挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
王子さまと委員長  作者:塚原 蒔絵
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

13/15

12

Side ―委員長―

 夢で、亜子ちゃんと二人で帰ったときの嫌なことを思い出した。
 男の人たちが喋りながら歩いていて、学生証を落としたから届けたら「お前じゃないっての、ブス。橋本に拾ってもらいたかったのに」って言われた。
 亜子ちゃんは怒り狂って、男の人たちを平手打ちした。
 わたしは、どうしてだか自然に納得しちゃって、怒る亜子ちゃんをなだめていた。
 けど、きっと違ったんだ。
 嫌だったんだ。
 ブスって言われて、悲しかった。
 だけど、ああそうなんだって認めてしまったら傷つかないって、自然と心がそう思ったんだ。
 頑張らない自分なら、出来が悪くても納得できる。
 できる人は、見えないところで頑張ってるんだって知ってたけど、同じようにやっても効果なんて出ないって最初から諦めて。
 でも、頑張ってみようかって思える人に出会えたの。
 こんなわたしでも、可愛いって言ってもらえるように。
 嫌いになられたくない。そっぽ向かれたくない。
 あの笑顔がわたしだけに向けられるものじゃなくても、わたしは――



「ごめんなさい、亜子ちゃん!」
 90度に近く腰を折って謝罪をする。
 目の前には亜子ちゃんがいる。
「合宿で、いっぱいひどいこと言ってごめんなさい」
「もういいよ」
「よくない。これは、絶対よくないことだよ」
 亜子ちゃんが困った顔をしている。
 その瞳には、まだ不安が見えている気が……する。
「ちぃ、あのとき言った言葉、ホントに思ってたの?」
「……うん、思ってた」
 最初からできる人はずるいって、思わない日はきっとないんだ。
「わたしね、亜子ちゃんのこと自慢だよ。でも、同じくらい羨ましいの。だから、ひがんだりするの。嫌いじゃないよ。そうじゃないの、でも、でもね!」
「分かった。ちぃの話はまとまりないけど、なんとなく分かったから。あたしのこと、嫌いじゃないのね?」
 ずいっと近寄られて訊かれる。
「も、もちろんです!」
「傍にいるの、嫌じゃないのね?」
 指差して確認される。
「もちろんです!」
「そ。……あたしもちぃが嫌いなときあるけど、好きよ」
 ふわりって笑う亜子ちゃんはすごく綺麗で、でも可愛くて。
「亜子ちゃん!! ……ほれていいですかっ!」
「それは木島くんだけにしときなさい。今度、化粧の仕方教えてあげるわ」
 変わりたいって思えた。
 そのきっかけをくれた人が、わたしを背に背負ってくれた記憶がある。
 あのとき、木島くんは――
 あれは、夢なのかな?
 バスッケットボールがゴールに入ったら、大きな一歩を踏み出せる気がする。
 決めてあるんだ、ゴールが入ったら――

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ