挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
中二病が異世界で無双するようです 作者:かに

出会い編

5/27

魔術王vs魔術王

「ここが上位冒険者ギルドか」
「そのようですね」

そこにいた8割は50歳~70歳ぐらいだ。

「ようこそ、禁術セイントダークマジックマスターりし者さん。おまちしておりました。」

そういうのは一人の老人

「ああ、それで何の用だ?」
「あなた方の実力を試そうと思いまして。おや、アザゼルではありませんか。久しぶりですね。」

知り合いか?アイコンタクトを送る。

すると
「ああ、確か魔法使いのじじいだな?」
「おい、私は魔術王だ」
「変わらんよ」
「ほざけ、天使の型崩れ」
「黙れ人間」

喧嘩が始まった。

「埒が明かん。さっさと実力とやらを試してくれ」

______________________________________

アザゼルはうるさいので別室で待機させている
「この空間なら死にません。私と戦って私が認めたら、上位冒険者組織委員会への加入を認めます」
「おい、もう決まってるんじゃないのか?」
「いえ、それは名義上だけの話。私が認めれば会議などに参加できる会員になれます」
そういうことか。

「では、始めます」

______________________________________

火炎フレイム魔法マジック
「なめてんのか?上級ハイウォーター魔法マジック

火を多量の水が消す。あたりには蒸し風呂のような水蒸気が発生する。

「ああ、すみません。最近の者は、これで脱落することがあるのでちょっとした小手試しです。上級アーク火炎魔法フレイムマジック
「……だから、なめてるのか?」
俺はそう言い、無詠唱で上級防御魔法ハイ・シールドを展開する

「ばかな、無詠唱だと!?」

めんどくさい。
「一撃で終わらせるぞ……」

聖炎渦巻フレイム・ノヴァ

上級防御魔法ハイ・シールドッッッ」

______________________________________

「私の負けですな。文句なしに加入を認めましょう。」
「ふむ。我としてはあの部屋を全壊できなかったのが残念だ」
「主に勝てるわけがないのです」
「そうですな。今回ばかりは反論の余地を在りませぬ。これが上級冒険者カードです。どうぞ、受け取ってください。」
「ああ。」

俺は上級冒険者になった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ