挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない 。 作者:CHIROLU
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

32/213

幼き少女、腕をふるう。

 鍋の中に直接切りながら芋を落としていく。
 これも、野外で料理をする為に練習したのだ。普段『踊る虎猫亭』では、まな板を使うが、旅の間は最低限の道具と洗い物で調理をこなさなくてはならない。それが彼女の師匠であるケニスの教えだった。

 ラティナは芋を切り終えると、自分のリュックから取り出した魔道具で鍋に水を入れた。
 デイルから受け取った薪をかまどの下に入れる。そこにはすでに枯れ草の山が作ってあった。『発火』の魔道具で枯れ草に火を付ける。
 ラティナがてきぱきと動く姿に、デイルも彼女に調理を任せる事を決める。
 周囲を少し整えて、快適に野営を行えるようにする。自分はともかく、ラティナが横になった時に、石でも落ちていたら不快だろう。
 デイルが荷物を整頓している間も、ラティナの調理は続いていく。

 鍋に続けて切りながら入れたのは腸詰めで、ただの肉より良い味のスープが出来る。ラティナはその後小さな容器を取り出した。中身は乾燥ハーブだ。慎重に傾けてスープに入れる。
 最後に調理料を入れて、味を確かめると、こくり。と一つ頷いた。

 続いてラティナは紙包みを一つ取り出した。入っていたパンは普通の物で、日持ちがしないので早々に食べきる必要がある。ナイフを一度拭き、真剣な顔で切り出す。大きな調理用のフォークに刺して火で炙る。
 最後にチーズをパンにのせて更に炙る。トロリと良い加減になった所で、ラティナはデイルの方を向いた。

「デイル。ごはんできたよ」
「ああ」
 非常にシンプルな材料で作られたスープ。
 だが、野外の冒険者たちの食事なんてものは、煮炊きしてあれば上等で、干し肉と堅焼きパンをかじって終了なんてことも珍しくない。
 短時間で、手際良く作業を進める姿には、デイルも感心した。

 鍋から二つの皿によそうと、ラティナはデイルにパンを渡す。
「ラティナ、おいもだけでお腹いっぱいだから、パンはデイルのぶんだけ」
「そうか」
 デイルはスープを掬い、口にすると頬を緩めた。
「旨いよ」
「ほんと? 」
「ああ。パンの焼き加減も丁度良いな」
 デイルに誉められて、嬉しそうな顔をしたラティナは、自分の分を口に運んだ。この子は食べている時は、特にちまちまと小動物を思わせる動きになる。
 可愛い。

「ケニスとパーティー組んでた時も思ったけど、料理上手がいると、旅の間も快適になるなぁ」
「ケニスといっしょ? 」
「ああ。」
 デイルの言葉にラティナはとても嬉しそうだ。
「でも、まだまだケニスのごはんのほうがおいしいの。ラティナ、もっとがんばるの」
 むん。と気合いの入ったラティナの表情に、デイルも笑みを浮かべる。
「少なくとも、俺が作るよりはずっと上手だよ。ラティナの言う通り、この旅の間は、ラティナが食事の係だな」
「うん。がんばるっ」
 満開の笑顔で、ラティナはそう応じた。

 彼女は片付けも手早く終えた。
 その頃には、日はすっかり傾き、食事をしていた頃は夕焼けの色だった空は、真っ暗となっている。
 パチパチと薪のはぜる音を聞きながら、ラティナはコクリコクリと舟をこぎだしていた。
 だいぶはしゃいでいたが、慣れない旅路だ。疲れも出るだろう。
 デイルは微笑んで、ラティナを撫でた。
「無理するな。早めに寝ておけ。明日は早いぞ」
「ん……んん…… デイルは……? 」
「俺も仮眠はとるさ。大丈夫だから、安心しろ」
「……うん。おやすみ、デイル……」

 毛布にくるまるようにして横になったラティナは、すぐに寝息をたてはじめた。すでに聞き慣れた、どこか調子外れな規則正しい音を聞く。

 デイルは穏やかな顔で、ラティナの寝顔を見守る。
 二人だけの旅だ。不寝番をたてる訳にもいかない。彼はいつものように剣を傍らにすぐに取れるようにした状態で、座ったまま目を閉じる。
 何か異常を察すれば、すぐに目を醒ます事が出来る程度には、旅慣れている。

 ラティナの気配が隣にあるだけで、とても穏やかな夜の時間だった。


 朝日が昇るまで、彼らの眠りを邪魔する存在は現れなかった。
 とはいっても、デイルは時折目を覚ましては、消えかけた焚き火に薪を足していた。春先とはいえ、まだ夜は冷える。ラティナを凍えさせる訳にはいかない。
 デイルは目を醒ますと、まず、隣のラティナを見た。彼女はぐっすりと眠っていた。
 たくましいというか、ラティナはどこでも割と眠れるらしい。『踊る虎猫亭』で昼寝させる時もそうだった。
 その後で焚き火の様子を確認する。本来ならばこちらを気にするのを優先するべきだが、無意識下でラティナの方を気にしてしまうようだ。

「……ラティナ、起きろ」
 そっと手を掛けて揺り動かすと、ラティナはもぞもぞと動いた。
「ん……んん? デイル……? 」
「なんだ? 」
 毛布の中から、困ったようにラティナが名を呼ぶのに聞き返せば、彼女は寝ぼけ眼をデイルに向けて、しばらく考え込んだ。

「ふあぁっ」
 ぱちくりと大きくまばたきして覚醒する。
 やはり寝ぼけていたらしい。ラティナはむくりと起き出すと、デイルにぴとっとくっついた。
「ん? どした、ラティナ? 」
「びっくりしたの。いつも、デイルのとなりでねてるから」
 えへへと照れくさそうに微笑む。
「ラティナ。たびのとちゅうだった! 」
「そうだな」
 デイルも笑い返してラティナを抱きしめる。
 ラティナはあんな過去がある為か、時折人恋しくなるらしい。留守番をさせても我が儘を言ったりしないが、それ以外の時はよくこうやってデイルの側に居たがるのだ。

 デイルも不快では無いので、彼女の好きにさせている。
 というか、自分以外の誰かに、ラティナがこんな風に甘えるのを看過するつもりは無い。
 そう思っている程度には、彼の親バカぶりは筋金入りだ。

 ラティナは起き出すと、毛布を片付け、朝食の準備を始める。
 焚き火で二人分のパンを炙り、チーズを切って渡す。
 簡単なものだったが、ラティナが作る朝食だと思えば、旨さは倍増する。

「今日はこのまま街道を進んで、宿場町まで行くぞ。疲れたり、足が痛くなったりしたら、すぐに言えよ」
「うん。わかってるよ」
「まだ食料とかは充分だな……ラティナに、食料の管理もそのうち任せるから、必要な物があったら早めに言うんだぞ」
「ラティナ、やって良いの!? 」
 驚いた様子のラティナに、デイルは真面目な顔を向ける。
「ラティナ、俺に全部やって貰うのは嫌なんだろう? 自分に出来る仕事は、自分でやりたいって思っているんだろ? 」
「うん……なんでわかるの? 」
「そりゃあ、ラティナのことだから、わかるさ」
 デイルはそう言って笑った。この真面目でしっかりものの少女は、そういった自立心も歳相応以上に持っているのだ。
 始めから全部を任せるなんて無謀で無責任な真似はしない。だが、デイルもラティナの賢さならば、どの程度の仕事を任せても大丈夫なのか、しかと承知している。
 彼女なら教えれば、きちんと理解出来る範囲だろう。

「この旅の間、ラティナは俺の相棒なんだからな」
「うん。ラティナ、できることは、やりたいのっ」

 笑顔のやる気充分なラティナを見ていると、不思議な気分になる。
 この子は、この旅の間でどのくらい成長してしまうのだろうか。そんなことを考える。

(……もうしばらく、俺に頼ってくれるままの、小さなラティナでも良いのにな)
 成長を嬉しく思う反面で、そんなことを考えてしまうのは、我が儘だろうか。


 焚き火の後始末をして、馬に再び荷物をのせ、街道に戻るべく歩き始める。
 今日も穏やかな良い天気だ。
あまり豪華な食事を作ると、旅先っぽくなく……だが、シンプル過ぎるとおいしくなさそうで……
加減が難しいです。
以前も書きましたが、このファンタジーは食事に関しての設定は、とてもファジー仕様であります。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ