挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
おねえさん大家の人情派日記 ~こんなアパート、いかがでしょう?~ 作者:みづき
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

56/91

第5章 A棟201号室 星本実莉さん(9)

「お部屋の壁紙は、屋根の修理が終わってから貼りかえるってお伺いしてますけど」
 私たちの突然の訪問に、星本は戸惑いの表情を見せた。
「いえ、今日はそのお話じゃないんですよ、星本さん。いえ、森戸志穂未さん」
 憲二郎の言葉に、星本実莉、いや、森戸志穂未の顔が凍り付く。
「人違いです。失礼します」
 そして、私たちを押しのけてドアを閉めようとした。
「ちょっと待ってください」
 直人がドアを両手でつかみ、閉めさせまいと必死で声を上げる。
「どうか、兄の居場所を教えてください。ご存知ですよね?」
「兄って?」
 志穂未の力が緩む。
「吉田幸一です」
 すると、志穂未が諦めたようにドアから手を放した。直人が続ける。
「母が生体肝移植を必要としているんです。でも、誰も合わなくて。兄なら血液型も一緒ですし、母を助けることができるかもしれない。だから、一刻も早く兄の行方を知りたいんです」
 志穂未は下を向いて黙り込んでいたが、やがて覚悟を決めたように顔を上げた。
「実は、私も幸一さんがどこにいるかわからないんです。不動産屋さんで別れて以来、一度も会っていなくて。携帯電話も料金未納で使えなくなってますし、もう連絡の取りようがないんです」
「そうなんですか」
 直人の顔に落胆の色が浮かぶ。
「本当にごめんなさい。私のせいで、こんなことに……」
 志穂未は消え入りそうな声でそう言い、頭を下げた。
「横からすみません。そこで探偵事務所をしている山下といいます」
 私たちの背後から、山下が顔を出す。
「幸一さんから受け取った、郵便物か何かありませんか?」
 すると、彼女はゆっくり顔を上げた。目に涙がたまっている。
「郵便物……。現金書留なら、これまでにも何度が届いてますけど、住所も電話番号もデタラメで」
「それでも、何か手掛かりはあるかもしれない。お手元にありますか?」
「ええ。ちょっとお待ちください」
 志穂未は目元を指でぬぐいながら、部屋の中に入っていった。食卓の上に置かれていた現金書留を手に、こちらに戻ってくる。
「これ、今日届いたものですけど」
「ちょっと失礼します」
 山下が、手を伸ばして受け取る。中を改めると、そこには1枚の写真が入っていた。幸一の顔がアップで写されている。
「お金と一緒に、こうやって自撮りの写真を入れてくるんです。元気だってことを伝えたいんだと思うんですけど」
 志穂未の説明を受け、山下が写真をじっと見つめる。そして、再度、封筒を眺めた。
「郵便証紙が貼られていますね。それに、写真には風景も少し写り込んでいます。これなら、何とか居場所を特定できるかもしれません。――これまでに届けられた他の封筒とか写真、残していらっしゃいますか?」
「はい。捨てることができなくて、全部取ってあります」
 志穂未がうなずく。
「それも、すべて見せていただけますか?」
「わかりました。持ってきます」
 志穂未が再び部屋に入っていくのを見て、山下が直人に向かってほほ笑んだ。
「少しだけ時間をください。きっと居場所を突き止めてみせますから」
「本当ですか?」
 直人が不安げに尋ねる。
「うちの探偵さんは優秀なんだぜ。任せとけよ」
 憲二郎が直人の肩をポンと叩いた。
cont_access.php?citi_cont_id=287044308&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ