挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
おねえさん大家の人情派日記 ~こんなアパート、いかがでしょう?~ 作者:みづき
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

48/91

第5章 A棟201号室 星本実莉さん(1)

「おい、起きろ」
 午前9時。惰眠をむさぼっていた私の目を覚まさせたのは、天敵・植原憲二郎からの電話だった。
「何?」
 我ながらひどい声で聞き返す。
「お前のアパートで、ついに雨漏りが発生したぞ」
「え? 雨漏り?」
「ああ。B棟201号室の加藤頼子かとうよりこさんから連絡があってな。天井から、壁伝いに水が垂れてきてるみたいだってさ。今朝、床が濡れていて気付いたらしい。昨日も一昨日も雨と風がすごかったから、その影響だろうな」
「床が濡れてる? 雨?」
 寝ぼけた頭では、事態を把握することができない。
「そうだよ。放置したら建物が傷むし、店子にも迷惑がかかるからな。早く修理した方がいいと思うぞ」
「迷惑? 修理? 雨漏りってこと?――大変じゃないの!」
 ようやく事情が飲み込めた私は、スマホを耳に当てたまま飛び起きた。
「どうしたらいいの? 修理って何するの?」
 混乱しながら尋ねる。
「まあ、雨漏りって言っても、原因はいろいろあるからな。屋根か壁か窓か……。いずれにしても、現場を見ないと何とも言えないな」
 憲二郎の落ち着いた声を聞き、少し冷静さを取り戻した。
「そう。いつ見に来てくれる?」
「知り合いの大工が、今日の午前中なら見に行けるって言ってくれてるから。10時でどうだ?」
 1時間を切っているが、何とか準備はできるだろう。
「わかったわ」
「ところで、お前、こんな時間まで寝てたらますますブタになるぞ。じゃあ、後でな」
 グサッと刺さる言葉を残して、電話が切れる。
 私だって、いつもこんなにダラダラと暮らしているわけではない。昨日は、久しぶりに幼馴染の村西洋子と2人で女子会をしたのだ。美味しいお酒に楽しい話。ついつい帰りが遅くなり、寝る時間も遅くなってしまったというわけだ。
「雨漏りかあ」
 ベッドから立ち上がり、窓に向かう。カーテンを開けると、アパートを眺めた。見慣れたとはいえ、やっぱりボロい。今まで無事だったこと自体、奇跡なのかもしれない。
「修理代、いくらくらいかかるんだろう」
 思わずため息がもれた。

 10時過ぎ、部屋のチャイムが鳴った。ドアを開けると、憲二郎が一人の男性を連れて立っていた。
「砂橋工務店の吉田直人よしだなおと君だ。ほら、中2の時に同じクラスだった吉田幸一よしだこういちっていただろ? あの幸一の弟さんだよ。3歳違いだったかな」
「そう。幸一君の」
 私が会釈すると、彼は小さく頭を下げた。双子かと思うほど、よく似ている。
 吉田幸一は中学の時、サッカー部のエースだった。高校時代にスカウトされてモデルの道に進んだ後、芸能事務所を起こして成功し、かなり派手な生活を送っていたらしい。しかし、スキャンダルが原因で仕事がなくなり、自分の事務所に所属していた女性タレントと共に失踪した。1年半ほど前の話だ。
「吉田直人です。植原不動産さんには、親父の代からずっとお世話になっていて…。兄貴はあんないい加減な男ですけど、僕はきちんと仕事させていただきますので、あの…」
「ここの親父さんも腕のいい大工だったんだが、腰をやっちまって引退したんだ。でも、さすが血筋だな。直人君もなかなかの腕前でさ。任せておけば安心だ」
 直人の言葉を遮り、憲二郎が私の顔を見ながら言う。こんな田舎町のことだ。幸一の事件の後、家族はさぞ肩身の狭い思いをしてきたことだろう。
「そう。それは心強いわ。よろしくお願いします」
 私がほほ笑むと、直人はホッとしたようにうなずいた。
「とりあえず、雨漏りの状況、確認させていただきますね」
「まずは、B棟の201から見せてもらおう。B棟の2階の人たちには、話がつけてあるから」
 憲二郎はそう言うと、階段を下りていった。直人も後に続く。
「わかったわ」
 私もドアに鍵をかけると、2人の後を追った。

「本当に、申し訳ありませんねえ」
 私は頭を下げながら、加藤の部屋に入った。賃貸人の加藤頼子は、60代後半の女性だ。少し下の妹、信代のぶよと2人で住んでいるが、その妹は今パートに出ているらしい。
「いえいえ、昨日はすごい雨と風でしたからねえ。朝、カーテンを開けようとしたら、床が濡れていて。すぐに見に来ていただけて、よかったですよ」
 頼子に穏やかにほほ笑まれ、少しホッとする。
「ああ、天井から来てますね。これ、屋根ですわ」
 直人が憲二郎を見る。
「天気予報ではしばらく晴れが続くみたいですけど。念のため、ビニールを貼って応急処置しておいた方がいいかもしれませんね。屋根を直すにしても、しばらくかかりますから」
「ということですけど、いかがでしょう? 見栄えが悪くて申し訳ありませんけど」
 憲二郎が頼子の方を見ると、彼女はうなずいた。
「誰が来るわけでもありませんし、とりあえず水濡れが広がらないようにしていただければ」
「すみませんねえ」
 私は再び頭を下げた。
cont_access.php?citi_cont_id=287044308&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ