挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

あの夏の蝉はもう泣かない

作者:土野絋
親友との三角関係、そして死。
親友の恋人、楓のことが好きになってしまった日向は、五年前の夏、川の鉄砲水で流される親友とその恋人のどちらかの命を助けなければならなかった。
親友なら自力でも助かると判断し楓を助けるも親友は帰らぬ人となる。
再会した楓に対する恋心、親友を助けなかった後悔。
入り交じる感情にまた蝉は鳴き始める。

あの夏はまだ終わらない
あの日と同じ
2017/06/05 13:32
あの日、あの場所で
2017/06/05 13:36
淡いピンクは友情を問う
2017/06/05 13:41
あの場所へ
2017/06/06 17:21
蝉が鳴いていた
2017/06/09 09:49
沙耶
2017/06/15 09:37
2017/06/27 18:37
0.02
2017/07/11 08:14
蛍は鳴かぬ
2017/07/17 17:22
僕はその名に溺れたかった
2017/07/21 08:01
夏の大三角形
2017/07/21 08:28
晴希
2017/07/21 18:27
僕は日常の中でしか生きられない
2017/07/22 12:25
たぶんあなたに愛を伝えても
2017/07/22 23:03
その日常は静かに消えて
2017/07/24 21:11
ブラックアウト
2017/07/25 08:29
マケイクサ
2017/07/26 08:33
つらくてからい
2017/07/27 09:46
少女ふぜゐ
2017/08/01 01:08
腐るほど長い縁
2017/08/01 08:00
他愛も無いこと
2017/08/01 23:01
Girls life is short ! Fall in love !
2017/08/02 08:00
あなたの名前を教えてください
2017/08/03 02:05
修羅場 〜ADULT〜
2017/08/08 20:58
どうせ夢なので
2017/08/09 23:37
贅沢は味方
2017/08/10 21:58
女の子は誰でも
2017/08/14 00:34
意味もなく空は
2017/08/16 08:00
最後の花火 ひなた
2017/08/17 01:27
最後の花火 さや
2017/08/18 08:00
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

田中タダシ(41)建国記 『中世ヨーロッパ風なんてキツすぎる!』

平凡な人生を歩んだサラリーマン田中。 彼は41才という短い人生を終えた……はずだった。 だが気がつけば、彼が立っていたのは『中世ヨーロッパ風』の世界だった。 //

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全51部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/16 12:00
↑ページトップへ