挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 作者:鬼影スパナ

お見合い話

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

256/290

閑話:シャボン玉

(このあいだやった人気投票結果の上位者でSSを描きました。短い閑話です)

シャボン玉とロクコとニク。

 その日、行商人からおもしろそうな物を仕入れたロクコは、それを見せびらかす相手を探していた。
 そして裏庭で鍛錬しているニクを見つけた。

「ねぇニク、ちょっとこっち来なさい」
「なんでしょうロクコ様?」

 ロクコはおもむろに小瓶と、細長い小筒を取り出した。
 飲み物かと思ったが、そうではないらしい。

「スパナ商店とかいう変なもの売ってるトコから仕入れた、シャボン玉という遊び道具よ!」
「シャボン玉……」
「いい、こうやって遊ぶのよ」

 ロクコは筒の先端を小瓶の中身の薬液に一度つけ、取り出し、薬液がついていない方からそっと吹いた。
 すると、ぷくぅ、と泡が反対側に生まれ、ふよふよと揺れながら大きくなり――
 そして破裂した。

「どうよ! 今のシャボン玉はなかなか大きかったでしょう」
「はい、虹色できれいでした」
「でもこれ結構難しいのよ。大きくするにはコツがいるの。ほら、やってみなさいニク」

 そういってロクコはニクに小瓶と細筒を渡す。
 ニクは先ほどのロクコの真似をして薬液をつけ、ふーっと吹いた。
 すると、小さいシャボン玉がぽぽぽぽ、と生まれた。

「あっはっは、強く吹きすぎよニク。大きいのを作るにはもっと優しく吹くと良いわ」
「むぅ、難しいですね。でも小さいのもきれいですよ?」
「そうね、これはこれで綺麗だわ」

 空中をふよんと漂うシャボン玉。ニクはそれをつん、とつつこうとした。
 ……が、ひょいと避けられる。

「む」

 さらに2、3度つつくが、なかなか当たらない。まるで、意志でもあるかのようだ。
 思わずムキになってゴーレムブレードを抜く。
 ねらいを付けて振り抜くと、今度はきれいにとらえてシャボン玉をぱちんと割った。
 ニクは満足げに「ほふ」と肩の力を抜いた。

「……よし」
「ほほう」

 それを見ていたロクコが、細筒を構えた。そして、ニクに向かって小さなシャボン玉を吹き付けた。

「!」

 ぱちん、ぱちん、と小さなシャボン玉を追いかけて切るニク。
 本能のままに追いかけ、割っていく。

「おー、やるじゃないのニク。ほら、後ろにもあるわよ!」
「てやっ!」

 ニクが追い回し、ぱちん、ぱちんとシャボン玉がはじける。
 一通り目に付いたシャボン玉を潰して、ニクは満足げに「むふー」と息を吐く。
 が、そこに新たにロクコがシャボン玉を吹き付けた。

「……!」
「さあ! 私のシャボン軍勢に勝てるかしら!?」

 ニクの尻尾がぱたぱたと揺れる。
 こうなってはもはや遊びではない。繰り返す、シャボン玉は遊びではない。

 ロクコは薬液がなくなるまでシャボン玉をぷーぷー吹き続け、ニクは対抗してぱちんぱちん割り続けた。

 ……その結果、シャボン液でビチョビチョになったり口の中があわあわしたりすることになるのだが、それはそれで別の話。
(なぜ作者が3位だったのか……ソレガワカラナイ)
『このライトノベルがすごい!2018』ライトノベルBESTランキングWebアンケート、9月24日(日)23:59まで!
回答したら、抽選で20名様に全国共通図書カード(500円分)が当たるそうですよ?

https://questant.jp/q/konorano2018

よろしければ文庫1位のところに以下のように記入してみてください。

タイトル:絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで
著者名(レーベル名):鬼影スパナ(オーバーラップ文庫)
コメント(例):チキンタツタ美味しい! それはさておき一番好きなラノベです
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ