挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
中二病が異世界で無双するようです 作者:かに

出会い編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

11/27

閑話 モノクロセカイ

ああ、つまらない。

「おはよう!」
「おはよう、昨日ねー……」

考えてみれば面白い筈もない。
こんなつまらない世界、いっそ滅んでしまえばいい。
何が面白くて何のために何をして生きているのか。
理解わからない

「おい、授業始めるぞ」

「号令、きりーつ」

はぁ、なんだろうな。虚無感ともいえる何か。最初からないものは失えないのだが、不思議と虚無感がある。

そう、俺、否、僕の目に映る世界はモノクロだった。
そんなモノクロな世界のモノクロな学校生活を九年間も送っていた。

例えるなら、アサリの味噌汁を謳っておいてアサリが一切入っていない。そんな感じだ。

「つまらない」

唐突に漏らしてしまった
意味のない一言。なぜなら、この思いを誰かに伝えたところで誰かに何かができるわけはないのだ。

「汝、世界はつまらないか?」
「ああ、つまんないよ。」

? その時感じたわずかだが確かな違和感。

「誰?」

これが俺たちの最初の出会いだった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ