挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。
この連載小説は未完結のまま約1年以上の間、更新されていません。
今後、次話投稿されない可能性が高いです。予めご了承下さい。

Valkan Raven

作者:待草雪
終わる兆しの見えない長年の不景気の中、荒んでいく一方の人々の生活と心は、いつしか歪んだ現実から目を背けるか、自らも歪むかのどちらかとなっていた。不幸な半生により存在価値を見いだせなくなっていた少女は、現実逃避の中で偶然にその世界に行く為の片道切符を手にすることになる。謎多き殺し屋に導かれ、今までの全てを捨てた時、彼女は「生きる」という行為の本当の意味と、覆い隠したくなる程の「人間」という生き物の真実を目の当たりにする。これはこの日本という国に存在している、生と死と絶望と希望が渦巻く「排他された数字の世界」の物語。
#1
1-0
2014/01/01 20:08
1-1
2014/01/01 20:16
1‐2
2015/01/18 16:30
1‐3
2015/01/18 17:55
1‐4
2015/01/18 19:06
1‐5
2015/01/18 20:49
1‐6
2015/01/18 21:34
#2(未冊子化・執筆途中分)
2-0
2014/09/06 13:30
2-1
2014/09/06 13:57
2‐2
2015/12/19 22:45
2‐3
2015/12/19 22:50
2-4
2015/12/19 22:56
2-5
2016/02/13 20:59
2-6
2016/11/22 02:18
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ