挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ぷるるん戦士奮戦記「日本諸鬼」 作者:ナカノ・R・シンイチ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

10/40

第十話 大暴れ

●泣きながらウサギに抗議する卯乃。

(卯乃)
ウサギさん。あんたねぇ。
わたし、今までの人生で、
こんなにケガしたことないってゆーくらい、
ケガしまくってるのよ。
もうねぇ。
もう、いっぱい、いっぱいなんだから。
なんでケガするまえに言ってくれないの?

(ウサギ)
あーはいはい。
すみませんねぇ。

(卯乃)
さっさと出しなさいよ。
そのよろい

(ウサギ)
また呪文をおっしゃっていただかないと
だめなんですが、
よろしいでしょうか?

(卯乃)
よろしいですけど、
簡単なのにして。

(ウサギ)
カック・カパット 鎧、
そして鎧のイメージ。

(卯乃)
おっけー。
カック・カパット、鎧!

●卯乃の左手が光で包まれる。
●卯乃は右手で、その光の中から鎧をつかみだす。

(卯乃)
おりゃー。

がらんがらんがらん。
ぼとぼとぼと。

●鎧が一式バラバラの状態で出てきた。


(卯乃)
・・・・・・・。
ねえ、これ一個一個身につけるの?

(ウサギ)
そう。

(卯乃)
なんかこう、
ぱーっと変身とかしないの?

(ウサギ)
そんな非現実的な事
するわけないじゃないか。

(卯乃)
なんでよ。
もうじゅうぶんファンタジーじゃない。
ウサギさん。
なんか自分に都合よくない?

(ウサギ)
いらないのか?

(卯乃)
いります、いります。

かぶとをかぶる卯乃。

(ウサギ)
おい。鎧を着たことないのか?
鎧は下から身につけるのだ。

(卯乃)
そんなの知らないよ。

●ぶつぶつ言いながら
 鎧を身につける卯乃。

(卯乃)
でもこれ、マジックテープでつけやすいね。

(ウサギ)
そうか。
よかったな。
それより急げ、敵に見つかる。

●どうにか鎧を身につけた卯乃。

(卯乃)
じゃーん。
どう?かっこいい?

挿絵(By みてみん)

(ウサギ)
立派立派。

●鎧を着ていろんな動きをしてみる卯乃。

(卯乃)
あれぇ、うーん、鎧って、
動きにくいし、見えにくい。

(ウサギ)
おい、こら、緊張が途切れてるぞ。
戦いの最中だ。
集中しろ、集中。
耳をすまして状況を把握するんだ。
敵を探れ。
死にたいのか。

(卯乃)
あ、はい。

●目を閉じて、耳をすまし、集中する卯乃。

(卯乃)
戦車が、・・・1台、2台、3台、
わたしのほうに向かって来てる。
・・・・・。
あれ?
おかしい。
この辺りじゃない遠くで
戦ってる音がする。

(ウサギ)
どこだ?
敵の増援か?

(卯乃)
後ろ。
さっきいた基地の方。

(ウサギ)
しまった!
だまされたぞ!
こいつらはおとりだ!

(卯乃)
キーちゃん!

●スーパーロケット杵のキーちゃんが
 瞬く間に卯乃の手元にやってくる。
●すかさず杵に点火。

どうっ!

(卯乃)
キーちゃん急いで。
基地の人たちが危ない。

●すばらしいスピードで基地に向かう卯乃。
●反乱軍の戦闘機も何機か基地に引き返し始めた。

●しばらくして基地が見えてきた。
●基地の上空には、1隻の鬼の巨大宇宙戦艦が浮かんでいる。
●基地からは黒煙が上り、あちこちで爆発が起こっている。

(卯乃)
ああ、大変。
あれに襲われたんだ。

●人間の基地は、戦艦から降下してきた鬼の大軍に取り囲まれ、
 すでに基地内への鬼の侵入がはじまっている。

●卯乃に向かって、戦艦からの砲撃。

キキュン。キキュン。
どーん。ばかーん。

●卯乃と並走する、
 前線から引き返してきた人間の戦闘機が
 次々撃墜されてゆく。
●戦艦はあまりに強大で、
 それに比べて人間の基地は、はるかに小さい。

●砲撃をかいくぐり
 (キーちゃんが、勝手にうまくかいくぐり)
 鬼の戦艦と鬼の地上部隊との間の空間に突入する卯乃。
●ものすごい数の鬼の歩兵部隊が、
 太鼓を鳴らしながら進撃している。

(卯乃)
すごい数。あれが全部鬼。

●地上からは銃撃。戦艦からは砲撃。

キキュン。キキュン。キキュン。キキュン。
どーん。どどーん。
キキュキュキュキュキュキュキュウン。
キキュキュキュキュキュキュキュウン。

●砲撃はどうにかかわすものの、
 何発もの銃弾を受ける卯乃。
●鎧と杵の装甲でなんとか致命傷は
 まぬがれている。

かんかんかんかん。
ちーん。ちゅいーん。
がん。がーーん。

(卯乃)
痛い。
気が遠くなる。
キーちゃんがんばって。
もう少しで基地よ。
みんなを助けなきゃ。


●兜に銃弾が直撃。

がーーん。

(卯乃)
きゃあ。

●兜の隙間に銃弾の破片が入り込み、
 コメカミのあたりから出血。

(卯乃)
そんな弾!かまうもんか!
♪ユードンハフトゥ、ウォーリー、ウォーリー
 まもーってーあげーたいー♪

●激しくなる一方の鬼の攻撃。

キキュン。キキュン。キキュン。キキュン。
どーん。どどーん。
キキュキュキュキュキュキュキュウン。
キキュキュキュキュキュキュキュウン。

かんかんかんかん。
ちーん。ちゅいーん。
がん。がーーん。

●ようやく基地の宇宙船発着ゲートにたどりついた卯乃。
●大きく開いたゲートの入り口からは、
 鬼が次々と基地の中へ侵入している。

(卯乃)
キーちゃん。
わたし飛び降りるけど、
ついてきてね。

(卯乃)
とうっ。


●杵から飛び降りる卯乃。
●宇宙船ゲートに侵入する鬼の大群に飛びかかる。

(卯乃)
ウサギーキーック。

どがぁぁぁぁぁぁぁぁん。

●鬼の悲鳴。

(鬼)
うおおおおん。
ぐおおおん。

●あたり一面の鬼の大群が蹴散らされる。
●すかさず体勢をたてなおし、走り出す卯乃。

(卯乃)
キーちゃん。

●卯乃、杵の柄をつかむ。
●突然の攻撃に、一瞬統制を失う鬼の軍団。
●広い宇宙船ドック内には鬼がうようよいる。
●鬼は、すでに基地の大半を制圧しているようだ。
●卯乃、手当たり次第鬼に襲い掛かる。

(卯乃)
がおおおおおおお。

挿絵(By みてみん)

●スーパーロケット杵をふりまわし、
 次々鬼を蹴散らしてゆく卯乃。

どかっ、ぼかっ、どん。ばーん。

(鬼)
うおっ、おうっ、おおっ、うっ。

●戦闘不能になった鬼が消滅してゆく。
●鬼の反撃。卯乃にむかって一斉射撃。

キキュキュキュキュキュキュキュウン。
キキュキュキュキュキュキュキュウン。

かんかんかんかん。
ちーん。ちゅいーん。

びしゅっ。

●卯乃、右腕の鎧の隙間に銃弾が入り込み被弾。
 二の腕のあたりから出血。

(卯乃)
あうっ。

(ウサギ)
大丈夫かっ!卯乃っ!

(卯乃)
平気!

●卯乃、走るのを止めない。
●その勢いのまま、ドーム球場ほどもある広い宇宙船ドックの
 天井近くまで飛び上がる。

(卯乃)
やあっ。

●卯乃を銃弾が追う。

キキュキュキュキュキュキュキュウン。
キキュキュキュキュキュキュキュウン。

●着地点の鬼を狙う、卯乃。

(卯乃)
ウサギーキーック!

どがぁぁぁぁぁぁん!


●ウサギキックの着地点付近の大勢の鬼が戦闘不能。
 一気に消滅してゆく。

(鬼)
うおおおおおおん!

(ウサギ)
卯乃。スーパーロケット杵の柄は伸びる。
杵に命令して一気になぎ払え。

(卯乃)
わかった!
伸びろキーちゃん!

●天井付近まで杵の柄が一気に伸びる。

ぎゅぃぃぃぃぃん!

●長大な杵を振りかざし、
 鬼の軍勢に向かって突っ走る卯乃。
 ものすごいスピード、
 すばらしい脚力。

(卯乃)
がおおおおおおお。

●卯乃に銃撃が集中。

キキュキュキュキュキュキュキュウン。
キキュキュキュキュキュキュキュウン。

かんかんかんかん。
ちゅいーん。

●顔面の防具に弾が直撃。
 頬から出血。

(卯乃)
なんのー!

●密集隊形の鬼の軍勢に突っ込む卯乃、
 何匹かの鬼が空中に吹き飛ぶ。

ずぼぼぼぼぼおっ!

●卯乃、杵を空中で1回スィングさせて、
 2回転めで周囲の鬼を狙う。
●杵に点火。

どうっ!

●卯乃を中心にものすごい勢いで弧を描く杵。
●半径20メートルほどの鬼がなぎ倒されてゆく。

どかっ、ぼかっ、どん。ばーん。

(鬼)
うおっ、おうっ、おおっ、うっ。
うおおおおおおん!
ぐおおおおおおん!

●長大な杵を振り回しながら突き進む卯乃。

(卯乃)
うら、うら、うら、うら、うら、うら、うらぁっ

●なすすべもなく、鬼が次々と消し飛んでゆく。
●鬼神のごとき卯乃の大暴れに
 しりごみをしはじめる鬼の軍勢。
●中には、逃げはじめる鬼も出始めた。


次回をお楽しみに(^-^)/
ぷるるん戦士奮戦記【日本諸鬼】エンディングイメージテーマ♪
         ↓
http://www.youtube.com/watch?v=AHJ2T0EeiLM&feature=channel




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~月読神社のおみくじで運だめし・卯乃の声も聞けちゃう~
ぷるるん戦士奮戦記「日本諸鬼」オフィシャルサイト !
http://www.ms-06zaku.com/pururun/

いつでもどこでも、ぷるるんアクセス!携帯用サイト!
http://www.ms-06zaku.com/pururun-p/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ