挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

鈴がないた日

作者:風見烏
森で迷子になった少女――夏鈴が出会ったのは、黒子の頭巾と仮面を被った怪しい妖怪の青年であった。青年は自分の素顔を知られれば消えてしまうと言う。夏鈴と妖怪の青年の少し切ない夏の物語です。
夏の音
2017/05/17 23:37
涼やかな響
2017/05/18 06:00
警鐘
2017/05/19 06:00
鈴がないた日
2017/05/20 06:00
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ