挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
王子さまと委員長  作者:塚原 蒔絵
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

3/15

Side ―委員長―


 最初はかっこいいなぁって、遠くから眺めてそう思えた人だった。
 木島 蓮くん。
 身長は高くて、スタイルもよくて、女の子の中では少し有名な人。
 きちんと話をしたのは、木島くんが空から降ってきたとき。


「アイ・キャン・フライ!」
「飛べるだろうけどヤバイって、下に人が――」
 嬉しそうな声と、あせった声が両方聞こえて、見上げると誰かがこちらに落ちてきているのが見えた。
 それは見間違いじゃなくて、落ちてきているのは木島くんで、あのときは木島くんの背中には翼があるんじゃないかって、本気で考えた。
 だって翼があったら空も飛べるから。
 近くで顔を見て、声を聞いて、息がとまるかと……や、あのときは息とまってたよ、うん。
 で、わたしのメガネが壊れて、直せそうにないほどに壊れて、怒り狂った亜子ちゃんのこともあり、木島くんがわたしを家まで送ってくれることになった。
 初対面の人に送ってもらうことに申し訳ない気持ちでいっぱいで、自転車もこぎにくそうにしてる。
「木島くん、わたし、降りるよ」
 坂道だし、降りればこぎやすくなるはず。
 でも木島くんはペダルを踏むだけで、とまる気配をみせない。
「乗ってろ、大丈夫!」
「重いから」
「重く、ない!」
「でも、しんどそうだし、汗だって」
 わたしが重いからしんどいんだ。
 昔、男の子にデブ! って言われたことあるし。
 だから――
「委員長!」
「はっ、はい!」
「しっかり捕まって。下るぞ」
 嬉しそうな声が耳に届いて、風が頬に当たる。
 上り坂が終わったんだ。
 下り坂をタイヤが回る音が聞こえる。
 太陽が暖かくて、周囲のざわめきが新鮮で、目の前に木島くんがいるのが信じられなくて、自転車を降りるなって言ってくれたことがとても、嬉しかった。
 ジョンが壊れていてよかったと思う。
 だってもしきちんと見えてたら、逃げ出してたよ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ