させ、ライフラインを断絶していく緑の津波。  郊外で家族//

  • 空想科学〔SF〕
  • 完結済(全18部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/10/06 12:02
デスプエス~それから、

 二一六六年、南米のコロンビア。アマゾン海に臨むサンマルティン村に住む少年マレイは、子供の頃に父と行った南の港から望見した軌道エレベーターを忘れられず、いつも南//

  • 空想科学〔SF〕
  • 完結済(全41部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/08/19 23:23
トランスホーム

 新しい町並み。新しい友達。新しい行き着けの店。新しい生活って、とてもワクワクしますよね。家だって同じです。家と共に、明るい未来へ。ベイケル・マイホームサービス//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2011/08/01 00:00
変人の穴

行き詰った時、現実から逃れたいと思った時、人には見えるものがあります。彼に見えたのは絶望? それとも希望? いいえ穴でした。≪空想科学祭2010参加作品です≫

  • 空想科学〔SF〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2010/09/30 15:19
誰がために何をしたくて

 舞台は七十五歳を過ぎると年金の支給が止まり、八十歳以上の老人への社会保障が全て打ち切られた超少子高齢化社会でございます。頼れる身寄りもなく、一人で生きていかな//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全6部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/07/29 20:10
ご主人さまとエルフさん

トラックに跳ねられ、テンプレ通りに神様からチートをもらって異世界へ転移することになった如月秋夜という青年が居た。 これは異世界で自分の夢であった異種族ハーレムを//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全71部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/12/02 12:22
燕と夜叉

あたしが失ったもの、得たもの、全てがあの空にある――ある時から人類を脅かす存在となった、異星からの侵略者「仮性体」。天使と夜叉の名を冠する彼らに空を奪われ、地上//

  • 空想科学〔SF〕
  • 完結済(全17部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2010/10/01 23:17
僕と彼女と実弾兵器(アンティーク)

 ***書籍版タイトル「銀河戦記の実弾兵器(アンティーク)」***  オーバーラップ文庫様より書籍化となりました。マールのあれが凄い。何がとは言いませんが。  //

  • 宇宙〔SF〕
  • 連載(全255部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/05/22 18:43
I think about――

 明日ではない未来。けれど、そう遠くはないであろう未来。ロボットが人間社会へ進出し、かれこれ二十年近くたった頃。国家資格であるロボット技師免許を最年少で取得した//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全3部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2011/08/01 19:10
紡がれる星のうた

博士は研究室に入り浸る。今日もまた、他の研究員が帰った後にひとりで考察を繰り返していた。──連作による短編集。

  • 空想科学〔SF〕
  • 完結済(全6部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/08/29 22:00
リアルライフ

【空想科学祭参加作品】幽霊が出る、データが残っていれば死んだあとでも《リアルワールド》の中で生きてける―などという不吉な噂が電脳空間《リアルワールド》にはあった//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 完結済(全4部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2009/05/06 02:00
Mono語-モノガタリ-

目を開ければ、耳を傾ければ、止めど無く溢れる情報。見えるものと聞こえるものと。自分だけに用意された物語を身に纏って。人はどこまでも行く。辿りつくところがどこでも//

  • 空想科学〔SF〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2011/08/13 08:37
光からの贈り物

7月28日深夜2時、こんな夜更けた時間にも関わらず外にいた。辺り一面には闇夜を照らしてくれる街灯の明かりすらない。けれども暗いとは感じていなかった。見上げる先に//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全28部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/08/19 23:05
夢を叶える仕事

白衣をまとった男が一人、なにかを作る。男が持つ技術とは。そして出来上がった物とは。希望に満ちた夢の形。未来の形。 「空想科学祭FINAL」掌編部門参加作品。

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/08/20 00:00
ルカに捧げよ

完璧な倫理、恒久的な平和。それでも都市の人々はフリーサイドを目指す。人体を分子配列のビット信号に置き換える「精神の野」フリーサイド。それに反発するように生まれた//

  • 空想科学〔SF〕
  • 完結済(全39部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2011/09/03 15:00
ナイトメア

ナイトメア=睡眠障害のひとつ。ストレス社会の象徴と言うべき症例。慢性的な精神的疾患である。他の症例と異なるのは、精神疾患であるに関わらず、「感染」の可能性がある//

  • 空想科学〔SF〕
  • 完結済(全9部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2011/08/31 23:44
そして予定調和へ

 文献史料がほとんど残っておらず考古学的手法でしか実態に迫れない「陶金併用時代」に関する講義の備忘録。陶金併用時代とはいかなる時代であったか、そして、現代人はこ//

  • 空想科学〔SF〕
  • 完結済(全15部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/07/29 15:00
タワーワールド

セカンド・タワーの崩壊は時間の問題だった。危機管理システムは、他の施設への影響を考慮して、可及的速やかに制御された放棄と修復作業を開始することを提案している。し//

  • 宇宙〔SF〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2011/08/12 16:15
黎明の風に告ぐ ~刑事ハル&レイ~

 二十一世紀後半、海辺の観光都市・セントレア。市警察の新人捜査官レイが配属されたのは、〝はみ出し者の吹きだまり〟と称される特捜班だった。相棒はくせ者の先輩捜査官//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全37部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/08/19 23:46
雪火野

調は白兵になった。操は原野に消えた――音に触れ、歌を味わう人々の中に、唐突に生み出された歌うことのない旧人類の兄妹。やがて妹は都市から投げ出され、追い縋る兄は旧//

  • 空想科学〔SF〕
  • 完結済(全53部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/08/19 00:00
吉祥寺宇宙人事情

四月の終わり。大型連休前半の吉祥寺は、例年以上の暑さを記録していた。 観光客で賑わう街のそこかしこに、地球を監視する宇宙人が隠れ住んでいるのはいつも通り。 けれ//

  • 空想科学〔SF〕
  • 完結済(全9部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/09/30 21:50
スケブラー

 発明家として有名だったオッキナ・チチスキー博士はある日、雨に打たれ、下着を透けさせた女性の姿を見て、服が透ける装置の発明を思い立った。  そのチチスキー博士の//

  • 空想科学〔SF〕
  • 完結済(全2部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/08/24 00:00
星の海から“StackedAges”

 人類が宇宙進出をはじめて、はや数百年、らしい。  で―― 俺は宇宙軍中佐、桑原。22歳にして特務巡洋艦「鬼怒九号」、通称KKの艦長を任されちまった。  今回、//

  • 宇宙〔SF〕
  • 完結済(全19部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/08/04 00:00
冬の少年と夏の少女

西暦二〇一五年、七月末。夏休み直前の週末。高校二年生の鏡花は、育ての親が勤める大学の研究室で、千年後の世界を観測するプログラムを発見する。 一方、資源が枯渇した//

  • 空想科学〔SF〕
  • 完結済(全15部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2011/08/01 00:20
螺子街

きをつけろーねじがでるぞー。ねじのまちでは螺子職人、螺子商人、螺子漁師たちがまいにちネジを削り、回し、流し、集め、捨て、別れ、時には戦い、誓い、諦め、それでもネ//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全7部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/08/22 16:00
第三オアシス

近未来の日本は、疲弊していた。人生の負け犬とよばれてもおかしくない中年の男、結城稔もまた疲弊していた。彼が再起をかけて探しているのは第三オアシスと呼ばれる数だっ//

  • 空想科学〔SF〕
  • 完結済(全10部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/08/02 21:52
The melancholy of the smoker and bookman ~喫煙者と読書家の憂鬱~

現在から世紀をいくつも超えた未来。科学は人を万能な魔法使いにした。 すべてが満たされた十全な遠い未来で、人はいかにして生き、いかにして交わるのか。 「空想科//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2010/09/01 02:02
穢れなき子供たちへ

都市鉱山の発掘を行う便利屋の流は、そこで乳児の遺体を発見する。「未成年保護法」監視下の日本、死刑か終身刑の重罰が科せられるとわかっていても、こうした事件は絶えな//

  • 空想科学〔SF〕
  • 完結済(全18部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2008/10/15 23:49
烈月のサバイバー

 二十一世紀後半。宇宙飛行士を目指す少年・響揮(ひびき)は、オンラインくじに当選し、あこがれの月面都市に招待される。幼なじみの少女・遙香(はるか)とともに、期待//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全16部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2011/09/03 23:37
↑ページトップへ