挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

歌う酔っ払い

作者:うぐいふみ
 それは朝、通勤途中の駅の改札内でのこと。
 電車から降りてホームの階段を登りきると、そこに歳の頃なら五十か六十ぐらい、地味な色合いの作業着のようなものを着たおっちゃんが立っていて、何やら歌っている。
 大声で、しかも手には自動販売機で買ったと思われるカップ酒。
 酔っ払いである。

 酔っ払いというのはよく歌ってるものだから、それ自体は(朝っぱらからということを除けば)珍しくもない。
 けれども、このおっちゃんがただの酔っ払いと違うのは、その声がとてつもなく美声だということだった。
 歌っているのは演歌だったけれど、音程のぶれもなく本当によく通るテノールで、特に長くのびる声(専門用語で何というのかは知らない)がすばらしい。声量もあって、何だか物凄くよく響く。特別な音響効果もない、ただの駅の改札口なのに。
 これほどの美声を生で聞くのは初めてだった。テレビに出ているどんな歌手よりずっとうまいと感じる。むしろ、まるでプロの声楽家のような声の質なのだ。
 これで朝っぱらから酒を飲むような酔っ払いでなかったら、賛辞の言葉と共におひねりの一つや二つあげても全然惜しくはないのに!
 酔っ払いじゃあ、何だかこわくて近付けないじゃないか。
 ほんと、もったいない。

 以上何年か前の、ほとんど通りすがりの出来事でしたが、ちょっと得したかなと思った次第です。

 朝のどんよりした気分に新鮮な驚きを与えてくれた、あの日のおっちゃんに幸あれ。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ