挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
王子さまと委員長  作者:塚原 蒔絵
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

6/15

Side ―委員長―

 ジョンがジョン二号になってから、木島くんと話をすることがなくなった。
 一緒にいれた間、少しは仲良くなれたと思ったけど、それでもなにも話題がないまま話しかける勇気はなくて。
 校門を過ぎると同じ制服を着た生徒が足早に歩いている。少し前にいた亜子ちゃんがわたしに気づいて駆け寄ってきた。
「ちぃ、メガネ直ったの」
「うん、この子はジョン二号」
「……ちぃのメガネって、全部ジョンになるの?」
「うん」
 あ、木島くんだ。友達かな? 男の子と話してて、嬉しそうに笑って。
 髪の毛、寝坊でもしたのかな、少しだけ外はねになってる。
 わたしのは……よし、大丈夫はねてない。
 と、木島くんが相手の人を小突いた。小突き返されて……仲よさそう。
「ちぃ? おーい」
 亜子ちゃんが目の前で手を振る。
 けど、その先に木島くんがいるから、つい視線がそっちに向いちゃって。
「いいなぁ、男の子」
 言葉がこぼれた。
「はい?」
「な、んでもないよ」
 平然を……装えてないかもしれないけど笑顔で手を振ってみる。
 もう話をする機会もないんだし、いつまでも見ているのは失礼。
 そんな理由をこじつけて木島くんから視線を外した。


 話す機会がないのなら、いつかは忘れる。
 そう思っていたのに、神さまは急展開が好きなようです。
 劇の台本にある、大どんでん返しっていう展開は好きだけど、それはお話の中だからで、現実の世界でそんなことが起こると対処に困る。
 今だって、大どんでん返し! なんて大げさなものじゃないけど、
「見てるこっちの気が気じゃないから。どこまで?」
「……教室まで」
「ん」
 うなずいて軽々と、木島くんはわたしが持っていたダンボールを持ち上げてしまう。
 見上げると、綺麗な顔が見えた。男の人に言うのもどうかとは思うけど、美人さんだ。
 どうでもいい会話をしていると、すぐに教室に着いてしまう。
 とたん、待ってましたと言わんばかりに雨がザーザーと降りだす。
(傘持ってきてないのに……走るしかないかなぁ)
 雨音はその強さを増すだけで、弱まる気配を見せず、わたしはただぼんやりと窓の外を眺めていた。
 お姫さまがピンチなときは王子さまが現れて、カッコよく助けてくれるけど。
(雨の中、向かえにきてくれるのはお母さんくらいかなぁ。あでも今日はバーゲンの日だし。大丈夫かなお母さん、濡れてないといいんだけど)
「委員長、今日の用事はこれで終わり?」
「うん」
 どうやって帰ろうかな。なんて考えてたらいきなり木島くんに腕を取られて、
「一緒に帰ろう」
 微笑まれてしまった。
 ……まずいよ、顔が赤くなる。
 どうしてそんなこと言ってくれるのかとか、やさしいのが嬉しいとか、でも恥ずかしいとか、全部顔に出そうでうつむく。
「ほら、鞄とって来る。おいてくぞ」
「あ、ま、まって」
 急ぐふりをして鞄を取りに走るとき、喜びで緩んでいる顔を見られていないかだけが、それだけが心配だった。


 一緒の傘に入って帰る。
 外靴に履き替える前によったトイレの鏡では、変な箇所なかったはず。
 臭いとかも、くさくない。髪、はねてない。リボン、歪んでない。よし!
「委員長、ちぃって呼ばれたいのか?」 
「え!?」
「……え?」
「え、や、えっと、な、なんでも、ないです」
 名前、呼んでもらっちゃった。
 本当にまずいよ、顔が尋常じゃないくらいに赤いし熱い。
 反撃と称して木島くんを蓮くんって呼んでみると、木島くんも照れた。
 そんな些細なことに、木島くんのほうを向いちゃう視線を外すのが大変で。
 わたしのことを見てくれるはずないって分かってるけど、それでも溢れてくる嬉しさはとまらなくて。
 目の前にある幸せ。
 掴めそうな彼の手。
 もしわたしがもっと綺麗で、なんでもできて、自分に自信があれば、その手を掴もうと腕を伸ばしたんだろう。
 けどそんな勇気はなくて、見上げるのが精一杯で。


 相変わらず雨はやまない。
 二人で入っている傘は二人で入ると小さくて、見上げると木島くんが見える。
 他の人にも同じように笑ってやさしいんだろうなって、そんなことを考えたら少しだけ胸が痛んだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ