挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

紅い月

作者:式部雪花々
雨の中、傘もささずに佇んでいる美しい少女・美月に傘を貸した望。
翌日、再び望の前に現れた美月は昨日とは様子が違っていて……?

七夕の夜に望は美月から告白されるが、その内容は……。

夢……? 幻……? それとも現実……?
-1-
2008/06/30 23:29
-2-
2008/07/01 23:49
-3-
2008/07/03 00:45

webclap.gif

ぽちっと押して応援してください♪

cont_access.php?citi_cont_id=159005209&size=88


image113.gif
小説の人気ランキングです。よろしければぽちっと・・・


cherry_bn10.gif
モモンガのしっぽ
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ