挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ぷるるん戦士奮戦記「日本諸鬼」 作者:ナカノ・R・シンイチ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

11/40

第十一話 帰還

●人間側の基地の司令室。
 大勢の鬼の兵士で占拠されている。
●すでに司令官をはじめその場の全ての人間が拘束されている。
●鬼の首領、ダースベー鬼が司令室の中央にたたずみ、
 拘束され、ひざまづかせた人間らを見下ろしている。
 その身長、およそ3メートル。
 真っ黒なマント。
 岩をも砕きそうな大きな手。3本の指。
 猫背で不恰好な体。
 息が荒い。

挿絵(By みてみん)

●基地に侵入した鬼の各部隊の小隊長が、
 司令室に戦況報告にやってくる。

(鬼の小隊長A)
ダースベー鬼様。
東側、地下の抵抗勢力を鎮圧しました。

(鬼の小隊長B)
ダースベー鬼様
基地の防空施設を全て占拠しました。

(鬼の小隊長C)
ダースベー鬼様
地下居住区画の人間を
全て支配下に置きました。

(ダースベー鬼)
地下にそんな施設があったのか。
どれほどの人間がいるのだ。
すーはー。

(鬼の小隊長C)
房の数から推測しますと、
2000人程度と思われます。

(ダースベー鬼)
それは上々。
すーはー。

(鬼の小隊長D)
ダースベー鬼様西棟抵抗勢力を
鎮圧しました。

●一鬼(※1)の鬼の兵士が慌ててダースベー鬼に
 駆け寄ってきた。

(鬼の小隊長E)
ダースベー鬼様大変です。
宇宙船発着ゲート付近に強力な敵が出現しました。
すでに多数の兵士が消滅。
手が付けられません。

(ダースベー鬼)
なんだと。
そこは最初に制圧した場所じゃないか。
伏兵がいたのか。
すーはー。

(鬼の小隊長E)
いえ、一人です。

(ダースベー鬼)
一人?

(鬼の小隊長E)
たった一人の、
大きなカナヅチを振り回す、
鎧武者です。

(ダースベー鬼)
女か?
すーはー。

(鬼の小隊長E)
わかりません。

(捕虜の人間の司令官)
おい、あの女のコじゃないのか。

(捕虜の人間A)
そうだ。
助けに来てくれたんだ。

●ダースベー鬼、人間の司令官らの方を見て、
 目を細めて言う。

(ダースベー鬼)
お前たち。
食料にする前に役に立ってもらうぞ。
すーはー。


●場面かわって宇宙船発着ゲート
●相変わらず卯乃が大暴れしている。

(卯乃)
がおおおお。
がお、がお、がお、がおおおお。
もう。
後から後から出てきて
きりがない。
こっちも鉄砲みたいなの
ないの?

(ウサギ)
卯女が使ってたマグナムがある。

(卯乃)
マグナムぅ?
シティーハンター?
ダーティーハリー?
次元?
おばあちゃん、そんなの使ってたん?

(ウサギ)
使ってみるか?

(卯乃)
なんでもいいから出して。

(ウサギ)
じゃあ、呪文。
チェベス・クックロック・マグナム。
鉄砲のイメージ。

(卯乃)
チェベス・クックロック・マグナム。

●卯乃の左手が光る。
●卯乃、鬼を1鬼蹴散らし、
 すばやく杵を脇に抱え、その光の中から、
 右手でマグナムをつかみ出す。
●襲い掛かってくる鬼の群れ。
 戦いながら。やられながら。逃げながら。

(卯乃)
おお、すごい、鉄砲だ。
犯罪だ。犯罪。

(ウサギ)
その銃に込められた弾は、
おまえのばあちゃん特製の
トリモチブレッドだ。
当たればモチが広がって、
相手を動けなくする。
それで、鬼が次々出てくる入り口を撃て。

(卯乃)
わかった。

●卯乃、左手で杵を振り回し、
 鬼をなぎ倒しながら、
 銃で鬼が次々出てくる通路の入り口を狙う。
●一瞬鬼の攻撃がゆるんだ隙に発射。

ばんばんばん。

●全部外れ。

(卯乃)
当たらへーん。

(ウサギ)
そんなもんだ。
素人が狙って当たるもんか。
勘で撃て。

ばん。

●通路入り口の鬼に当たり。
 入り口が塞がった。

(卯乃)
当たったー。
わたし名人?
次元?次元?

(ウサギ)
だから、まぐれなんだって。
血ながしながら、
明るくふるまうな。
気持ち悪い。

(卯乃)
この鉄砲。
もういらない。

(ウサギ)
勝手だな。
鎧の背中に、卯女が作った
ホルスターがある。
そこにしまっとけ。


●宇宙船発着ゲートに続く通路。
●屈強な歩兵を引き連れ、
 宇宙船発着ゲートに向かうダースベー鬼。
●通路の先方から一鬼の鬼の兵士が走ってきた。

(鬼の兵士)
ダースベー鬼様。
この通路はだめです。
モチのようなもので塞がれました。
別の通路を使いましょう。

(ダースベー鬼)
モチだと?
まちがいない。
そいつはウサギだ。
思いもかけないごちそうが現れたな。
皮をむいて、塩を擦り込んで
食ってやる。
すーはー。

●ダースベー鬼のよだれが
 床にしたたり落ちる。
●身をひるがえすダースベー鬼。


●再び宇宙船発着ゲート。
●手傷を負いながらも
 鬼をけちらしている卯乃。

●その時、
 突然後ろから大きな声がする。

(ダースベー鬼)
そこまでだ。
動くな。
すーはー。


●そのいかめしい、大きな声に、
 卯乃も、そして鬼の軍勢もたちまち制止し、
 静まりかえった。

(ダースベー鬼)
その輪子(りんす:あたまの羽)、
やはり貴様、ウサギだな。

●すばやく振り返る卯乃。
●そこには黒いマントを羽織った恐ろしい
 大きな鬼の首領がいた。
●言葉を失う卯乃。
●ウサギが卯乃にささやく。

(ウサギ)
卯乃。やったぞ。
向こうから出てきた。
あいつがこの心世界を支配している鬼だ。
あいつを倒せばおまえの任務は完了だ。

(卯乃)
そうなの?
でもあの人、わたしの事知ってるみたい。

(ウサギ)
よかったな。
有名人だ。

(ダースベー鬼)
ごちゃごちゃしゃべるな。
一言でもしゃべったら、
こいつらを殺す。

●ダースベー鬼がそういうと、
 部下の鬼の兵士が、
 捕らえられた、司令官をはじめ、
 10人ほどの人間を
 連行してきた。

(卯乃)
あっ。

●思わず声を漏らす卯乃。

(ダースベー鬼)
しゃべったな。
しゃべるなと言ったのに。

●そう言うと、
 ダースベー鬼が、
 大きな手で手近な人間を引き寄せ、
 両手で腰のあたりをつかみ、
 高々と頭上に持ち上げた。
●人間は恐怖で声も出ない。
●そして大きな口を開いて、
 頭から一気に飲み込んだ。

(卯乃)
きゃあ。

(ダースベー鬼)
また何か聞こえたぞ。

●そういうと同じようにして、
 次の人間を食べた。

●声が漏れないように
 口を押さえる卯乃。
●涙があふれる。

(卯乃)
ううっ。


●ダースベー鬼が卯乃をにらみつけ、
 大きな声で言う。

(ダースベー鬼)
さあ、オレ様の言うことを聞け。
聞かなければ一人づつ、
こいつらを食う。

●震えながら、小さくうなづく卯乃。

(ダースベー鬼)
まぁず、武器を捨てろ。

●卯乃、体がこわばって動けない。

(ダースベー鬼)
捨てろと言ってるのが聞こえないのか!

(卯乃)
はい。

●杵を手放す卯乃。

がこん。

(ダースベー鬼)
よし。次はその鎧を脱げ。

●小声で激しくウサギが叫ぶ。

(ウサギ)
やめろ卯乃。
そんな事したとたん、
撃たれて蜂の巣だぞ。
死ぬ気か。

(卯乃)
でも・・・でも・・・。

●泣いて、震えながら、
 とまどう卯乃。

(ウサギ)
あんな人質にかまうな。
大局を見ろ。
好機だ。戦え。あいつを倒せ!

(ダースベー鬼)
はぁ~?なんか聞こえましたけどぉ~。

●3人目の人間に手をかける
 ダースベー鬼。
●手をかけたのは人間側の司令官だ。

(司令官)
ううっ。
くそおっ!

(ダースベー鬼)
へへぇ。お前偉そうだな。
ひと飲みじゃなく、
足の先から少しづつ食ってやる。
痛いぞ~。

(卯乃)
やめてっ!

●思わず叫ぶ卯乃。

(ダースベー鬼)
やめない。
あ~ん。

がぶっ。

●司令官の膝下あたりに噛みつく
 ダーズベー鬼。

(司令官)
うああっ!

●激痛に声を上げる司令官。

(卯乃)
やめてっ。
鎧脱いだらいいんでしょ。
わたし、脱ぎます。
脱ぎますから、
もうやめて。

●泣きながら懇願する卯乃。

●高々と持ち上げられ、
 足を喰われながら、苦悶の表情で
 司令官が卯乃に言う。

(司令官)
だめだ。
わたしにかまうな。
戦ってくれ。

(ダースベー鬼)
なんだとこいつ。
ご飯のくせに偉そうな事を。
ほら、助けてくださいと言え。

●噛みついているアゴに力を込める
 ダースベー鬼。

(司令官)
ぐああっ。
はあ、はあ、はあ、はあ。
君は壁を壊した女のコだろ。
君が死んだら、
君があけた穴。
誰が直すんだい?

(ダースベー鬼)
うるさいなぁ。
腹まで食ってやる。

●口を少し開け、
 司令官の腹部まで飲み込む、
 ダースベー鬼。

(司令官)
ぐああっ。

(卯乃)
やめて、やめてお願いします。

●口から血を吐きながら司令官が言う。

(司令官)
君が心配していた、
カミハンテ・ソロは、
こいつらが攻めてくる前に
うまく逃げた。
だから安心して戦ってくれ。
君が希望なんだ。

(ダースベー鬼)
こいつ。食えねー奴だ。
もう食っちゃえ。

どかーーーん。

●突然の轟音と閃光。
 ダースベー鬼が真横に吹き飛ぶ。
●ダースベー鬼がくわえていた司令官は、
 吐き出されてその場に落下。
●宇宙船ドックの天井付近を大きく旋回する、
 一隻の小型宇宙船。

(卯乃)
あ、あの宇宙船。

●宇宙船の外部スピーカーから、
 陽気な声が流れてきた。

(カミハンテ・ソロ)
よー、司令官殿ー。
危機一髪だったなー。

(卯乃)
上終先生の宇宙船だー。

(カミハンテ・ソロ)
バニーちゃーん。
君が一人でここへ突っ込んで行くのが見えちゃってねー。
ほっとけなくて、
帰ってきちゃったよー。
君、もしかして、
僕の生徒ー?

(卯乃)
そーだよー。
先生も私も、見かけは違っちゃってるけど、
わたしー、先生にいつもお世話になってる。
望月卯乃だよー。

●卯乃を中心に上空を旋回する、
 カミハンテ・ソロの宇宙船。
 プレミアムファルコン号。

(卯乃)
勉強できなくてー。
先生に補習してもらったー。
望月卯乃だよー。

(ウサギ)
卯乃危ない!
飛べ!

●ダースベー鬼の大きな手が迫る。

ぶうん!

(卯乃)
きゃあ。

●間一髪飛び上がり、難を逃れた卯乃。
●ダースベー鬼が知らぬ間に卯乃たちのすぐそばまで
 近づいていた。

(ダースベー鬼)
うおおおおおお。
人間のぶんざいでー。
全員喰い殺してやるー。
ずーばー。

(カミハンテ・ソロ)
望月さーん。伏せてー。
見てろよー。
先生の射撃の腕前は宇宙一でーす。

●プレミアムファルコン号が、
 ダースベー鬼に向き直り、
 レーザー砲を発射!

キキユゥン。

どがあああん。
ばああああん。

●ダースベー鬼に命中。
●ものすごい閃光。
●激しい爆発。
●しかし、爆発の中でしっかり立っている、
 ダースベー鬼。

(ダースベー鬼)
ふん。

(カミハンテ・ソロ)
丈夫なこった。
ならばこれでどうだ。
頭、胴、手足。
連射で狙い撃ちだ。

キキユゥン。キキユゥン。キキユゥン。
キキユゥン。キキユゥン。

どがあああん。
ばああああん。
どん。どん。どん。

●激しい爆発の連続。飛び散る火花。
 まばゆい閃光。
●やがて煙がおさまる。
●そこには、拳をにぎり、両手を高く掲げた
 ダースベー鬼が立っている。

(カミハンテ・ソロ)
なんだとー。

●ダースベー鬼が、
 握った拳を広げる。

からん。からん。からん。

●手のひらから、
 エネルギーを失った。
 レーザー砲弾(※2)の弾頭が落ちる。

(カミハンテ・ソロ)
こいつ。
全部手で受け止めやがったのか。

●床に伏せている卯乃。
 ダースベー鬼を見上げて
 搾り出すように言う。

(卯乃)
これが、鬼なの・・・。
こんなのに勝てないよ・・・・。

●ダースベー鬼が卯乃に向き直る。

(ダースベー鬼)
まずはお前からだ。

●ダースベー鬼がゆっくり卯乃にせまる。
●ウサギが叫ぶ。

(ウサギ)
卯乃。立て。ひとまず逃げるんだ。卯乃ー。
逃げろー。

●怯えて、震えて、動けない卯乃。

(卯乃)
うううううううう。

●次の瞬間、先生の声が聞こえる。

(カミハンテ・ソロ)
悲しいけど、
俺って、先生なのよねー!

どがあぁぁぁぁぁぁぁぁん。

●卯乃の眼前の景色が、
 ダースベー鬼ごと横に流れる。
●カミハンテ・ソロが、
 プレミアム・ファルコン号で、
 ダースベー鬼に体当たりした。
●ダースベー鬼を巻き込んで、
 プレミアム・ファルコン号が壁に激突。
 爆発。

どどどどどどどどどどどーーーん。

(卯乃)
先生ー!

●誘爆し爆発を繰り返す、
 プレミアム・ファルコン号。
 激しい炎に包まれる。

どーーーん。
どどーーーーーん。

(卯乃)
先生ーーー!

(ウサギ)
卯乃。卯乃。卯乃。
しっかりしろ。卯乃。
今のうちに逃げるぞ。

(卯乃)
先生がー!先生がー!

(ウサギ)
あの先生はもうだめだ。
助からない。
あいつがまた来る前に、
逃げるんだ。

(卯乃)
えっ?

(ウサギ)
あいつは死んでない。
まわりを見ろ。
幻鬼が消えてない。
この鬼の兵隊たちがいるってことは、
鬼本体が死んでないって
ことなんだ。

ばこーーーん!

●炎に包まれた、
 プレミアム・ファルコン号の船体を突き破って
 何かが出てきた。
●卯乃の顔が青ざめる。
●突き破った船体の穴から、
 ダースベー鬼の上半身が出ている。
●挟まった体を抜け出そうともがく
 ダースベー鬼。
●よく見ると、大きくふくらんだ口から、
 人間の足が出ている。
●ダースベー鬼の
 頬がはげしく動いている。
 ダースベー鬼の口の中で、
 誰かが暴れている。

(卯乃)
あっ。
先生だ。先生が食べられてる。
助けなきゃ!

●スーパーロケット杵の柄に
 手をかける卯乃。

ごごごごごごごごご。

●その時、
 地面の底から響くような、大きな地鳴り。
●宇宙船発着ゲートの出口から突風が吹き込む。

びゅおぉぉぉぉ。

(ウサギ)
卯乃。
後ろを見ろ!

(卯乃)
えっ?

●上空に待機していた宇宙船が、
 地上すれすれまで降下し、
 船体下部の巨大な砲塔が卯乃に向けられている。
●炎の中で、下半身を挟まれた
 ダースベー鬼が、
 上終先生をくわえ、
 目を細め、笑いながら言う。



撃て。



●卯乃の視界が真っ白になる。
●激しい閃光。
●暴風。
●やがて音がしなくなり、
 静寂がおとずれ、
 視界をとりもどす。

●そこは、下鴨警察署の
 取調室だった。

挿絵(By みてみん)

----------------------------------------------------
※1「一鬼」:鬼を数える時の単位。
※2「レーザー砲弾」:レーザー技術を貫通力に利用し、
破壊力を実弾で実現した未来の弾頭。
レーザーの出力を調整して、
命中した目標の破壊したい場所で爆発させる事ができる。
例えば、敵の宇宙船の表面だけにダメージを与えたり、
内部で爆発させたりできる。
小銃に応用したものは、
相手の体表で爆発させて敵の突撃を止めたり。
貫通させて、相手の損傷を最小限にしたりできる。
----------------------------------------------------


次回をお楽しみに(^-^)/
ぷるるん戦士奮戦記【日本諸鬼】エンディングイメージテーマ♪
         ↓
http://www.youtube.com/watch?v=AHJ2T0EeiLM&feature=channel




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~月読神社のおみくじで運だめし・卯乃の声も聞けちゃう~
ぷるるん戦士奮戦記「日本諸鬼」オフィシャルサイト !
http://www.ms-06zaku.com/pururun/

いつでもどこでも、ぷるるんアクセス!携帯用サイト!
http://www.ms-06zaku.com/pururun-p/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ