挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
夏休みは宇宙人に侵略されました 作者:天崎 剣
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

12/21

12◆宇宙からコンバンハ

 宇宙から来た、だから宇宙人。
 前々から思っていたんだけど、トリビーのヤツは宇宙人のクセに、やたらと地球の知識に詳しい。場合によっては、俺より詳しいこともあって、この前も、ブラジルの首都をリオデジャネイロだと言ったら、
「ぷぷ。典型的な引っかけ問題に引っかかるタイプだね。ブラジリアだよ。知らないのぉ~。もしかして、オーストラリアの首都もシドニーだって思ってるでしょ。メルボルンじゃないよ、キャンベラだよ。ぷぷぷ」と、馬鹿にされた。
 うるさい。知らなくったって、とりあえず今のところ差し支えないんだから、そんなに笑うことないだろ。むしろ、宇宙人のクセして、やたらと詳しい方が問題だ。

 この広大な宇宙の中で、なんで地球を選んだのか。
『この界隈を飛んでいるときに、宇宙船から落ちて』ていう理由が、そもそもおかしい。そんなのは、中学生の俺にだってわかる。
 本当は、この星を選んで、わざわざやってきたんじゃないのか。 
 そういう疑念は、いつもつきまとっていた。

 海外から日本に来た外国人が、自分のことを『外人』と呼ばないように、普通は宇宙から来ても自分のことを『宇宙人』とは呼ばないんじゃないか。そう、考えたこともある。
 ヤツの知識はどこから来るのか。どうやって情報を得ているのか。――そもそも、なんで、あの晩、俺の名前を呼んだのか。
 俺のことだけじゃなくて、隣に住んでいる幼馴染みの馬鹿ツインテール、絵理のことだって、ちゃんと知っていた。下調べでもしていたみたいに。
 ホントに、ホントに下調べなんか、してたのか? 宇宙船から落下して、たまたま辿り着いたのが俺んち、ってわけじゃ、ない、のか?

 丘の上の公園で、秀生が言ったセリフがどうにも気にかかり、俺はなかなか寝付けないでいた。
『本当にコレが宇宙人なのだとしたら、いろんな可能性を考えるべきだ』
『なぜ、宇宙人が地球に来たのか、何をしに、なぜ自分の所に、本当の目的は』
『一般的に見たら、まともじゃない、普通じゃない状況に陥ってる。何じゃれあってんだ?』
『お前は、宇宙人にだまされてるんだ!』
 よく言うよな。普段は、時代遅れのオカルト雑誌開いて、みんなに宇宙人の存在がどうの、NASAの本当の任務がどうの、アトランティスだかムーだか、沈んだ大陸がどうの、力説してるくせに。
 それでも、秀生は頭が良い。勇大や稔みたいに、言われたこと鵜呑みにして、「そいつはスゲー」って、便乗したりはしない。持ち前の、蓄積されたオカルト知識から導き出した結果、トリビーが超怪しいって結論づけて、俺に説教したんだろう。
『宇宙人なら、宇宙人たり得ることを証明して貰わないと、納得できないだろ?』
 そりゃ、ごもっとも。
 でも、どうやって証明する? まさか、秀生みたいに、いきなり中身を覗こうと?
 いや、そんなこと、出来ない。出来るわけない。ヤツの中身は見ないって、さっき、心に誓ったばっかりだ。
 なら、どうやって宇宙人だって、俺は思い込んだんだ?
 見たこともない力がある。縫い目の無いぬいぐるみ。それから、物を浮かせたり、飛ばしたり……サイコキネシスとかいうヤツ、よく、マンガで見る超能力の一種だ。『地球人じゃ出来そうもないことを、次々にやってくれるもんだから、未知の生命体だ、宇宙人だって、叫んでたんじゃないの』って言われたら、『そうです』『なぜバレた』って言い返すしかない。
 まぁ、あれだ、UFOから降りてきたところでも見せつけられたら、間違いなく、宇宙人だって断言できたのかも知れないけど、アイツの場合、二階の網戸からこっそり入ってきたんだもんなぁ。特異だよなぁ。

 秀生みたいな好奇心も、探究心も、俺にはない。
 ただ、トリビーが自分のことを『宇宙人』って言った。だから、そのまんま信じてた。
 それを、ああいう風に突っ込まれると、やっぱ、傷つくよな。
 でも他に、ああやって指摘してくれるヤツ、いないわけだし。友達だからこそ、なんだよな。

 そうやって、俺はずっと、結論の出ない答えを求めて、リビングの床に敷いた布団の上で、ああでもないこうでもないと、考えを巡らせていた。
 エアコンの風が当たって、寝心地は良いんだけど、この日はなぜか、妙に寝付けなかった。
 司たちに公園に呼び出されてから、もう何日も経ってるのに、頭の中ではずっと、秀生の言葉がグルグル巡っている。それだけ、俺は自分の浅はかさを思い知らされたし、宇宙人と一緒にいることの異常さを思い知らされたわけだ。だけど、どうしても、追い出すとか、マスコミに売るとか、そういう結末にはならないんだよ、俺の中では。こんなに、うざくてムカつく、緑のぬいぐるみなのに、さ。
 夜、こうやって目をつむったり開けたりしている間、ヤツは何をしているんだろうかと、ふと考えた。夜中のウチにイタズラを仕掛けているようなことを、前に言ってたの、思い出したからだ。宇宙人も、夜は寝るんだろうな、というのは、俺の勝手な思い込みかも知れないし。絵理んちにいたときは、とりあえず、一緒にベッドインしていたようなことも喋ってたな。……途中で抜け出して、俺んち勝手に改造してたようだが。それにしても、毎晩毎晩、寝てるところを見たことがない。ヤツめ、一体どこで何をしてるんだ?

 宇宙から来たって言われても、実感なんか、あるわけがない。
『タカシ君のような低脳な地球人には理解できないくらい遠い、科学力の発展したところからだよ』
 そうだよな、俺みたいな単純で知識のない人間には、説明なんか、するまでもないよな。俺には、宇宙のどの辺に知的生物のいる星があって、どういう方法で、どういう乗り物で地球に来たのか、なんで地球のことや俺のことに詳しいのか、理解なんかできっこないもんな。トリビーは賢いよ。だからわざと、何も言わない。何も言わないから、俺も気にすることはなかった。……秀生に言われるまでは。

 時計の針は一時を回った頃だろうか。掃き出し窓のカーテンの隙間から、光が漏れていることに気がついた。この窓は絵理んちに面していて、家と家の間には、生け垣がある。だから、絵理んちで明かりを付けたとしても、生け垣が遮って、そんなに強い光は届かないはずだ。なんでだ、妙に明るい。
 俺は、重い身体を起こして、恐る恐る四つん這いで窓に近づいた。
 光はどんどん、強くなっていく。まるで、真っ昼間みたいな、いや、もしかしたら、それよりずっと強い光。
 目がくらみそうになるのを、手で遮りながら、俺はゆっくりと、カーテンを開けた。

「ま、眩しいっ!」

 外が、白い。
 物という物から色が奪われたみたいに、真っ白だ。
 草も、木も、花も、庭に放置された中身のない鉢や、絵理の家、空の色も、電柱も、何もかも。

「な、なんだ、こりゃ!」

 鍵を外して窓を開けると、生温いぬるっとした空気が家の中になだれ込んできた。外の気温はまだまだ、三〇度近くあるらしい。
 外で、何かが起きている。それだけはわかったけど、眩しすぎて、何が起きているのかわからない。とにかく、強烈な――たとえて言えば、白熱灯をまばたきせずに見せつけられているような、太陽を直接目の前に持ってきたような、異常な明るさだ。
 なのに、妙に静かだ。蛙の声はおろか、虫の声一つ聞こえてこない。いつもならどこからともなく聞こえてくる自動車の音も、通行人の声も、全てがなくなってしまったかのような――無、のような。
 この、無の中に、少しずつ色が現れる。
 上空から、赤や黄、オレンジ、そして水色、緑、キレイな星の粒みたいな、光のシャワーが降ってきたんだ。
 手をひさしにして、必死に俺は、何が起きているのか確認しようと目を細めた。だけど、正直、眩しすぎて何も見えない。ただ、声がした。

「そろそろ、来る頃だと思ってたよ」
「遅くなってすまない。あちこち、様子をうかがっていたんだが、なかなか来れなくてな」
「ううん。大丈夫。それより、どう、この星は」
「まずまずだね。ちょっと涼しいくらい」
「この星では、このくらいだと、暑い部類に入るらしいよ」
「へぇ、そうなの」

 複数人の声に混じって、聞こえるのは、明らかな緑のダミ声。
 ……嫌な、予感がする。

「孝史、どうしたの。何があったの」
 流石の父ちゃんと母ちゃんも、あまりのまぶしさに寝付けなかったらしく、二階から降りてきたようだ。
 眩しくて目すら開けられない俺は、振り向いて、「眩しくて見えないけど、なんか、いるみたい」としか言えず、不審に思った父ちゃんが、
「どれ、父ちゃんが確認してやろう」
 偶には父親の威厳をと思ったのか、眼鏡をキリッとさせて、恐る恐る、掃き出し窓から顔を出した。

「ね、ねぇ、お父さん、なにか、いた?」
 窓から顔を出して数分、硬直したままの父ちゃんに、母ちゃんがしびれ切らして聞いてみる。
 様子がおかしい。
 俺は母ちゃんと顔を見合わせ、嫌な予感を確かにした。
「父ちゃんてば……」
 窓枠に手をかけ、仁王立ちしたまま固まった父ちゃんの腕の下から、俺もゆっくり、窓から顔を出す。
 外の明るさが徐々にひいていく。空から注がれていたキラキラした光の粒も、今はほとんどなくなった。少しずつ、いつもの夜の景色に戻ってきてる。自動車の音や、虫の音も、少しずつ聞こえるようになってきた。
 それでもまだ、目に光が残っていて、まぶたを閉じても視界が赤い。参ったな……目がやられた。戻るのに、ちょっと時間がかかりそうだ。

「はうぁっ! タ、タ、タ、タカシ君っ!!」

 ダミ声の宇宙人が、驚いてる。

「トリビー、いるのか。何してんだ、そんなとこで」
「なななななな何にもしてないよ、ホントだよ、ホントだってば、嘘じゃない。いや、嘘と言ったら嘘になるけど、嘘じゃないって言いたいの言わせて」
 何、動揺してんだ?
 徐々に目が慣れてきて、暗い庭の中に、緑のぬいぐるみの姿を捉えた。
「この子が、タカシ君? あなたがお世話になっているっていう、地球人ね」
 変におっとりとした、艶っぽい女性の声がする。
 ん……? 女性……?
「特にコレと言って何の特徴もない、ありふれた地球人のようだな」
 こんどは、太い男性の声だ。
「兄ちゃんが、面白い面白いって言うから、凄く期待してるけど、いいんだよね、ね!」
「わー、楽しみー」
「たのしみたのしみー」
 ……って、何だ何だ? 何が起きてるんだ?
 目よ、早く慣れろ、くそ、鳥目になってて、よく見えないじゃないか!
 急いで目をこすって、何度も目をパチパチさせて、高速で顔マッサージして、――今度こそ!


 ……み、見なきゃ、よかった。


 庭に、なんかたくさん、人影があるんですけど。
 しかも、よりによって、普通の人間サイズですよ。揃いも揃って、緑色の衣装着てるし、頭に白いヘルメット被ってるし。
「キャ、だ……誰、あなたたち!」
 母ちゃんが、俺より先に人影に気づいて、大声上げた。
 とっさに、トリビーが母ちゃんのとこまで飛んできて、口をふさぐ。
「お母様、ごめんなさいっ、許して! 中に入れてください! これは、この人たちは、ボクの、家族なんですーーーー!!!!」
「か、家族だって?!」
「ええーー?!」
 大声上げるなと言われても無理、だって、目の前にいるのは、普通の地球人……緑の、思い思いの服をそれぞれ着てる、怪しい集団だけど、地球人に見えるんだけど?!
「な、何言ってんだ、このアホ宇宙人がっ! お前の家族って、まさか、そんなわけないだろ! 第一、サイズが違いすぎる!!」
「サイズなんて、どうにでもなるって、言ったじゃん!」
「聞いてねぇよ!」
「じゃあ、今言った! 言ったからね!」
「言ったからねじゃなく!」
 冗談じゃない、理解できない状態が、更に続くのか?!
 俺は、トリビーと顔と顔付き合わせて、とにかくガンガン言ってやった。夜中だろうが、近所迷惑だろうが、そんなの関係ねぇ! 死活問題じゃないか?!
「父ちゃんも、なんか言えよ、父ちゃんってば!」
 突っ立ったままの肩をトンと突くと、父ちゃんはそのまま、ステンとぶっ倒れた。
 く……口から泡吹いて、白目むいてるーーーー!!
「ギャー!! おおおおおおお父さん!! お父さぁーーーーーーーん!!!!」
空想科学祭FINAL
空想科学祭FINAL参加作品です。

俺とアイツの超トンデモ夏休み
banner.gif拍手返事は小説家になろうマイページの活動報告にて
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ