挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
中二病が異世界で無双するようです 作者:かに

出会い編

3/27

中二病vs堕天使アザゼル

我、実はとんでもないことをしてるのではないか?
現実的に考えて、《インフェルノッッ》とか言ったら魔法が出るほうがおかしいのだ。ましては、いつもシュミレーションしている通りの魔法が出る。もしかして、われは本来あるべき世界に……?

「よお、兄ちゃん、こんにちは」
「われの魔眼ダークアイは見落とさんぞぉ!!」

おっと、考えていることがつい口に、

「すまな……」
「お前、何者だ?俺の正体に気づくなど……」

ん、なんだ、悪魔デーモンか。

「ああ、私の名は堕天使、アザゼルだ。」

とんでもない大物にあってしまった

「お前は、ルシファー、ベルゼブブ、サタンと並ぶ四大堕天使の一角か?」

「四大堕天使とやらは知らぬがその通りだ。だが、正体がばれたからには始末させてもらう。」

我が、強大なる魔力、を、を……言葉が出ない

目の前にいたアザゼルと名乗る堕天使はそれほどまでに大きな力を有していた。

「なるほど、では、我と契約をしよう。お前が勝ったらわれのことは好きにして構わない。ただし我が勝ったら……」

中二病セイントダークマジックマスターは不敵な笑みを浮かべ、

「お前を使い魔として使役する……」

__________________________________

「くらえ人間、死のデスレイン
上級防壁ハイ・シールド

「なッ!?」
上級防壁ハイ・シールドで受け止めれる魔法か。使い魔にする価値もない。」
「侮辱するな!いいだろう私の最強の魔法を見せてやる」

目の前の堕天使はすっと息を吸い込み、

「この世界の意思なき魂、精霊たちよこの手に集い、究極の魔法の糧となれ」

「我が強大なる魔力よ、わが敵に堕天使の祝福を」

魔力が練り上げられていく。

「この者に世界の崩壊を。」

世界崩壊エンド・オブ・ザ・ワールド

「はぁ、はぁ、さすがに死んだか?」

あたりの大地は色を失い、白と黒だけの美しい景色が広がっている。



「足りんな。魔力が足りん。」

「な、なぜ生きて……あれを防げるのは神級ゴッドクラス魔法マジックだけだぞ!?」

「俺が使えないといつ言った。」

「あ、ありえない!???人間風情が神級ゴッドクラス魔法マジックの防御魔法、神級絶対防壁アルティメットシールド・ゴッドを使ったのか?」

「お前、どうせ残機があるし死なないだろう。一度死んでもう一度俺の前に現れ、使役されろ。そして、本物の切《究極》り札《魔法》を見せてやろう。」

「この地に宿りしすべての精霊、神、悪魔よ……」

「深淵より封印されたわが魔力よ、」

「堕天使《使い魔》に究極の魔法を!!」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ