挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
中二病が異世界で無双するようです 作者:かに

出会い編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

10/27

語られる過去

「あ、あの、僕のステータス低くないですか?」
そういうのは山本。
「どうなんだアザゼル?」
「はい。人間風情にしては高いほうだと思います。」
「そうなんですか……」

「そんなことより気になることがあるんだが?」
「はい。わが主、何なりと。」

「お前、なんでそんなにステータス高いんだ?」


______________________________________

アザゼルの説明が始まる

「あれは遡ること975000年。第一次種族大戦。今は第二次種族大戦なのですが、975000年前に一次がありました。私は天から追放されてから2000年余りがたっていたのですが、どこの種族にもつくことはなく、独立した派閥を作り上げました。今でいう竜族といったところでございましょう。そうして狩りを続けているとこのようなステータスになりました。」

「では、もう一つ質問する。なぜ、大戦は終わったんだ?」
「はい、それは伝説の魔導書グリモワールを持った人間による終結でございます。彼は魔導書グリモワールに封印された禁断の魔術を用いて大戦を終結させました。その魔術による光を浴びたものはその体から精神に至るまでを焼き尽くされます。」

「それはどこにあるんだ?」
「不明でございます」

なるほど、使ったらなくなる、もしくは封印されるというやつか。

ていうか、アザゼルさん博学ですね。あ、当時を生きたから当然か。

「それよりも、」
ギランドが沈黙を破る

「パーティ名、どうする?」
「僕みたいな低レベルなやつを入れてもいいんでしょうか?嗚呼、足手まといになる気しかしません。」

「じゃぁ、パーティ名は……」


その場の全員が息を飲む

新勢力ニューパワーでどうだ」

「おお、異議なし!」

「無論、異議なしでございます」

「いい名前ですね、異議なしです」

満場一致のようだ


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ