挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない 。 作者:CHIROLU
24/213

青年、モンスター < ペアレントと化す。( 後 )

後編です。
 血の気を失った白い顔のラティナが、寝台に横になっていた。
 意識を取り戻してはいたが、どこか虚ろな、生気の無い眸が、人の気配にゆっくりと動く。
 息を乱して駆け付けた彼の姿に、灰色の眸が揺らめく。
「……デイル……」
 そして、かすれた声が呼んだのは、彼の名だった。


藍の神(ニーリー)』の神殿は『生と死』を司る。その為、医療技術や病理学、薬学等を研究している機関となっていた。また、その研究結果を、治療院を設けるという形で市井の人々にも還元している。

 ケニスによって、ラティナは治療院に担ぎ込まれていた。幸いにも命に別状はなかった。発見が早く、初期手当が良かった事が奏した。
 そうでなければいかに頑強な『魔人族』といえど、これだけ小さな体から大量の出血をして、無事である筈もない。


「ラティナ……どうして、こんな……」

 震え声で呟きながら、デイルがラティナの頬に手を滑らせると、彼女は表情を歪めた。
「うっ……うぁっ……あっ……」
 意味にならない声を発して、ぼろぼろと涙をこぼす。
「ラティナ……痛むのか? 」
 気遣わしげな声に答えることはなく。
 デイルの手を、ぎゅっと力を込めて握り、泣きじゃくる。
 嫌々をするように首を振った。

「いらないのっ……いらないの……」
 泣き声の合間に聞こえたのは、そんな慟哭だった。
「ラティナ? 」
「『まじんぞく』のあかし、なんて、いらないっ……ラティナ、『角』なんて、なければよかったっ! 」

 ラティナの言葉に戸惑うデイルは、この時まだ、彼女の身に何が起こったかは知らなかった。
 だが、尋常ではないラティナの様子に、迂闊な叱責などはしてはならないと、心の内を戒める。

「ラティナ……ラティナ。どうしたんだ? 何があったんだ? 」
「やだよぉ……どうして、なのっ? 何でラティナ『まじんぞく』なのっ? ラティナ、『まじんぞく』のばしょ(・ ・ ・)でくらせないのに……『まじんぞく』はラティナのこと、いらないのにっ……ラティナのこと、大事にしてくれたの、いてもいいって言ってくれたの『人間族(みんな)』なのにっ……」

 これだけ錯乱したラティナの姿は、はじめてだった。
 それまで自分の本心や弱音を、デイルの前では隠す傾向のあったラティナの、悲痛な叫びが病室内に響く。

「何で、ラティナのじかん(・ ・ ・)だけ、ちがうのっ?
 みんながしんじゃったあとも、ラティナだけ……ひとりだけのこされるのなんて、いやだよぉっ……」

 その言葉に、デイルはラティナが何を知ったのかを察した。
 彼女は、『魔人族』と『人間族』は、寿命という『生まれ持った時間の長さ』が異なることを知ったのだと、直感したのだ。

「やだよぉ……やだよ……ラティナ、何で、何で……? 『まじんぞく』じゃなければよかったっ……
 みんなといっしょにいられないなんて、いやだよぉっ……
 もう、ひとりになりたくないのに……ラティナだけ、のこされるなんて、もういやなのにっ……
 デイルとも、ともだちとも、ラティナずっといっしょにいたいのにっ……
 みんなのいないじかんで、ひとりぼっちになるのは、もういやだよぉっ……」

 --ラティナが傷付き、絶望したのは、直接向けられた『悪意』ではなかった。
『事実』--覆ることの無い『種族の差』という『事実』だった。

 デイルは以前、この『事実』をラティナに告げなかった。
 --『人族』の中で『閉鎖的』な傾向のある『種族』の共通点は、『長寿種』であること。だ。
 命の時間の長さが違うということは、大きな価値観の違いと、ズレを生じさせる。
『人間族の十年』と、『魔人族の十年』は、体感時間も価値も異なるのだ。
 元より持つものの絶対値が異なる以上、歩み寄るのが難しいこともある。


「ラティナ……ごめんな……」
 謝るべきか、デイルにも判断はつかなかったが、咄嗟に口をついて出たのはその言葉だった。

 泣きじゃくるラティナを抱き上げて、しっかりと抱き締める。
 柔らかなラティナの髪に頬を寄せて、まだかすかな血の跡を残す彼女の『傷口』を指先で撫でた。

「苦しめて、ごめんな、ラティナ……」

 ぎこちなく、それでも優しく、背中を撫でる。
 息をするのさえ苦しそうに、全力で嘆き、泣いている少女の苦しさが、ほんの少しでも癒えるように。


 --そして、その後、デイルは、ラティナの身に何が起こったのかを知った。
 自分が先送りにした為に、彼女が『最悪のタイミング』で、種族の差という『事実』を突き付けられたことを。
 彼女が自らの体を傷付けたのは、彼が教えた攻撃魔法だったことを。--ラティナは、その類い稀なる卓越した制御技術で、本来ならばこけおどし程度にしかならない威力の攻撃魔法を、一点のみに集中し、見事に『角』を砕いてみせたのだ。
 --その事実を。



 --だから、これ(・ ・)は半ば、八つ当たりだ。
 デイルは『自分自身』にも、苛立ちと腹立たしさを抱いているのだから。

 彼はそう思いながら、目の前で汗を拭いている、初老の女性司祭に目を向けた。
 自分でも冷ややかであることを知っている『笑顔』を作る。
「噂では、『以前いらした街』でも似たような『事件』を起こされていたそうですね」
 司祭の顔色がますます悪くなる。
 この街(クロイツ)の者が知らない筈の情報だ。無理もない。
 だが、『専門家』のリタがラティナの為に、調べに調べあげた情報だ。
 誰を敵に回したか。もう少し、肝に命じて貰わねば困る。

「『妖精族(エルフ)』相手に事を起こしたとか? あの街(・ ・ ・)は確か、『妖精族』と交流が深く、『妖精族』の『唄』目当ての観光事業が街の主産業であった筈ですが? 『妖精族』が公演をボイコットする騒ぎになったそうですね」

 だから慌てて、遠いクロイツの街へと、転属させたのだ。
 その街にいられなくなったから。
 そして予定外の人事異動に、クロイツの街の『黄の神(アスファル)の神殿』も、大混乱に陥った。
 ラティナたちの担当が変わったのもその為だ。
『その街』の騒ぎを鎮める為に、クロイツの高位神官が、代わりにそちらの街に赴いた。その穴を埋める為にラティナたちの担当だった神官が、任を引き継いたのだ。

 神殿の人々も、まさか大騒動を引き起こし、異動した直後に、また同じような真似はするまいと思っていたのであった。
 だが、当の本人は『自分の主張は間違っていない』と信じきっている。反省する筈もない。何故なら『間違っているのは、自分を糾弾する周囲』なのだから。

「我が加護に於いて、『裁定』の行使を要求する」
「それは……」
 彼の要求は、高位神官に認められた『権限』だった。どの神の神官が、どの神の神官相手に行うことも、可能とされている。
 本日の彼が、『聖印』なんて物を携えて赴いた最大の理由だ。
 デイルが厳かに告げた言葉に、司祭(あいて)が息を呑む。
「『身内』を庇いたい気分もわからなくはないけどな。それでも、これだけの事を仕出かした輩を庇い続けるなら、それなりの覚悟はあるんだろうな」
 デイルは鋭い一瞥と共に釘を刺すと、更に言葉を続けた。
「それが受け入れられないのであれば、『赤の神(アフマル)』の神殿経由で請求するまでですが。そうなれば、一連の事実を知りながら、黙認した他の神官(あなたたち)の責任も問われると思いますがね」

赤の神(アフマル)』は、戦の神であり、調停と裁きを司る神でもある。
 かの神殿は、各土地の法や権力を越えて、『裁き』を下す機関だ。
 そこには無慈悲な程に『適切な裁き』が下りる。

 自分たちの非を自覚する相手にとっては死刑宣告も同義だった。

 --連帯責任で多くの者を罰せられるのが嫌ならば、大人しく当の本人(バカ)の首を切り、責任を取らせろ--
 デイルのしたことを一言で言い表せば、そういうことであった。

 

 --あの時、泣きじゃくるラティナを抱き締めて、デイルは言った。

「……でもな、ラティナ。同じ『人間族』だったとしても、俺はラティナより、きっと先に死ぬよ。……俺の方が歳上だし、俺は何時死んでもおかしくない『仕事』をしている」

 求めていなかった言葉に、ラティナは激しくもがいた。
 彼の言葉を否定するように、認めたくないように、激しく頭を振り、悲鳴に似た泣き声を上げる。
 全身で「嫌だ」と叫ぶラティナを、デイルはしっかりと抱え込む。
 逃がしたりはしないと、腕の中に掴まえる。

「でもな、ラティナ。聞いてくれ。……俺はお前と出会えて、本当に良かったって思ってる。限りのある時間の中を、お前と過ごせて良かったって思ってる」
 彼女の声に負けじと声を張り上げながら、彼は思いを伝えようと言葉を尽くす。

 彼女と出会った時から、自分の人生は大きく変革を迎えた。
 心の底から感謝している。この優しく愛しい時間をくれたのは、紛れもなく、この腕の中のちいさなこの子なのだから。

「俺はラティナと逢えて良かった。そのことは、絶対に後悔しない。……だから、ラティナも、俺と『出会わなければ良かった』なんて、言わないでくれ……」

 泣き顔のラティナがデイルを見上げる。声にならない声で何かを訴えようとする。しゃっくりあげながら、それまでとは違う様子で首を振る。
「……ちが……ちがうのっ……ラ、ラティナ……」
 何度も何度も咳き込み、喘ぎながら、彼女は言葉を紡いだ。
「デイルと、あえて……よかったの……ほんとうに、そうなの……」

「ありがとう。ラティナ。……お前が、それだけ『別れ』が辛いと泣くのなら、それは俺たち(・ ・ ・)が、お前にとって大切な存在なんだということだろう? 俺は嬉しくも思っちまう」
「……うん。デイルはね、ラティナのとくべつ(・ ・ ・ ・)なの……そうなんだよ……」

 泣き顔のラティナの頬に、キスを落としたら、彼女は驚いた顔をした。

 泣き顔より、驚いた顔の方がずっと良い。
 デイルは、悪戯が成功した子どものように、微笑んでみせた。しっかりとラティナと目を合わせる。

「俺はラティナと出会えて良かった。……いつか死ぬ時がきても、俺はきっとそう言えると思う……だから、『その時』まで、一緒にいような? 」
「うん。……ラティナ、デイルとあえて、よかったよ……」
「大好きだよ」
「ラティナも、デイルのこと、いちばんだいすき……」

 ほんのかすかに、微笑みを浮かべた彼女に、途方もなく安堵を感じた。
 この子の笑顔の為ならば、自分は今以上に、頑張ることができる。
 そんな考えを胸の内に抱きながら。

デイルさんが、チート臭いのは『加護』持ちだったからだったのです。
とりあえず、色んな人がいますよね。世の中。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ