挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ぷるるん戦士奮戦記「日本諸鬼」 作者:ナカノ・R・シンイチ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

22/40

第二十二話 先生、来ないで!

●保健室。
 ウサギが恐る恐る
 猿渡に話しかける。

(ウサギ)
あのー、
そこらへんで
卯乃を解放していただいて
かまいませんかねー。

●猿渡、
 ウサギのほうを見ながら話す。

(猿渡)
そうね。
それにしても、
こんなお化けと話してるなんて、
おかしな事になっちゃったなぁ。

●鳥居、
 小鳥のほうを見て話す。

(鳥居)
さっきの望月さんの話。
わたしは、
この子がいなきゃ、
まだ信じらんないよ。
ほんとに鬼なんているの?

(猿渡)
さあね。

●猿渡、
 卯乃の方に向き直って話す。

(猿渡)
じゃあ望月さん。
許したげないけど、
今は、とりあえず許したげる。
翼、リボンほどいたげて。

●鳥居、
 卯乃の手足をしばっているリボンを
 黙ってほどいてあげる。
●卯乃、小さな声で言う。

(卯乃)
ありがとー。

(猿渡)
さってと、
午後の清掃活動だっけ?
もうはじまっちゃってるね。
行こっか。

(卯乃)
あのー。
ちょっと濡れちゃったんで、
誰か体操服貸してもらえませんか?

(鳥居)
何?持ってきてないの?
望月さん、
今日午後から清掃活動だから、
体操服もってくるよう
おととい言われたでしょ。
忘れたの?

(卯乃)
うん。

(鳥居)
花。

(猿渡)
なによ。

(鳥居)
あんた貸したげな。

(猿渡)
なんでよ。

(鳥居)
あんたが望月さんを
くすぐりすぎたから
望月さん
おしっこ漏らしちゃったんでしょ。

(猿渡)
知らないわよ。
高校生にもなって
おしっこ漏らすほうが悪いのよ。

(鳥居)
はーーーなっ。

(猿渡)
わかったわよ。
もー。
ちゃんと洗って返してよ。

(卯乃)
ありがとう猿渡さん。
それに、だましてごめんなさい。
お母さんのこと、
わたし、絶対助けるから。

(猿渡)
当たり前じゃない。
約束だからね。



●保健室を出る3人
 廊下では犬飼が
 誰か来ないか見張ってる。

ガラッ。

(猿渡)
風美。
任務ごくろう。

(犬飼)
あっ、もういいの?
望月さん
白状した?

(猿渡)
したした。
お漏らしもした。

(鳥居)
花っ。
もうそんなこと言わんの。

(猿渡)
ふん。

(犬飼)
保険の先生。
全然帰ってこないんだけど。
あ、先生だ。


●廊下の向こうから保険の先生がやってきた。
 手にペンキとハケを持っている。

(保険の高原先生)
あら、あなたたち、
まだこんなとこにいたの?
もう
清掃活動はじまってるよ。
すぐ行かなきゃ。

●突然ウサギが叫ぶ。

(ウサギ)
気をつけろ!
そいつは鬼だ!

(卯乃)
えっ?
どういう事?

●保険の先生、小走りで近づいてくる。

(保険の高原先生)
望月さん、
猿渡さん、
鳥居さん、
犬飼さん、
そこを動いちゃだめよ。
一緒に行きましょ。
めくるめく
落書きの世界へー!

●そう言うと、
 ペンキの付いたハケをふりかざして
 襲ってきた保険の先生。

(猿渡、鳥居、犬飼)
きゃあー。

(卯乃)
みんな走って!
保険の先生、鬼やし!

●逃げる4人。
 追いかけてくる保険の先生。

(保険の高原先生)
待ちなさーい。
学校行事をさぼるつもりですかー?

(犬飼)
はぁ、はぁ、
ど、どういう事?
鬼って何?
これ、鬼ごっこ?

(猿渡)
はぁ、はぁ、
風美にはあとで説明するから、
今はとにかく逃げるの。

(卯乃)
はぁ、はぁ、
ねえ、いったん教室へもどろう。

(猿渡)
わかった。
はぁ、はぁ、
教室へもどってどうするの?

(卯乃)
はぁ、はぁ、
猿渡さんの体操服貸して。
はぁ、はぁ、
パンツが冷たくって気持ち悪いの。

(猿渡)
はぁ?
がまんしろー!

●必死の形相で追いかけてくる保険の先生。
●廊下を逃げる4人。
●廊下の前方に体育の先生がいる。

(体育の嵐山先生)
高原先生ーどうかされましたかー?

●体育の嵐山先生が、
 保険の高原先生に大きな声でたずねる。

(保険の高原先生)
この子たちが、
清掃活動から逃げるんです。
先生、指導してくださーい。

(体育の嵐山先生)
わかりましたー。
おまえ達ー。
ちゃんと清掃活動に参加しないと。
本当の落書きの楽しさが、
わからないだろうがー!

●そう叫ぶと、
 手を広げ、廊下に大の字に立ちはだかる。
 両手にはペンキのハケを握っている。

(猿渡)
うわあ嵐山先生まで。
どうしよう。

(鳥居)
花、どうしよう。
逃げ場がない。

(ウサギ)
卯乃っ変身だ。

(卯乃)
えっ?ここで?
いやよ。
あんな恥ずかしいかっこ。
みんなに見られたくない。

(ウサギ)
小便漏らしたままで
学校の中を走り回るのは恥ずかしくないのか?
変身すれば、
少なくとも着替えられる。

(卯乃)
あ、そっか。

●保険の高原先生が迫る。

(保険の高原先生)
さあーみなさーん、
一緒に落書きしましょー。

(ウサギ)
急げ。

(卯乃)
うん。あ、呪文忘れた。

(ウサギ)
プルルン・クプルプ・チャマヘス・バカム、変身だ。

(卯乃)
了解。
プルルン・クプルプ・チャマヘス・バカム、変身!

●激しい閃光と、轟く轟音。
 吹きすさぶ暴風。
 その場の全員が身をかがめる。

(鳥居、犬飼)
きゃあー!

(猿渡)
なにこれー!

●やがて、光がおさまり、
 風が止むと、赤銅色しゃくどういろ
 豊かな髪の女が現れた。

挿絵(By みてみん)

(猿渡)
これが、
おばあさんの言ってた、
プルルン戦士・・・。
あなた、望月さんなの?

(卯乃)
ふふっ。
見直した?
これが本当のわたしの姿よ。

(猿渡)
嘘つけー!

スパーーン。

●保健室から持ってきたスリッパで、
 卯乃の頭を叩く猿渡。
●体育の嵐山先生が目を細め。
 険しい表情でこっちをにらむ。

(体育の嵐山先生)
むむっ、怪しい女。
不審者発見!
落書きしてやるーー。

●そう叫びながら、
 体育の嵐山先生が襲ってきた。
●足で窓のサッシを蹴り破る卯乃。

(卯乃)
とう!

バァーーン!

●廊下の窓のアルミサッシが
 枠ごと吹き飛んだ。

(卯乃)
さあ、ここから逃げて。

(猿渡)
うん。

●卯乃が吹き飛ばした窓から逃げ出す、
 猿渡、鳥居、犬飼。
●ここは1階。

(体育の嵐山先生)
待ちなさい!
先生の言うことを聞きなさい!

●卯乃達に続いて、
 窓枠に足をかけ追いかけようとする
 嵐山先生。
●卯乃、その様子を一瞬確認し、
 上を見上げる。

(卯乃)
みんなこっちに来て。

●そういうとすばやく。
 鳥居を右、犬飼を左の小脇に抱えた。

(卯乃)
猿渡さん。背中。
おんぶ、おんぶ。

(猿渡)
はい。

●猿渡、卯乃の背中におぶさる。

(卯乃)
猿渡さん。
しっかりつかまっててね。

(体育の嵐山先生)
そこを動くなー!

●卯乃、再び上を見上げて
 ジャンプ!

(卯乃)
とーーっ。

●素晴らしい脚力で、
 いっきに屋上まで飛び上がった卯乃。
●叫ぶ猿渡、鳥居、犬飼。

ぎゃあーー!

●着地(着屋上)
●強い衝撃でむせる
 猿渡、鳥居、犬飼。

おえー。
げほっ、げほっ。

(卯乃)
ここまでくれば、しばらく大丈夫。

(猿渡)
げほっ。
ちょっとあんた。
もっと優しくあつかってよ。
あんたはスーパーマンかもしれんけど、
こっちは生身の人間なんだからね。

(卯乃)
なによ、
せっかく助けてあげたのに。
悔しかったら、
これくらいナイスバデーになってごらんなさい。
未発達な女子高生ー。

(猿渡)
あー、
なんかそのフレーズ聞き覚えがある。
思い出した。
あんた、
昨日店へ来たハデな女ね。
よくも私をからかってくれたなー。

●何かが気になり
 屋上の端のほうに行った鳥居が
 猿渡を呼ぶ。

(鳥居)
花、風美、
ちょっとこっち来て。
校庭見てごらん。

●犬飼が鳥居のそばへ近寄り
 校庭を見て叫ぶ。

(犬飼)
うわーー。
大変だーー。

●卯乃、猿渡のほうを見下ろして言う。

(卯乃)
ほら、
なんか大変なんだって。

(猿渡)
覚えてらっしゃい。

●猿渡、卯乃をにらんで、
 鳥居の方へ歩いて行く。
●鳥居に向かって話しかける。

(猿渡)
何よ、翼。

●猿渡、視界に学校の様子が目に入り
 叫ぶ。

(猿渡)
うわっ。
何これーー。

●卯乃も猿渡の後についてくる。
●卯乃、校庭を見渡し叫ぶ。

(卯乃)
わっ!
なんなの、何が起こってるの。

●見渡す限り落書きだらけの校舎。
●清掃活動をしている人達が、
 率先して落書きをしている。
●刷毛をふりかざし追い回す人たち。
 叫びながら逃げ惑う生徒。
 ペンキだらけになって生徒を守ろうと
 している先生もいるようだ。
 阿鼻叫喚あびきょうかんの叫びが
 風に乗って聞こえてくる。
 ペンキが血なら、
 まさに地獄絵図。

(卯乃)
今朝までみんな普通にしてたのに。
何があったの?
ウサギさん。
これどういうこと?

(ウサギ)
わからん。
最初、2、3匹の鬼が突然現れたのを感じた。
何処かからやって来たんじゃない。
突然湧いたんだ。
しばらくして、
20匹、40匹と急に増えて、
今はもう数え切れない。

●その時、呆然とした目線を校庭に向けたまま
 猿渡が小さくつぶやいた。


(猿渡)
わたし・・・わかった。


(卯乃)
え?


(猿渡)
この鬼は・・・、
落書きで増えるんだ。

ぷるるん戦士奮戦記【日本諸鬼】エンディングイメージテーマ♪
         ↓
http://www.youtube.com/watch?v=AHJ2T0EeiLM&feature=channel




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~月読神社のおみくじで運だめし・卯乃の声も聞けちゃう~
ぷるるん戦士奮戦記「日本諸鬼」オフィシャルサイト !
http://www.ms-06zaku.com/pururun/

いつでもどこでも、ぷるるんアクセス!携帯用サイト!
http://www.ms-06zaku.com/pururun-p/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ