挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
中二病が異世界で無双するようです 作者:かに

冒険編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

13/27

旅立ち

 「少年は満ちたりていた。学問はできるし、運動もそこそこできる。そして、金銭的にも余裕があった。 だが、少年は虚しかった。これまでの人生すべてが空虚に感じられる。なぜなら、少年には周りに合わせて生きていくしか能がなかったからだ。そんな時、闇を振り払うように現れた彼こそが、彼の人生に彩を与えた。それはほんのわずかな希望を提示したに過ぎない。だが、少年の目には希望の塊に移ったことだろう。……」


「ひっぐ、え、っぐ……我が、主、そんなに悲しい過去を、お持ちとは」

朝、食堂に行くと堕天使アザゼルが、ギランドの話を聞いて泣いている。
堕天使が泣かされるとはなかなかない光景だ。

「し、失礼、取り乱しました。出発しましょう。」
「ああ。」

今日、魔王軍の幹部を討伐しに行く。

「み、皆さーん装備とかはいいんですか?」

山本が問う。
「装備は旅の途中で自分に合ったものを見つけるのが一番だろう」
「愚問」
「主の意のままに」


「だからってTシャツ一枚っていうのは……」

「いいから行くぞ!」
「はいっ」

俺たちは馬車に乗る
______________________________________
「馬車というのは、遅いし、揺れるし、不便なものでございますねぇ」
「お前は飛べるからな」

確かに揺れる。そして思ったより遅い。だが、俺は馬車にこだわる。その心は

「なぁ、禁術セイントダークマジックマスターりし者、冒険者っぽくて燃えるぜ」

こういうことだ。

「主、後、一週間はかかりますよ?」
「そうですよ、転移魔法で行きましょう」

「「だが断る!!」」

使い道は間違っているような気がするが、声はピッタリそろっていた。

______________________________________

「宿場町が見えてきました!今日はあそこに泊まりましょう」

「おう。」

宿、その宿は日本の旅館を思い出させるような……あれ?日本語で書いてある?

「なぁ、アザゼル?ここって日本?」
そんなはずはない。だが、懐かしみを感じて一抹の期待を込めて問う

「よくご存じですね!第一次大戦よりもさらに2000年ほど前でしょうか?ここにはにっほんという国があったはずです」

にっほんとかいろいろ違うが、ここには俺たちと同じような異世界から来たやつがいるかもしれない。滞在の価値はある


「おい、見ろよ、、」

ギランドさん、それは……

「ジャパニーズトラディショナル、、フィギュアだ!!!!!」

「うおおおおおおおおおお」

「ど、どうされました?大丈夫ですかッ!?」

「あー、この人たち、ダメな気がするー」
______________________________________


「では、転移いたしますのでよく捕まっておいてください」

「「「はーい」」」

結局転移することにした。だってご神体フィギュアは手に入れたし

「いきますよー、転移魔法テレポートッ」

「「「うあああああ」」」


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ