挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
王子さまと委員長  作者:塚原 蒔絵
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

8/15

Side ―委員長―

 バスケットコートにボールを投げると、ゴールを阻むようにしてある枠に跳ね返されて戻ってきた。
 もう一度投げると次はボードにあたって違う場所に跳ね返ってしまう。
 にらんでも、あのゴールが動いてくれるはずもないけど、にらまずにはいられない。
 どうして球技はこんなにも難しいんだろう。
 後ろの木陰にあるベンチでは、亜子ちゃんがあくびをかみ殺している。
「ちぃ、まーだ?」
「もう少しでコツがつかめそうなの」
「もう少しって、昼休み終わるわよ。屋上行くんじゃないの? いーのかなー、屋上には木島くんがいると思うんだけどなぁ」
 う、後ろから誘惑の声が聞こえる。
 けどだめ! 誘惑には負けない。あと五回は練習を! 
 あの小さな穴にゴールが決めることができたら、わたしにもっと自信がつく……はず!
「でもさ、なんでバスケ?」
 亜子ちゃんがボールを拾って歩いてきた。
 スリーポイントラインから構えて、投げる。
 ボールは綺麗に放物線を描いてポスっと決まる。
「やりぃ」
「……」
 わたしがどれだけ頑張ってもできないことを軽々とやりのける亜子ちゃん。
 憧れで、すごく自慢だけど……
 ガッツポーズも似合ってるけど。
「ね、ちぃ。人には向き不向きがあるでしょ」
「……うん」
「あたしね、自分の一番苦手って思ってるものには手を出さないの。どうせダメだろうって思うから。失敗とか、挫折とか、味わうの嫌いなの」
 ボールを拾って、パスしてくれる。
 受け取ると硬いボールの表面が手のひらに痛かった。
 ゴールを狙って投げてみる。
 結果はやっぱりはずれ。
「ちぃはすごいなって思うのよ。球技、一番苦手でしょ」
「わたし、できないこと多いから」
「でも苦手なものに努力できるでしょ? そゆとこ、結構あたし好きよ」
「亜子ちゃんだって努力してるよ。わたし知ってるもん、中村くんのためにお化粧勉強してるのとか、ファッション雑誌見てるのとか」
 昔の亜子ちゃんはそのままで綺麗だったけど、今はそれに輪をかけて綺麗。
「あー、中村のためとか、ないから。それだけは絶対ない。あれは趣味」
 恥ずかしがってそっぽ向いちゃった。
 美人で、なんでもできて、憧れの対象だけど、こういうところはすごく可愛い。
「恥ずかしがってない!」
「わたし、なにも言ってないよ」
 持ってたバスケットボールが奪われる。
「もー、いいわよ。ほら、屋上行くから。おいてくわよ」
「ま、まって!」
 亜子ちゃんがバスケットボールを所定の位置に戻すと、髪をなびかせて歩いていってしまう。
 その後を追いかけるように、わたしは購買部で買ったパンを持って走った。


 屋上に着くと、中村くんが手を振ってくれた。 
 中村くんの隣には木島くんが寝てる。
 亜子ちゃんがすごく怖い顔をした。ので俊敏にそれを感じ取った中村くんが脱兎のごとく場から離れた。
 木島くんは気づいてないのか、なにかを言っている。
 もう少し近づけば聞こえるんだけど。
「俺、好きなんだろうなぁ」
 そう言って、どこか嬉しそうに微笑む木島くん。
 誰をという言葉はなかったけど、その場でわたしの足はとまる。
 だってびっくりしたし、いきなりだったし。
「木島くん、好きな人いたんだ」
「そうそう、可愛いんだ」
 可愛い子。誰だろう。綾瀬さんかな。昔木島くんにラブレター渡してたし。
「そ、っか」
 声に、覇気がでない。ダメだ、落ち込んでるところなんて見せたら気を遣わせちゃう。
「俺も今まで気づかなくてさ。でもやっぱり考えてみたら俺、いい――」
 急いでがばりっとこっちを向く木島くん。
 なんだかマズイって顔をしてる。
 わたしが聞いちゃダメなことだったのかな。
 そう思うと食欲がわかなくなってしまう。
「へー、いたんだ、好きな人。だってさ、ちぃ」
 亜子ちゃんがわたしを後ろから支えるように抱きしめてくれる。
 そうしてくれるから少しだけ自分を保てた。
 そうだよ、木島くんにだって好きな人くらい、いる。
「亜子ちゃん、木島くんだってもてるんだよ。ラブレターもらってたし、この間」 
「へー。もててるじゃない、木島くぅん」
「あれ、きちんと返事してあげた?」
 こんなこと、訊きたいわけじゃなかった。
 でも他になんて言っていいのかわからなくて。
 そっか、メガネとかはないほうが好みなんだ。
 じゃあわたしは、候補外だ。
 ……その後は、なにを話したのかあまり覚えてない。
 空が青くて綺麗だったけど、それを見ようとは思えない。
 ぐうって鳴るお腹の音は聞こえたけど、確かにお腹は空いてるんだけど、パンを食べたいとも思えなくて。


 頑張ってたときの自分が無駄になんかならない。
 バスケットだって少しはうまくなれた。
 自分で自分を変えようって思える、そのための目標は木島くんだから、木島くんが誰を好きでも、わたしが勝手に想うのは、迷惑じゃないよね。
 ちょっと泣きそうだった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ