挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
中二病が異世界で無双するようです 作者:かに

出会い編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

7/27

ダファル

 俺が放ったその一言に、

「__________ww_______♡」

嘲笑のような笑いの後、僅かに、だが、確かに向けられた殺意、まごうことなき殺意。命とはこうもたやすく刈り取られるものなのか。そう実感させるには十分な殺意。

その殺意だけで大地が震え、鳥が落ち、河は枯れた。

「あのねぇ、仮にも魔王が、敵意はないって言ってんだから、おとなしく刺激しないようにすればよかったんだよw」

怖い

「君たち、僕を怒らせないでくれる??」

怖い怖い怖い

「……殺しちゃうよ?」

怖い怖い怖い怖い怖い怖い


次の瞬間、

「逃げますよ!!空間転移テレポートッッ」


_____________________________________

「ご無事で!?」
「ああ、大丈夫だ。」

何とか逃げ切ったらしい。

「はぁ、良かった。わが主に何かあったら……」

「w」

「ん?」
明らかな違和感。

「どうされました?」

「ww」

あ、やばい

「如何様で?」
「いやー、新星を、僕の配下に置いておこうと思って直々に勧誘しに来たんだよwwどうだい?」


「主よ……」
俺はしばらく考えて、

「お断りする。俺は誰の下にもつかない」

「そう、ww……じゃぁ、危ないから、、、、、、死んだら?」
殺意は増している。

だが、怖くない?

「そう、じゃぁ殺すね?地獄乃烈火ヘル・ファイア

究極防壁アルティメット・シールド!」

防ぐ、あれ?威力が弱い?

「消失《存在抹消》!」

あっさりと崩れ落ちる。

すると、

≪wwww、分身で十分かと思ってたww案外やるじゃんw≫

ああ、そういうことか

≪また遊ぼうねぇwwww≫

「はぁ、ん?」

泡を吹いた堕天使が倒れていた……w
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ