挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
中二病が異世界で無双するようです 作者:かに

出会い編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/27

理不尽なる破壊

理不尽アルティメットなる破壊バイオレンス

俺はそう呟くと即座に防御魔法を展開エクスペンションする。

地が、消えていく。空間が消失する。命の炎が一瞬にして絶えるこの感覚。
ああ、これが死なんだ、と実感した時には80000あった残機が12になっていた。

「ああ、これ、どうするか。」

俺の前に広がっていたのは広大な無の空間。まさしく「無」なのだ。なにもない。これが破壊を極めた形なのか。消失《存在抹消》の時の数百倍魔力を使った。あれは存在を抹消するだけ。これは、「破壊」するのだ魔力の消費値が違うのも当然と言えば当然なのだが。

「なんだ、これは?」

俺の胸元にしまってあった冒険者カードが光っている。見ると、
≪レベル10達成!おめでとうございます!≫
≪レベル50達成!おめでとうございます!≫
≪レベル100達成!魔導士になりました‼おめでとうございます!≫
≪レベル200達成!おめでとうございます≫
≪レベル500達成!魔術王になりました!おめでとうございます≫
≪レベル999達成!魔術王になりました、おめでとうございます‼≫

≪MPがプラス9999999999されました。知力がプラス1412220されました。体力がプラス520000されました。これ以上のレベル上げは、このカードではできませんので、ギルドで、上位冒険者組織委員会に申請を行ってください≫

あの堕天使はどんな経験値を持っていたのだろう。

「依頼を達成してきたぞ。」
「は、はい、確かに達せ……堕天使アザゼル?冒険者カードのバグですかね?」

______________________________________

「わ、す、すごいです!堕天使アザゼルを討伐したんですか?えっと、懸賞金と合わせて、187000000ルーシャです」
ルーシャというのは金の単位らしい。

ギルドで俺をからかっていた連中が目を見開く。

「か、からかって悪かったな。」
「いや、我は寛大だから許してやる」

あとはアザゼルがやってくるのを待つだけだ。
______________________________________

その晩

「主よ、契約に基づき、ここに主への忠誠を誓う」

「ああ、よろしく頼む」

我は堕天使を使い魔にした。

「ぜひとも魔術をご教授ください」
「ああ、だが、今日は魔力を使いすぎた。寝ることにする。」
すると
「何をおっしゃいます?半分も使ってないではありませんか?」
「え?」
確かに、あまり気怠くない。
ああ、そういえばレベルがすごく上がっていたな。

「まぁ、今日は遅い。眠る。」
「主の意のままに」

______________________________________

禁術セイントダークマジックマスターりし者さん、上位冒険者組織委員会への加入を認めるとの伝言です。隣町の本部に顔を出すことが条件です」
「構わん、顔を出そう。」

早速我は、
使アザゼル、行くぞ」
「はい。」

我と使い魔は隣町に向かった


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ