挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない 。 作者:CHIROLU
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

124/213

青年、選ぶ。

 やがて口を開いたラティナは、なんとなく叱られた後のような、しゅんとした顔をしていた。
「本当はね……デイルに、気付かれちゃうなんて、思わなかったの。だから、もっともっと後に……心の準備が出来たら、話そうって思ってたの……」

 初心者『魔王』の彼女自身も、色々心の準備は出来ていなかったらしい。
 こちらも非常に動揺したのだが、『見抜かれてしまった』彼女にとっても、大混乱な事態であったようだ。何だか申し訳ない。

「私は、『魔王』だけど、『(ことわり)の外の魔王』だから……ほとんど『ちから』らしい『ちから』は持って無いの……でも、全ての魔王が持つ……魔王にだけ、赦されている『能力』がある……」

 そして、彼女は、ゆっくりと言った。
「魔王は、自らの眷属をつくることが出来る」

 --魔族。
 魔王に従う、魔王の眷属。あらゆる種族の者から、--ひとだけでなく幻獣や亜人といった、知恵あるものならば、どんな種族からも--『生まれる』存在。
 それは、外見に『元の種族』との変化は無くとも、比べものにならない程の、強大な『ちから』を有する存在だった。

「それは……」
 ラティナはそこで、再び言い淀んだ。
 デイルは促すように、彼女の髪をそっと撫でる。泣きそうな顔をしたラティナは、デイルを潤んだ眸で見上げた。
「それは、私の『願い』を叶えることの出来る……唯一の可能性だったの」
「お前の……願い?」
 ぎゅっ。と、ラティナはデイルの服を掴む。幼い頃からの彼女の癖に、デイルは彼女の不安を感じ取った。

「魔族は……魔族なら……『定められた時間』という理を、変えることが出来る……だから……だから、私は……ダメだってわかっていたのに……それなのに……ごめんなさい、ごめんなさい……」
 ぽろぽろと、泣き出しながら、彼女は再び謝罪の言葉を繰り返す。
 小さく嘆息して、デイルはラティナを抱き締めた。
「……それ(・ ・)が……『俺が理由』である訳か……」

 彼女がずっと、『人間族』である自分と、『魔人族』である己の、『寿命(じかん)の差』に思い悩んでいることは、知っていた。
 だが、それはどうすることも出来ないことであったから--いつか訪れるその時が来るまで--そして、その後の時間に委ねて--流れる時間に任せるしかないことだとも思っていた。
 諦めるしかないことであったから。

 けれども彼女は、諦めなくても済む方法を、差し出されてしまった。
 必ず訪れる永久の別れを、孤独を、絶対のものにしなくて済む方法を見出だしてしまった。
 ずっと切望していたその唯一の可能性を目の前にして、彼女は、ようやく得た幸福をこのまま失ないたくはないと、望んでしまった。
 本来の種族の能力を遥かに超える『魔族』は、その寿命すら、元々持つものと変質する。主である魔王に付き従える時間を与えられる 。
『魔族』となれば--元が『人間族』であっても、『魔王(あるじ)』と同じ時間を生きることが出来るのだ。

「俺のせいで……」
 呟きかけて、首を振った。
「俺の()に、『魔王』になったんだな」
「私っ……ごめんなさい、デイル……ごめんなさい……」
「謝らなくて、良い。謝らなくて良いんだ……」
 きつく、抱き締める。揺れ動く心の中から、言葉を探した。
「ラティナは……俺を、『眷属』に、したいんだな……?」
「っ!」
 デイルのその言葉には、何故だか彼女は、大きく目を見開いた。
「ラティナ……?」
 ぷるぷると、首を横に振ったラティナに、デイルが驚いた顔になる。

「……デイルに、『人間族じゃないもの』に、なれなんて、言えない。『理から外れたもの』に、なれなんて……言えない……」
「…………」
「『可能性』を否定しきれなくて、弱い私は手を伸ばしてしまったけれど……だからといって、大好きなデイルを……私が『違うもの』になんて……出来ないよ」

 その返答に、何故か笑いがこみあげた。
 すとんと、あるべきところに、『答』が嵌まった感覚がした。
 もう一度、彼女を抱き締める。柔らかな白金色の髪に顔を埋め、優しい甘い香りを感じる。
「……デイル?」
「ラティナは、ラティナなんだな」
 変わっていなかった。彼女は、自分の大切なラティナのままだった。

 なら、自分も『自分』のまま、変わることはないだろう。

「良いぞ」
「……え?」
「俺を、ラティナの眷属に……『魔族』にしても構わない」
 自然に微笑むことが出来た。作った笑顔では無く、心の底からそうすることが出来た。
「俺も、ラティナを『独り』にはしたくない」

 それならば、『それ』は、自分にとっても選ぶべき『選択肢』なのだろう。

「ダ……ダメだよ……デイルっ」
「何でだ?」
「だって……だって……」
 こんなにあっさりと、『人間(ひと)をやめる』という発言をされたラティナの方が、真っ青になる。慌てふためいて、デイルを説得しようと試みる。
 本来ならば、立場が逆では無いのだろうかと思えば、更に笑いがこみあげそうだった。その『ちから』が欲しくて、求めてしまった後でも、彼女は自分を慮っていてくれる。こんな優しい彼女が--自分は、本当に大切なのだ。

「俺は、ラティナと同じ時間を生きたい」
 だからデイルは、自ら望んでみせた。
「ラティナが俺が良いと言ってくれる位に……俺もラティナが、大切なんだ」

 そのデイルの言葉に、ラティナの灰色の眸から、抑え切れなくなった涙が溢れ出す。ただ、彼にすがり付いて、声をあげて泣きじゃくった。
 優しい言葉に。赦されたことに。そして、『願い』が叶う喜びに。



「デイルだけ、デイルだけで良いの」
 新たな『魔王』となった彼女は、そう言って泣き顔に微笑みを浮かべた。
 大切なひとは、彼女にはたくさん居る。それでも、その全てのひとと、共に在れるとは思っていない。それを求めてはいない。
『魔王』が神に類するちからを持っていても、万能ではない。
 だからこそ、彼女は、彼だけを求めた。
 うしないたくない、最愛の存在に、共に在って欲しいと願った。

「約束しただろ? 俺の最期の時まで、一緒にいようってな。だから、これも全部『約束』の中のことなんだ」
「ごめんなさい……」
「謝らなくて良い。俺自身が選んだことなんだからな」
「……ありがとう、デイル」

 ラティナは、そっと、手を伸ばした。
 自分よりも、大きな彼の手を握る。
 それを、頬に寄せて眸を閉じた。
 これは、自分を救いあげてくれた、手だった。
 あの時、彼が差し出してくれたこの手に、自分は命も--心も、救われてきたのだ。
「私の最大の幸運は、デイルに、救われたことなの」
 あの時彼と出逢っていなければ、あの時出逢ったのが、彼以外の他の誰かだったとしたら--今の自分は無かった。
 今、幸せだと言えるのは、全てあの時に彼と出逢ったから。自分の幸せは、全て彼が呉れたもの(・ ・)だった。

 暖かな手のひらの感触に、自分は何度も救われた。
 手を繋いで歩いたこと、全てが、自分にとって大切な思い出になった。

 だから、そこに
 --自分と彼を『繋ぐ』象徴であるそこに--

 ()もしくは零(・ ・ ・ ・ ・)の数を冠する『理の外の魔王』たる、彼女は--

 自らの眷属としての新たな『名』を--『魔族』としての名を、刻んだのであった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ