挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
中二病が異世界で無双するようです 作者:かに

冒険編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

18/27

感謝

≪おや?禁術セイントダークマジックマスターりし者ではありませんかな?≫

「お前は確か上級冒険者ギルドの……」

「ああ、ハルソンです」

______________________________________

俺は経緯を説明した。

「なるほど、それで地獄に。」
「そうだ。」

「ただ、容易ではありませんぞ」
「というのは?」

「地獄に強大な魔力結界があるせいで空間転移魔法テレポートが使えません」
「なるほど」

「あと、大量の上位悪魔がいます。」
「ギランドが喜びそうだな。」

「あと、行く方法が大変ですぞ」
「詳しく」

__________________________________
要約するとこんな感じだ
まず、隣のアンドロス大陸に行き、伝説竜の洞穴に行く。そこでモンスターを200体殺すと、伝説竜が眠りし場所に地獄の門が開くらしい。
こう聞けば簡単に聞こえるが、様々な問題が生じてくる。まず、 伝説竜の洞穴って何? これは伝説の物であり、どこにあるか定かでない。これを探すだけでも骨が折れるのに、さらにモンスターを200体討伐しなければならない。そこまでしてやっと地獄の門に到達だ。

「本当に行くのか?」
「もちろん」

「隣の大陸には行けるが、それ以上はできん。宗教が違えば人も違う。」
「十分だ」

「そこまで言うからには何かしらの覚悟があるのだろう。できる限りのことは付き合おう」

「感謝する」

______________________________________

「ただ、アンドロス大陸に行く上での注意がある。」
「なんだ?」

「あの大陸では主にアンドロス教が布教されている。それは、アンドロス大陸ができるときに、戦神アンドロスが関係していることが始まりとされている。まぁ、要するに、アンドロス大陸を戦いから救ったという感じか。」

なるほど、自分たちの英雄を崇めているのか。

「そのせいでいろいろタブーがある。」

アンドロス教典より抜擢
1、戦神アンドロスを冒涜しないこと
2、神に反するものは敵なり
3、転移魔法は使用不可

等々

面倒くさいルールがある。

「まぁ、約束をしている身なので、その程度は守ろう。」
「そうか。では、大陸に渡るための船を用意しておく。ここに、一か月後に来てくれたら、きっと、船を手配しておこう。」

と、一枚の紙を渡される
「助かる」

後一か月か。これは準備期間と見て取ろう。よく考えれば装備などを買いそろえる必要がある。

俺は大通りに歩みを進めた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ