挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない 。 作者:CHIROLU
116/209

黄金の王と、白金の--

 もう、この『場所』に『来る』のは、何度目だろうか--と、『彼女』は考える。

 全ての光(しろ)と、全ての色(くろ)もて、全てが在る世界。
 その中の空位(・ ・)となっている唯一の『玉座』の前。

 何度も、何度も繰り返し訪れた。
『自分』が『決めてしまった』時から。
 叶わぬ想いだと、心の何処かで思ってもいた幼い頃からの『願い』。それを、受け入れてもらった『あの時 』に--『自分』は、決めてしまったのだ。
 そして、それが『条件』だった。

 ふと、目の前で『ひとつめの玉座』に気配が満ちる。
 天を仰げば、『七色の虹』が十重二十重と、『世界』に新たな王の誕生を告げていることを『理解』する。

 --色濃くなった『気配』を、『自分』はよく知っていた。
 だからこそ、呟いた。
「"おめでとう。……『魔人族(わたしたち)』が戴きし、新たな王。"」
 返事が、聞こえたような気がした。『自分』がこのひと(・ ・ ・ ・)の声を聞き誤る筈がない。
「"『黄金』の名を持つ、新たな王。『予言』通りに……あなたが『選ばれて』本当に、良かった。『選ばれなかった』のが、私で、本当に良かった……"」
 更に『聞こえた』返答に、静かに首を左右に振る。
「"ううん。本当に良かったの。私は大丈夫だから。王と成るべきはあなただった。だから……"」

 そう、呟いて『彼女』は、
 七つの(・ ・ ・)玉座(・ ・)の中心に現れた、新たな(・ ・ ・)玉座(・ ・)に視線を向ける。

「"この『玉座(ちから)』を、求めたりしたりしないから……大丈夫だよ"」

 零、もしくは八と呼ぶべき『理の外に在る数』を、冠する『玉座』の前で、『彼女』は、そう、呟いた。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ