挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

花々

作者:藤夜アキ
 赤、黄色、オレンジ、白、薄紫。
 綺麗だと思う。
 街に見える花々は、美しい女性ひとが咲いているよう。
 私も飾ってみようかな、なんて憧れるけれど。
 水を弾く肌を見て、ああ、無理だろうなと思う。
 手をかけてやれる人にしか、育てられないね。
 私はきっと枯らしてしまう。
 眺めて愛でて、愛したフリ。
 私に出来るのはそれだけで、それだけ。
 きっとこの花々を美しくさせるのは、愛おしい心。
 私にはそれが無いから。
 撒いた種が自分で咲いたとして、それは必ず酷い色。
 門扉を開けて出てきた彼女を見て、そう思った。
柄にもなくカメラを首にかけて街に出たんです。
意識して見たら、普段は気にしないはずの花々が妙に綺麗に目に入って、泣きたくなりました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ