挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 作者:鬼影スパナ

狙われたゴレーヌ村

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

226/290

膝に矢を受けるレベルの何か


 包囲殲滅陣……もとい、単に囲んでみたわけだが、サキュバスと直接接触すると魅了される恐れがある以上、村長として交渉することは自殺行為。
 なので、必然的にゴーレム経由で間接的に交渉できるダンジョンマスターとしての対応になるわけだが――

『えーっと、ひのふのみの……うん? お前たちは9人だけか?』
「……ええ、9人だけよ」
『ふうん』

 スイラを含むサキュバスたちは大人しく小屋の外に出てきたものの、9人しかいなかった。全員で11人って話だったはずだが……居ないのは、ミチルと、あと人間か?
 9人を改めて見る。全員、布面積というより紐面積というべきな服を着ていて、肌色率がすごかった。この中には人間はいないよな、多分。いたとしたら痴女だ。
 まぁ人間がいない方が都合はいいか。

 ニクを森の中に待機させ温存したまま、俺はサキュバスのリーダーであろうスイラに向かって話しかける。

『なに、別に戦おうっていうわけじゃないんだ。ちょっと話をしとこうと思っただけでな。……俺の話、信じてくれるよな? その方がお互い幸せだろ?』
「……」
『よし、分かってくれたようで何よりだ』

 スイラは無言で睨んできていたが、信じない=戦う=開戦なので、この魅了の通じないゴーレムの群れと戦いたくなければ信じたという事にするしかないわけだ。
 だが実際俺の目的は戦いではないので、さっさと用件を伝えることにする。

『さてサキュバスの諸君、もしよかったらウチのダンジョンに就職しないか?』
「ダンジョン? ……あ、あなた、もしかして……ダンジョンコア?」
『あー、そんなもんだと思ってくれていいぞ』

 スイラの顔が引きつった。ダンジョンコアになにか嫌な思い出でもあるんだろうか?

「……そ、その。『欲望の洞窟』でいいのかしら? そこのスカウトってこと?」
『そうだ』
「えっと、断ったら?」
『去るなら何もしない。まぁ、この近くをウロウロするようなら分らんが……』
「……ちょっと相談させて」
『良いだろう』

 露骨に牽制しつつ、スイラ達の様子をうかがう。
 しばらく待つと相談が終わったようだ。
 難しい顔をするスイラだが、何と答えるだろうか?

「……支配下に入らなくて良いのであれば、言う事を聞いても良いわ」
『ほう、そこまで知ってるのか? 話が早くて助かるな。じゃあそれで良い』
「えっ」

 いいの? とスイラが驚いた顔をした。

『ん? 言う事を聞いてくれるんだろ?』
「死ねとか言うのは聞かないわよ」
『こちらの要望を聞いて余計な事しないならそれでいい。無茶な命令はしないつもりだ。納得したか?』
「隠し事もするわよ」
『多少探るが、隠し通すっていうならそれは無いのと同じだ。ダンジョンに不利益でない秘密なら見逃そう』
「……何を企んでるの?」
『なに、無理にとは言わんだけさ。場が荒れるのを良しとしないと分かってくれて、その方針に沿ってくれるなら良い』
「ここまでゴーレムを集めておいて?」
『この方が話が早いと思ってな。実際、早かった』

 この数のゴーレムを連れ出すことで、ダンジョンマスターであることに疑問は持たれなかったし、無駄な戦闘もなく交渉できた。
 と、手付け金代わりに普通の食糧を置く。

『サキュバスでも、普通の食糧でも多少は大丈夫だろ、とりあえず数日分の食料を置いておく』
「……助かるわ」

 ……驚いた顔してるけど、まさか就職しないかと誘っておいて生活の保障もしないダンジョンマスターだと思ってたんだろうか?

「ゴーレムに食事の概念があることに驚いただけよ」
『ああ、まぁなんだ。あくまで権限のある代理だからな俺は』

 なるほど、そっちか。
 とりあえず、就職については心配しないようにと言っておく。

『ところで、まだ隠れている仲間が居るだろう? そいつらもダンジョンに就職でいいかな?』
「……ええと、お見通しだったようね」
『まぁな。でも別に文句言わなかっただろ? ちゃんと交渉だけ、って予定だったからな』
「分かったわ、信用しましょう。……でも、その、ひとつ言いにくいのだけど、私たちの仲間に1人だけ人間がいるの」
『ほぉ、人間か』

 知ってたけど、初めて聞いたフリをする。

『それはできれば会いたくはないな』
「……それが、もうそのドアの後ろにいるの。一応、その、話は聞いてたみたいだし同意してるし、ダンジョンのことは他言しないように言うから」
『わかった。そっちで方針を言い聞かせてくれ。……とりあえずは指示を考えるから、それがあるまで適当に休んでてくれ』

 そして、帰ろうとしたその時。

「……まってください!」

 扉の向こうから声が聞こえた。勢いよく扉を開こうとして、ガン! 扉の前に立っていたサキュバスにぶつかっていた。

「あら邪魔よ。どなたかしら、退いてください?」
「ひゃ!? だ、だめです! 危険です!」
「どうかお下がりを!」

 ガン、ガン、と何度も扉をぶつける中の人。
 よろけかけつつも扉を押さえるサキュバス。

「いいえ、ここは私が誠意を見せなければいけないところです」
「なんでそんな嬉しそうな声で!?」
「だってここで私が出て行ったら絶対面白いことになるじゃないですか!」

 誠意とは何なのか。嫌な予感がしてきちゃったぞ。

『あー、じゃ、また』
「ええ。ここは私に任せて――」

 俺はサキュバスが扉を押さえてる間にゴーレムを連れて逃げようとする。

「ちょ!? 自重してください! お願いですからお下がりください、レオナ(・・・)様!」

 レオ、ナ? 俺の動きが思わず止まる。
 ドガン! と音を立てて扉を吹き飛ばし、中の人間が出てきた。
 そして、その人間は、黒髪(・・)をポニーテールにした赤目(・・)の女性だった。

「はじめまして」

 にっこりと、笑顔を浮かべる――レオナという、女性。
 えーっと。
 数え役満、って言えばいいんだっけ? こういうのって。

(更新ペースについて温かい言葉ありがとうございます。これからも適度に頑張ります。
 あ、ちなみに2月に4巻出るそうです)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ