挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
おねえさん大家の人情派日記 ~こんなアパート、いかがでしょう?~ 作者:みづき
71/91

第7章 A棟104号室 伊佐治太作さん(1)

 午前7時。私は箒とチリトリを手に、メゾン・ド・アマンA棟の前に立っていた。普段、こんなに早く動き始めることはないのだが、今日はこれから予定があるのだ。
 人気のグルメバスツアー。幼馴染の村西洋子が、町内会のお祭りでペアチケットをゲットし、私に声がかかったのは1週間前のことだった。
 洋子は、両親が営んでいる調剤薬局で、薬剤師をしている。砂橋駅前の商店街の中にある、三代くらい続いている老舗の薬局だ。
「今の仕事してたらさ、男性との出会いってほんとに無いのよね~。たまに素敵な男性が薬局に来ても、処方箋手にした病人の確率が高いでしょ? 熱出してフラフラしてる人に、私の魅力に気づいてちょうだいって言っても無理じゃん。ほんとに困っちゃう」
 先日の女子会でそう愚痴っていた洋子なのだが、ペアチケットの相方に私を選ばざるを得ないところを見ると、本当に出会いが無いのだろう。
 かく言う私も、ここ数週間で会話をした男性といえば、管理会社社長で天敵の植原憲二郎の他は、うちのアパートに住む女性に興味の無い探偵と70歳を過ぎた紳士たちのみ。こういう生活をしながら、どんどん齢を重ねていくのだろうか……。
 ああ、あまり深く考えると憂鬱になる。さっさと掃除を終わらせて、美味しいものをたらふく食べて来よう。
 ため息を隠しながら掃除を始めると、後ろから声がかかった。
「あら、管理人さん。今日は早いんですねえ」
 見ると、B棟202号室の山崎善吉やまさきぜんきち・タカ子夫妻と、102号室の仁科進だった。一様に、半袖のシャツにトレーニングパンツをはき、首からタオルを提げている。ラジオ体操の帰りだろう。
 いつもはA棟103号室の角田昭光と104号室の伊佐治太作いさじたさくも一緒のはずなのだが、その姿が見えない。
「おはようございます。――あれ、角田さんと伊佐治さんは?」
 私が尋ねると、仁科が答えた。
「角田さんは昨日から、囲碁仲間たちと温泉旅行に行かれてますよ。今日の夕方に帰るっておっしゃってたかな」
「相変わらず活動的ですね」
「本当に。僕もああいうふうに、いつまでも元気でいたいものですよ」
 山崎は、私の言葉にうなずいて続けた。
「それから、伊佐治さんなんですけどねえ。ここ何日か、ラジオ体操に来られてなくて」
「あら、そうなんですか」
 伊佐治は60代前半。廃棄物処理業者に勤めていて、ゴミの分別作業などをやっていると聞いていた。
「体調でも悪いのかしら」
 少し心配になって104号室の方を見る。すると、タカ子が微笑んだ。
「伊佐治さんね、ふらっと旅に出る癖がある方なんですよ。前にも、大丈夫かしらって心配してたら、ピンピンして戻ってこられてたことがあったし。今回も、どこかに出かけられてるんじゃないかしらねえ」
「ほら、明日はお家賃の回収日だし。それまでには戻ってこられるんじゃないかと思いますよ」
 山崎が付け加える。
「そうですか。それなら、心配なさそうですね。ありがとうございます」
 私が微笑むと、3人は手を振り、それぞれの部屋へと戻っていった。

「へえ。大変ねえ。そういうのって、孤独死とか大丈夫なの?」
 バスツアーのバスの中。今朝の出来事を洋子に話すと、彼女は眉間にしわを寄せた。
「私もちょっと心配になっちゃってね。でも、緊急時でもないのに勝手に部屋に入るわけにもいかないし、外から様子をうかがってみたんだけど」
 A棟とB棟の間にある中庭側のカーテンが空きっぱなしだったため、伊佐治の部屋の中が覗けたのだ。置かれたベッドの上に人の姿はなかったし、床に誰かが倒れていることもなかった。トイレのドアや洗面所のドアから灯りが漏れている様子もなく、中で倒れているとも思えなかった。
 念のため、ドアにある新聞の差し入れ口から臭いもかいでみたが、気になる臭いはしなかった。今は夏の盛りだ。中で何かあれば、何らかの異臭がするだろう。
「大丈夫みたいだったわ。まあ、明日、現れるかどうかによってって感じかな」
 私の言葉に、洋子はうなずいた。
「そうね。で、もし現れなかったら、憲二郎に連絡するの?」
「うん。そういうことになるかな」
「そう。売るつもりだと思ったから、憲二郎の不動産屋さんを紹介したんだけど。まさか、こんなに長い付き合いになるとはね」
 洋子が苦笑する。
「ほんとにね。相変わらず天敵だわよ」
 私が眉をひそめた時、バスガイドさんから声がかかった。
「まもなくランチのお店に到着します。皆さん、ご準備をお願いします。貴重品は持って出てくださいね」
 私たちは顔を見合わせてうなずくと、店構えを確認するべく窓の外に目を遣った。
cont_access.php?citi_cont_id=287044308&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ