挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない 。 作者:CHIROLU
1/206

序 虹の見守る世界で

 君が生まれた時、空には大きな虹がかかっていたんだ。

 そうだよ。虹は全ての『ひと』が七色で呼び表すんだ。言葉も、文化も違うのにね。
 それは虹が、世界の意思でもある大いなるもの--神さまの一端だからなんだよ。神さまは七柱存在しているんだ。『七色の神』と呼ばれているのがそうだよ。

赤の神(アフマル)』は戦の神だ。調停と裁きの神でもある。困ったことがあったら、ここの神殿を頼ると良い。
橙の神(コルモゼイ)』は豊穣神。うん。たくさん作物が育ちますようにって……一緒にお祭りも行ったね。
黄の神(アスファル)』は学問と支配者の神。ここの神殿は、勉強するためにたくさんのひとが集まっているんだよ。君も、頭が良いから、そこで学ぶのも良いかもしれないね。
緑の神(アクダル)』のもとには、旅人が集まる。そうだよ、世界は凄く広いんだ。君が見たこともない、たくさんのもので溢れているんだよ。
青の神(アズラク)』商業の神。君は大人になったら、どんな仕事に就くのかな。
藍の神(ニーリー)』死と生を司る神。病や薬の研究もしているんだ。病気には魔法は効かないからね。よく気をつけるんだよ。
紫の神(バナフセギ)』 神々の統率者にして、創造と破壊。そして再生を司る神なんだよ。

 虹は、神さまが地上を見守っているときにかかるんだ。
 君は、神さまに見守られながら生まれてきたんだよ。

 だから、大丈夫。
 君は幸せになれるはずなんだから。幸せになって良いんだから。
 大丈夫だよ。

 ほら、虹が出てる。
 君は運命に護られている。

 どうか、どうか。幸せに。

 ぼくも、これからは、虹の向こうで見守っているから。

長編予定のファンタジーとなります。
見切り発車の感はありますが、構想の終着点まで書き上げれられるように、努力して参る所存にございます。
是非、お付き合い頂ければ幸いと存じます。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ