挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない 。 作者:CHIROLU
151/209

青年、裏側で行われていた事を知る。壱

 ラティナを離そうとはしないデイルに向かい、ローゼは微笑みを崩さなかった。
「デイル様」
「久し振りだな……ローゼ。ヴァスィリオに来ていたのか」
「その事も含めてお話を致します」
「そうか」
 そこで、沈黙が落ちた。
 ローゼは変わらず微笑みを浮かべてデイルを見ていた。
 無頓着を貫こうとするデイルはともかく、ラティナは狼狽も露におろおろとする。
「デイル様」
「何だ?」
「幾ら婚約者とはいえども、親密に過ぎるのでは?」
「別に、普通だろ」

 ローゼの笑顔は揺るがない。だからこそ、ラティナの狼狽は激しくなっていった。流石のデイルも、一筋汗を流した。
「デイル様」
 声も決してきつくはない。ローゼらしい優しく物静かなものだ。それなのに、妙に座りが悪いような心持ちにさせられる。
「……何だよ」
「公爵閣下の御命令で、私はこちらに参りました。それと同時に、デイル様宛の書状を預かって来ております」
「俺に……閣下からか?」
「いえ。デイル様の故郷からのものだとか。内容は、私も存じております」
「ティスロウから……?」
「当主名代として、一の魔王陛下との会談に臨むようにとのことです」

 ローゼの言葉に、デイルは舌打ちして、ようやく表情をまともなものに戻した。
「婆か……どこまで知ってたんだ?」
「そこまでは私は存じません。私自身も、こちらに来るまでは、ほとんど何も知らされておりませんでした」
 ローゼに応じる姿に、落ち着きを取り戻しつつも、それでもデイルはラティナを抱く腕を緩めなかった。
 ラティナはデイルのその腕にそっと触れた。

「デイル……」
「……はなしたく、ない」
「うん……勝手にいなくなって、ごめんなさい」
 平坦な声音で言うデイルに、ラティナはまた零れそうになった涙をぐっと堪える。
「だから、ちょっとだけ放して……デイルと一緒にいるために、部屋から出れる格好をするから」
「はなさないと、駄目、なのか?」
「あのね……私……あんまりヴァスィリオの服……着方がわからなくて……」
 ラティナの返答に、デイルは少し呆気に取られた顔になった。
「子どもの頃は、簡単なワンピースだったから……今のフリソスの服見ても、着方がよくわかんないの……自分ひとりじゃ、出来なくて……」
 風通しの良さを重視した造りとなるヴァスィリオの服は、ラーバンド国のものとは大きく異なる。釦等はほとんど見られず、ゆったりとした衣類は、どうやって留められているのか、一見してはわかり難い。
 今さっきまで、起きていることすら難しかったラティナは、ヴァスィリオに来てからずっと、侍女に全ての世話をされて過ごしていた。
 どうされていたのか、今一つ記憶にない。
「……そうかぁ」
 苦笑を浮かべるデイルは、元通りに見えて、ラティナは少し安堵する。
「だからちょっとだけ、待ってて」
「ちょっとだけ……か?」
「うん。ちょっとだけ」
 繰り返されたラティナの言葉に、デイルはようやく腕を緩めた。まるで無理に引き剥がすようなデイルのぎこちない動作に、ラティナは気付かない振りをした。
 デイルのそんな仕草を見る度に、胸が苦しくなった。
 息がうまく出来なくなる。それを気取られないように、ラティナは微笑んだ。

「じゃあ……すぐ、戻るんだよな?」
「うん」
 歩き出したフリソスに従い、ローゼたちが退室するのを追いかける直前、更に念を押したデイルをラティナは微笑んで見送る。
 デイルの姿が見えなくなると、ラティナは寝台にぱたりと倒れて、苦し気な呼吸をした。
 ラティナの身体は、まだ本調子ではない。これだけ長く起き上がっているのも久しぶりのことで、既に疲労で全身が気怠い。
 だが今これだけ苦しいのは、そんな身体の不調が理由ではなかった。

「ふ……ぇく……っ」
 ぽろぽろと、今まで堪えていた涙を流す。
 このほんの短い時間でも、自分がどれだけデイルを苦しめてしまったのか、わかってしまった。
 守りたかっただけなのに、うまく出来なかった。
(……わかってた。きっとデイルを苦しめることになるって、わかってた……なのに、私は……)
 ぐしぐしと手の甲で涙を拭って、起き上がる。
 ずっとこんな風に泣いている訳にはいかない。
「"『白金の姫』……"」
「"大丈夫。気にしないで"」
 服を用意していた侍女へと答えると、ラティナは彼女の手を借りて着替え始めた。

 デイルをこれ以上待たせることは、出来ない。
 これ以上、彼を苦しめることは出来ない。
  (私は……どうするのが、正しかったんだろう……)
 胸を締め付ける疑問には、答えはまだ出そうもなかった。

 フリソスがデイルとローゼを連れて行った部屋は、先ほどデイルと交戦した謁見の間ではなかった。
 魔人族の文化としては『上等』の部屋だが、ラーバンド国の文化圏から見ると、非常に質素で飾り気のない部屋だった。
 ベンチのような形状をしている長椅子が壁を背にして設えてあり、その前に石で出来た長方形のテーブルと、低い背もたれの椅子が並んでいた。
 一見するとシンプルな家具であったが、よく見れば脚の部分には彫刻が施されている。
 ふとデイルはあることに気付き、驚いた顔で呟いた。
「この石……珍しいな」
 テーブルに手を滑らせるデイルに、フリソスは、 ほうとばかりに嘆息した。
「わかるか」
「結晶を削り出して作っているのか?……これだけの大きさのものとなると、相当だろう?」
「ヴァスィリオは、気候が厳しく農耕に適さぬ土地も多いが、こういったものは有しておる」
 フリソスに言われて、そう言えば空中から見たヴァスィリオの街並みは、石造りのものも多かったことを思い出す。
 フリソスは長椅子に腰を据えて、デイルに自分の前の椅子を勧めた。その後、ローゼをデイルと同じ並びの椅子に座らせる。

「ヴァスィリオは、人間族の国家、ラーバンド国との国交を求めておる」
 それは、デイルもグレゴールから伝え聞いた話だった。
「この度の『災厄』どもの行動で、『魔人族』全体への不信は高まっておろう。余は民を率いる存在(もの)として、我が同胞(どうほう)を護らねばならぬ」

 魔人族は、長い間、閉鎖的に過ごしていた為に、偏った知識しか他の人族に知られていない。そのことで生まれる偏見が、今後の『魔人族』という種族全体の迫害に繋がりかねないと、フリソスを初めヴァスィリオの首脳陣は判断を下した。
 ヴァスィリオにとって、最も近い国家はラーバンド国であり、彼の国は、この度の『災厄』で大きな役割を果たした国だった。
 ラーバンド国に受け入れられれば、他の国にも働きかけ易くなる。
 これもひとつの好機であると、フリソスはラーバンド国に使者を送ったのだった。

「公爵閣下は、その調整の為に私をヴァスィリオに向かわせましたの。多くが機密でしたので、私自身もこちらに着いてからそのことを知ったのですけれど」
 そう言ったローゼに、デイルは問いかけた。
「ローゼは、貴族階級ではあっても、外交官ではないだろ? 何で閣下はローゼを……?」
「閣下が即座に動かせる人材の中で、私が最も秀でた『魔術士』だったからです。魔法を使うことが出来ることが、最低条件。そして魔術士を名乗る私のような者は、言語の意味に通じていなくてはなりませんから」
「あ……」

 魔人族が母語として用いる言語と、魔法を使う際に使用する呪文言語は同じものである。
 だが、魔法が使うことが出来る者全てが、語句の意味や文法を理解しているとは言い難いものもあった。ただ優秀な魔術士は、臨機応変に魔法を操る為に、魔術言語にも秀でているものだった。
 ローゼをはじめ、護衛にもヘルミネのような魔術士を送ったのは、語学の面で、それが魔人族の国への使者に必要であった為である。

「女王であらせられる『一の魔王』陛下に配慮して、女性であること。更には、ラティナさんと面識があったことが、閣下が私にこの役目を申し付けた理由です」
「え?」
 ローゼの言葉に、デイルは呆気に取られる顔になった。
「何で、ラティナが?」
「私は、デイル様がご存知なかったことに驚いております。閣下の元に『黄金の王』と、ラティナさんとの間に血縁があるということを伝えたのは、クロイツの『踊る虎猫亭』だったそうですよ」
「は?」
 更に呆気に取られたデイルに、ローゼは念を押すように繰り返した。

「恐らく現在のラーバンド国内で、最もヴァスィリオの詳細な情報を有しているのは『踊る虎猫亭』ですもの」
「……は?」
 デイルが、彼の預かり知らぬところで、『虎猫亭』の面々が暗躍していたことを知った瞬間であった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ