挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

向山葉子の小説

サーカス

作者:向山葉子
   サーカス

                    向山 葉子


『サーカス、来る!』と大見出しのついた折り込み広告の文字が目に飛び込んできた。私はとっさにそのサーカス団の名前に目を走らせた。『Bサーカス』という外国の有名なサーカス団の名前が記されてあった。もちろん、私が期待した名前ではない。サーカス、という言葉を私はかつてある一時、熱病に取り憑かれたように(実際熱があったのだが)繰り返し思っていた時期がある。そのサーカス団の名は、茂草サーカスといった。初めにその名を私に伝えたのは、仲良しの笹美ちゃんだった。私達は同じ小五で、家も近く、よきライバルでもあった。
「サーカスが来るんだって。三丁目の児童公園。茂草サーカスっていうのよ」
 色とりどりに印刷されたビラを見せて、笹美ちゃんはそう言った。真ん中に玉に乗ったピエロが描かれており、上にはブランコに足を絡ませてさかさになった少女が笑っていた。下には古風な文字で、本邦初公開の至上の芸の数々、茂草サーカス、と書かれてあった。だがその三日後、公演初日に私は四十度近い熱を出して寝込んでしまった。しかたなく笹美ちゃんは一人で行くことになった。
 笹美ちゃんは、紅潮した頬で帰ってきた。すごい、すごい、を連発しながら。
「鏡を通り抜けたりするの。女の子がね、初めは手を鏡の中に入れたり出したりするの。それから、体ごと入っちゃうんだから……」
 ……大きなテントの入り口で赤と銀の縞模様の派手な衣装をつけたピエロが盛んに手招きをしている。左手に持った糸の先には、赤や黄色や青や水玉や紫や様々な風船が揺れている。ピエロは子供達におどけた仕種でそれを渡している。風が吹く。一つの風船が群れを離れてふわりと浮き上がる。あ、と私は声を上げる。私が一番欲しかった銀地にピンクの水玉の風船だったのだ。私は遠ざかっていく風船をいつまでも見つめている。
「嬢ちゃん、あれがよかったの? ああ残念だったね。でもご喝采。あれなら中にいっぱいあるよ」
 ピエロは私の頭を撫でなから優しく言う。
「一緒に入ってみる?」
 私は頷く。ピエロは私の手を取って、皆が入っていく入り口とは違う小さな入り口に誘っていく。中はとても暗い。私はちょっと躊躇う。がピエロが背を軽く押すと私は闇の中に吸い込まれてしまった。滑り台を滑るようにどんどん落ちていく。突然明るくなる。私の欲しかった風船が一面にふわふわと舞っているその上に私は落ちてきたのだった。
「やあ、待っていたよ。早速練習だ」
 肩幅の立派な背の高いお兄さんが、私の手を取る。斜めに張った綱がずっとテントの頂上(それはずっと高くて見えない程だ)まで続いている。これを登るのだという。私は出来ない、と首を振るのだが、お兄さんはもう見本を示そうと綱の上である。お兄さんの足は魔法の足だ。長い足指を器用に綱に絡めて登っていく。お兄さんは手招きをする。私は首を振る。手招きする。手招きする。優しい笑顔で。私は靴と靴下を脱いで、仕方なく綱の前に立つ。
「ホラ、そんな長い足の指を持ってるんだから大丈夫。乗ってごらん。君はすぐスターだ」
 私はおそるおそる綱に足をかける。不思議なことだ。私の足はすぐに綱に馴染んでしまった。まるで綱の方で、私を登らせようとしてくれているようだ。私は嬉しくなった。今までこんなに上手く出来たものがあったかしら? すいすいと私は登っていく。お兄さんが待っていて、私の手を柔らかく握ってくれる。あったかい手。私の不安は微塵になる。胸を張って堂々と、私は登っていく。突然、スポットライト! きらきら光を蒔くミラーボール。私の服をお兄さんがつっと引っ張ると服はばらけて、華やかな縫い取りのある紗の衣装に早変わりする。鳴り響くドラムの音。
『天才少女による縦綱渡りの妙技! 本邦初公開! 上手くいきましたらご喝采!』
 私は微笑む。息を詰めて見つめる観客の顔、顔、顔。やがて頂上まで辿りつく。そこで私とお兄さんは煙のように消えるのだ……。うねるようなどよめき、鳴り止まない拍手――
 ――私は四日も夢現だった。熱が引いてから、笹美ちゃんが引っ越していってしまったことを聞いた。枕元には銀地にピンクの水玉の風船が天井につっかえながら糸を垂らしていた。笹美ちゃんのプレゼントだった。
 児童公園には、もうサーカスの跡形もなかった。紙吹雪に使ったと思われる紙屑が僅かに風に吹き上げられているばかりで。老人が一人、近付いてきて言った。
「嬢ちゃん。もうサーカスは行っちまったよ」
                      (了)
掌篇小説『サーカス』向山葉子
【初出】『月刊武州路』平成二年一月号(通巻一九七号)
【再録】『西向の山』平成十五年七月五日
(C)1990 Mukouyama Yoko

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ