挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
おねえさん大家の人情派日記 ~こんなアパート、いかがでしょう?~ 作者:みづき
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

76/91

第7章 A棟104号室 伊佐治太作さん(6)

「お嬢さん、申し訳ありません」
 白いTシャツにグレーのスウェットを履いた伊佐治が頭を下げる。いつもきちんと整っている伊佐治の髪が、あり得ないほど乱れている。顔に刻まれたしわも深くなっているようだ。1週間見ていないだけで、こんなに老け込むものなのだろうかと、私は愕然とした。
「伊佐治さん、頭を上げてください」
 私の言葉に、彼が顔を起こす。
「大丈夫ですか。お体の調子が悪いってことはないですか」
 私が語り掛けると、伊佐治は乱れた髪を撫でつけながら答えた。
「ええ。ありがとうございます。大丈夫です」
「そうですか。何か、差し入れてほしいものとか……」
「おいおい」
 憲二郎が遮る。
「時間が限られてるんだから。さっさと本題に入れよ」
「ああ、そうだったわね」
 タイマーを見ると、残り時間はもうすぐ12分台に入ろうとしている。
「伊佐治さん、どうですか。えっと、その、刑務所とか、長くなりそうですか」
 どういう言葉を使ったものか迷いながら、しどろもどろで尋ねる。
「そうですね。相手にけがさせちゃいましたからね。殴ったつもりはなかったんだけど」
 伊佐治が困ったように頭をかく。
「でもね、酒はまったく飲んでなかったんですよ。そこだけは譲れない点なんですが、飲酒検査をしなかったもんだから、どうしようもなくてねえ」
 ウン、と後ろの警察官が咳払いをする。事件に関する深い話は、しない方がいいのかもしれない。
「そうなんですか」
 私がうなずくのを見て、憲二郎がもどかしそうに口を挟んだ。
「伊佐治さん、時間が無いので、すみません。管理会社の植原です。今日は、お部屋に関する同意書に、署名と捺印をいただきたくて来たんですよ。伊佐治さんがしばらく戻ってこられないとなると、お部屋の方が……」
「ああ、なるほど。自分がいない間、部屋が無駄になりますからね。さっさと明け渡せって話ですよね?」
 伊佐治が事もなげに言う。
「いえ、さっさと明け渡せだなんて、そんなことは……」
 私が慌てて口を挟むと、伊佐治は表情を変えずに答えた。
「いいんですよ。これまでにも逮捕されてますから、そこらへんのことはよくわかってます。むしろこうやって、きちんとお話に来てくださったことに感謝しているくらいです。今までは、こちらの断りなしに色々捨てられていましたからね。訴えようにも、金がないことを知ってるもんだから。まあ、前科者なんてそんなもんですよ。バレたら人として扱ってもらうこともできない」
 この人は一体、これまでどんな目に遭って来たのだろうか。そう言われてみれば、私はこれまでに一度も、伊佐治の笑顔を見たことがないような気がする。ただ不愛想なだけかと思っていたが、心に深い闇を抱えていたのかもしれない。
「今のアパートの方たちも、きっと驚かれたでしょう。前科者なんかと仲良くしちゃって、後悔してるでしょうね」
 伊佐治は感情を表に出さずにそう続けると、後ろに座っている警察官の方を振り返った。
「すみません、同意書ってやつは、後で差し入れてもらうっていうことでいいんですよね?」
 警察官がうなずくのを確認して、こちらに視線を戻す。
「きちんと署名と捺印して渡しますから、安心してください」
「本当にすみません。よろしくお願いします」
 何だか申し訳ない想いにさいなまれ、台に付きそうなくらい頭を下げた。
「なんで大家さんが謝るんですか。謝らなくちゃいけないのは、こっちの方なのに」
 伊佐治が慌てたように声をかけてくる。
 タイマーを見ると、残り時間はあと7分になっていた。もう半分が過ぎている。
「ねえ、伊佐治さん。残置物の中に、どうしても捨ててほしくないものとか、こちらに差し入れてもらいたいものとか、ありませんか」
「差し入れてほしいもの……。それじゃあ、お言葉に甘えて」
 伊佐治は台の上に手を置き、続けた。
「遠近両用の眼鏡が、部屋のテーブルの上にあるので、それを。ここでも老眼鏡は借りられるんですけど、ボクシングの影響で視力が落ちてるもんですから、どうしても遠近両用じゃないと見にくくて……。それから、本も。整理棚に一冊置いてあるんです。『銀二貫』って本なんですが」
「『銀二貫』って高田郁さんのですか? なんか、伊佐治さんとはイメージが違いますね」
 思わずほほ笑むと、彼は恥ずかしそうに鼻をくすんと鳴らした。
「ある人に勧められましてね。でも、学も無い上に目も悪いから、1冊読むのにどれだけかかったか。ここではヒマなので、もう一度読み直してみたいと思いましてね」
「そうですか。わかりました」
「それ以外のものは、捨てていただいて結構ですから」
 伊佐治が頭を下げる。
「で、滞納されている家賃と、部屋の原状回復費の入居者負担分、ゴミの処分費なんですけど、伊佐治さんに請求させていただいてよろしいですか?」
 横から憲二郎が口を挟む。
「ええ、もちろんです。お見積もりを持って来ていただけたらお支払いしますので、よろしくお願いします」
「そうですか。で、いつ頃まで、こちらにいられますかね?」
 憲二郎は容赦ない。
「さあ、拘留期限ぎりぎりまでいられれば、あと10日間くらいでしょうかね。もし、こちらにいないようでしたら、弁護士さんの方に預けてください」
 伊佐治の答えに、憲二郎は満足げにうなずいた。
「それじゃあ、弁護士さんのお名前と連絡先を教えていただけますか?」
「えっと、山…何とか言う若い男性なんですけど、連絡先は今わからないなあ。どうしたらいいですかね?」
 伊佐治が振り返って警察官に尋ねる。
「あなたさえいいなら、こちらで連絡先を教えられるけど」
 警察官の答えに、伊佐治がうなずいた。
「じゃあ、よろしくお願いします」
 その時、タイマーが鳴った。
「これで面会時間は終了です」
 警察官が立ち上がり、タイマーを止める。伊佐治も立ち上がると、私たちに向かって会釈をし、部屋を出ていった。
cont_access.php?citi_cont_id=287044308&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ