挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

やくたたずの、子

作者:KEY
ぼくは

ずっと

やくたたずの、子って

よばれている
いつごろ生まれたのか、もうわすれちゃったけど

ぼくが生まれたときには、たくさんたくさん、きょうだいがいたのは、おぼえてる

ぼくらはみんな、生まれてすぐに、ひとりひとり『なまえ』をもらったんだ

ぼくのなまえをつけてくれた人は、ピカピカした、かちかちのくらい色をしたふくをきた、えらそうなおじさん

ぼくのなまえは、ぼくより、うんとまえに生まれたきょうだいと、おんなじなまえ


だから


「きっとお前は、立派に役に立ってくれる」

ピカピカの、かたくてくらいふくをきたおじさんが、そういった

ぼくは、やくにたつの?

やくにたつって、いみは分からないけど、ぼくはなんだかすごく、うれしかった



 ✽



それから、ながいながいじかんがすぎた

じかんのいろは、さまざまで

まっかだったり、つめたかったり、あつかったり

でも、ぼくたちきょうだいが、やくにたつことはなかった

そんなある日、とつぜんぼくのきょうだいが、ごっそりとつれされられた

ぼくはひとりっきり


どうしたんだろう? どうしてだろう?


ふあんにおもって、いっしょうけんめい、ぼそぼそ聞こえてくるこえを、がんばってきいた

「条約だから仕方ない、解体せねば」

「しかし、全ての国がこの条約を守るとは限らない」

「そうだ、だから、秘密裏に残しておかねば、いつか、役に立つ」

ピカピカの、かたくてくらい色をしたふくをきたおじさんが、ぼくをみあげながらいった


ぼくは、やくにたつ


いみはやっぱり分からないけど、たくさんのきょうだいの中からぼくをえらんでくれて、ぼくは、すごくすごく、うれしかった



 ✽



そしてまた、ながいながいじかんがすぎた

まい日、ぼくのようすを見に来てくれる人は、しわしわでよれよれの、すそのながい、しろいふくをきたおじいさん

ぼくが生まれたときから、ずっといっしょにいるおじいさん

でも、さいしょから、おじいさんだったわけじゃない

ぼくが生まれたときは、おにいさんだったんだ

ピカピカした、かたいふくをきた人のかおは、ときどきかわるけど

ずっといっしょにいるおじいさんは、いつの間にか、おにいさんからおじいさんになってたんだ

おじいさんは、ぼくをみあげながら、いろんなおはなしをしてくれる

おじいさんがはなしてくれるのは、そとのせかいのこと


そら、うみ、かぜ、つち、くさ、き、はな、ひと


あんまりすてきで、ぼくはきくたびに、うっとりしちゃう

だからぼくは、ぼくがみたことのない、そとのせかいのことが、とってもすきになった

ああ、ぼく

はやく、やくにたちたい

そうしたら、どんなにしあわせだろう

「お前は役立たずのままの方が、幸せなんだよ、やくたたずの子のままでいておくれ」

どうして? どうして? どうして?

ピカピカの、かたくてくらい色のふくをきたおじさんたちは、ぼくをちゃんとなまえでよんでくれる

ぼくは、やくにたつ子だっていってくれるのに

どうして、おじいさんはぼくをよんでくれないの?

やくたたずの、子っていうの?

いやだなあ

いなくなっちゃったきょうだいの分も、ぼくはいっぱいいっぱい、やくにたちたいのに



 ✽



ある日

しろいふくをきたおじいさんが、まっさおなかおでとびこんできた

どうしたんだろう?

びっくりするぼくのまえで、おじいさんは、ぼくにつながっているいろいろなボタンを、ぱちぽちとたたきはじめた

「間に合ってくれ、間に合ってくれ、お前を使わせたくなんかないんだよ」

どうしたの、おじいさん? ぼく、なににつかわれるの?

でも、ぼくがつかわれるのはいいことなんじゃないの?

だって、ぼくはやくにたつんでしょう?

べそ(・・)をかきながらボタンをおすおじいさんの手のうごきが、どんどんどんどん、はやくなる


ぱーん!


とつぜん、へんな音がして、おじいさんのからだが、ぴん! とはねた

おじいさんのきていたしろいふくが、まっかになって、おじいさんはゆかにたおれて

そして、うごかなくなった


こつこつこつこつ


足おとが、ぼくのめのまえで、とまる

「裏切り者め、科学者は世の中の為にたってこそ存在を許されるというのに」

ぴかぴかのふくをきたおじさんが、手になにかくろいちいさなものをもったまま、ぼくにちかづいてきた

おじさんは、手にもっていた、まだはいいろのほそいせんがのびている、くろいちいさなものをすてた

そして、おじいさんがしていたように、でもおすばしょはちがうけれど、ぼくにつながるボタンを、ポチポチカチカチ、おしはじめた

「さあ、やっとお前の出番がきたぞ、役に立ってもらうぞ」



 ✽



なまえをよばれるとどうじに

ぼくは、とつぜん、外にほうりだされた


たかくたかく、たかく


はじめてみたそらのいろ、ふかくてきれいなあおいろ

はじめてみたくものいろ、ふわふわのやわらかいしろ

はじめてみたうみのいろ、きらきらのまぶしいぐんじょう

はじめてみたもりのいろ、ぴかぴかのあったかいみどりいろ

はじめてみたつちのいろ、さらさらのすてきなちゃいろ

はじめてみた、たくさんの、たくさんの、たくさんの、ひと


ひと、ひと、ひと、ひと、ひと、ひと


ひとのかずだけ、かぞえられないたくさんのいろが、いっぱいに、たのしそうに、うれしそうに、ひろがってる



ああ

おじいさんがはなしてくれたとおりだ


せかいは

なんてすてきなんだろう


ぼくは、やっと、やくにたつんだ

でも、おじいさんは、やくたたずの、子でいればいい、っていっていたよ?

どっちが、ただしいんだろう?




ぼくのなまえは

【 りとる・ぼーい 】

ぼくのふしぎといっしょに

ぼくのからだは

はじけて

ひかりのたまになった


ああ、ぼくは

やくにたったのかなあ

やくたたずだったのかなあ

どっちなんだろう……


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ