挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ノブ、ずるいやん 作者:奈備 光
36/36

第 35 章 「ノブ、ずるいやん」

 ため息をついて優が立ち上がる。
「ガレバの土砂をどけてみられたら、奈津さんだけでなく、仙吉の死体がないか、ポンプや発電機などがないかも、お調べになることをお勧めします。さ、ノブ、行こう。綾ちゃんが心配」
 そういって、生駒に手を差し伸べる。

 生駒は立ち上がろうとした。
 しかし動けなかった。なぜか尻が上がらなかった。
 まだ立ち上がるときではない、という感触もあった。

 寺井が優に、胡散臭い目を向けていた。
 優もそれに気づいただろうが、彼女とて今の話を証明することはできない。唯一の根拠は、綾があの夜、ガレバに人の気配がしたと言ったことだけ……。

 トランシーバーが声を上げた。
「土砂から采奈津の死体が発見されました。それから男女の死体も出ました。大葉仙吉、采美千代だと思われます」
 寺井が眼を剥いた。

「やっぱり仙吉は、美千代さんに打ち明けたんやね。そして、ふたりで奈津さんを救いにガレバに降りていったんや」
 優が目を閉じて、頭を垂れて呟いた。
「打ち明けた? 大葉仙吉は、健治殺しや恭介殺しを美千代に告白したというんですか?」
「でなきゃ、なぜガレバまで奈津さんをつけていったのかを話しにくいやん。自分の使命を言わなきゃ」

 寺井はその他の可能性を考えているようだったが、もう、それをぶつけてはこなかった。
 生駒も優も、どうでもよかった。
 殺されたものも、殺したものも、そして自ら死を選んだものも、正当に扱われるのであれば。

「遺産は誰と誰が、受け取ることになるんかな……」
 そうは言ったものの、遺産のことなど、どうでもよかった。
 ただただ、悲しかった。千津は、老人ホームのベッドの上で、ほとんど死に絶えてしまった一族のことを、どう思うのだろう。
「千寿さんがどうするか、わからないけど……」

「あっ、そうそう。寺井さん。佳代子さんのことやけど、彼女の実の父親が誰かって、お調べになりました?」
「は? いえ……」
「大葉仙吉」
「ええっ?」
 寺井の驚きより、生駒が飛び上がりそうになった。

「クスノキの予言。虚ろに泥む子殺しは、山神の裁きを受けるであろう……」
「あああっ!」
「こんなふざけた財宝話や、神格化された滝やとか、そこに転がってる中身のない祠とか、そんな虚ろなものに拘って、人を殺してしまった仙吉……」
「なんという……」
「あのときの抱きつき方は、ね」
「それを仙吉は……」
「知らなかったんやない?」

 生駒は大きく息を吐き出す。
「ふーーう。そうであって欲しいよな。でないと、彼女があまりに……」
「西脇さんは知っていたと思うよ。たぶんね」
「そうなのか……」

「だから、岩穴であのとき、佳代子さんのことでもめたとき、仙吉っていう名前を出しかけた」
「健治が過剰に反応した、せん、という言葉」
「うん。でも、それは違った。西脇さんは、健治さん殺しの犯人としてではなく、圭子さんに佳代子を生ませた男の名として、仙吉の名前を飲み込んだ……」
 優の視線は、生駒の頭の上を通り越していた。
 振り返ると、西脇が突っ立っていた。
 いつから聞いていたのだろう。がくりと膝を落とすと、両手を地面についた。

 空を見上げた。
 夕焼けの空に、鷹が舞っていた。
「綾ちゃん、聞き耳頭巾、ノブにまだ貸してくれるかなぁ」
 優が話を締めくくった。

 大葉という苗字の由来。
 平石の上で殺された吾一の子孫は、どんな苗字を自分達につけたのだろう。
 吾一の血に染まった平石の下の青しそ、大葉……。
 ふたりで想像したその話を、優はしなかった。これ以上、想像を膨らませた話を、警察の耳に入れる必要はない。
 すべては終わってしまったのだから。

 生駒は、今度は立ち上がることができた。

 めまいがした。
 意識が吹き飛ぶくらいに激しく、しかし、どことなく待ち望んでいたような安心感のあるめまいだった。
 鳥の歌が聞こえてきた。綾の言ったとおりの歌詞……。

 視界が暗転し、ぼやけてきた。

 と、優の腕が、生駒の体を抱きすくめた。
「ノブ、大丈夫? 顔色悪いよ」
「そりゃあ……悪いやろ。こんな……結末で、今更、なにがわかっても……」

 気がつくと、生駒は屋敷の庭に立っていた。
 綾の瞳も、不安そうに見つめている。

「ノブ、急に大切な石に座り込むんやもん。罰が当たるよ。石は割れるしさ」

 眼を落とすと、生駒は平石の脇の、小さな石に座り込んでいたようだ。
 そのトキの石、権現さんの像が真っ二つに割れていた。

「んんん?」
「いったい、どうしたんよ!」
「今、割れたんか?」
「え? 今?」
「いつから座ってたんや?」
「はあ? なに言うてんのん。たった今やんか!」

 生駒は頭巾を取り、綾に返した。

「さあてと、今日の葬式は何時からやったかな?」
 生駒は、晴れ晴れとした顔でいった。

「ノブ、もしかして……」
「おおいしこいしの、小さい方の石ってのは、この権現さんの石のことやったんやな」
「はあ? 聞き耳頭巾で、わらべ歌の歌詞の意味も聞いたとか……」

 水の溜まった針の穴とは滝壷の中の横穴のことだろう。
 あれを潜り抜けていけば、アマガハラノの栗の木の横の井戸に繋がっているのだ。聞き耳頭巾がなくても、迷わず栗の木に行き着くように設けられた抜け道。自然にできた岩の裂け目なのだろう。
 その秘密が、采家を守るものという話になり、財宝の話へと変化していったのだ。

「財宝か……」
 アマガハラノで迷うことを確かめた上で、あの井戸を降りていけばその真否は確認できる。
 しかし、もちろん生駒にそんな気はない。
「それも、わかってしまったとか?」
 優が顔を輝かせている。
 生駒はニッと笑った。

 たくみのゆめ、は宅見の夢ではない。匠の夢だ。つまり建築家である生駒が見る夢。

 鳥が歌った二番の、「せんのとがにや、おざぶをはずせ」は、仙吉の咎や無力を揶揄したものではなく、事実を暴くために、生駒にこの石の上にじかに座れと呼びかけていたのだった。

「わわわっ、ノブ、ずるいやん! まさか、犯人を!」
「ユウの推理もなかなか」

 橘文雄が綾を迎えに来て、相変わらずブスッとした会釈だけを残して帰っていった。
「生駒さーん、何もないけど、朝食の準備ができましたよー。急がないと、健治さんのお葬式に間に合わないよー」
 松の間から、久米が呼ぶ声が聞こえた。



最後までお読みくださり、ありがとうございます!
山奥の村の、もう誰も住まなくなったお屋敷の掃除ボランティアに参加したことがあります。数ヶ月は通ったでしょうか。そのときの色々なシーンが忘れられなくて、この小説を思い立ちました。
前半がだるすぎて、投げ出したくなるというお声を頂きますが、精進の足らない私の書いたもの。なんとかご容赦くださいませ。
ぜひ、ご感想、ご評価を。
cont_access.php?citi_cont_id=297005171&s

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

三兄弟の事件簿〜あの世からのメール〜

高橋空。紫藤海。春名光は三つ子の兄弟。早くに親を亡くして、それぞれ別の家に引き取られている。 同じ高校に入学した彼らに、夏休みが訪れた。『宿題を早く終わらせて遊//

  • 推理〔文芸〕
  • 完結済(全37部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2010/11/08 12:22
小鳥遊コトリの存在証明

「私には魔法がかけられている」と語る少女。彼女は自分自身が魔法の存在している証明になるという。魔法使いによってかけられた呪いのせいで自由が奪われ、好きということ//

  • 推理〔文芸〕
  • 連載(全3部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/06/23 17:34
湖畔の殺人

大学に入学した私神村律子は、何となく入会してしまった推理小説同好会の新入生歓迎旅行に参加した。それが恐るべき事件の幕開けとなるのも知らずに。 同好会に私と同日に//

  • 推理〔文芸〕
  • 完結済(全24部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2008/08/07 21:46
死んだ子供からの手紙

僕が住んでいるマンションで、子供が餓死する事件が起きる。 子供の死体が発見される数日前、僕は子供から手紙をもらったという女性と会っていた。 死体の出した手紙。聞//

  • 推理〔文芸〕
  • 完結済(全4部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/03/19 03:08
KY探偵事務所の日常で非日常な日々

 ぼやーっとした顔で何となく事件を解決する所長の霧夜と、何でもそつなくこなし、彼をサポートする秘書兼従業員の柚羽。  事務所の扉を叩く人は、何故か一癖も二癖もあ//

  • 推理〔文芸〕
  • 完結済(全28部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/05/14 20:18
サントノーレ

姿かたちの異なる「人類」。彼らが共に暮らすことはできるのだろうか。そしてその場所は果たしてこの地球なのか。 人造人間のものとなった街を取り戻すべく、地下エリアに//

  • 推理〔文芸〕
  • 完結済(全118部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/02/16 15:23
すぐれた観察者

平穏に暮らしていたミサコはある日、前の家に住む一家に不審なものを感じる。 閉めきられた窓、姿を見せなくなった妻と二人の子供たち。 そんなある日、ミサコはその家の//

  • 推理〔文芸〕
  • 完結済(全6部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/06/01 14:06
TRUST_ЯICK

CASE1:マンション駐輪場高校生刺殺事件【06月28日解決済み】/ CASE2:資産家遺体遺棄事件【08月22日解決済み】/CASE FINAL:警視総監暗殺//

  • 推理〔文芸〕
  • 連載(全68部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/09/23 17:41
俺より強いあの娘を殴りに行く

「さぁ、俺より強いやつに会いに行こう!」  対戦格闘ゲームのブームが去って数年、細々と経営を続ける街のゲームセンターの片隅で、磨きぬいた技術を競い合う格闘ゲーマ//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全38部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/05/10 01:57
パリサイド

パリサイド星域に到達した宇宙船の中で、一人の兵士が連行された。取り戻そうとする東部方面攻撃隊の前に立ちはだかる強大な壁。その向こうにいるものは。 地球人類が経験//

  • 推理〔文芸〕
  • 完結済(全82部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/06/09 21:51
終天の異世界と拳撃の騎士

長年打ち込んできた空手に挫折しかけ、無気力な日々を過ごす高校生の少年・有海流護。ある初夏の晩、あれこれ思い悩む流護は、疎遠気味になっていた幼なじみの少女を夏祭り//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全341部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/03/07 21:44
My world

神下高校に通いオカルトものを扱う非公式の部活、恐怖蒐集クラブとして活動を行う悟、楓、操。 ある日操が持ちかけたある都市伝説にまつわるパズルの話をきっかけに、想像//

  • ホラー〔文芸〕
  • 完結済(全42部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/05/30 00:42
トマソンへようこそ

存在がまるで芸術のようでありながら、その役にたたなさ・非実用において芸術よりももっと芸術らしい物を「超芸術」と呼び、その中でも不動産に属するものをトマソンと呼ぶ//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全9部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/07/15 22:35
小鳥遊コトリは退屈している

『あなたのことを殺してあげる。とっておきの方法で』――死にたがりのニートに、そう話しかける女子高生。そしてある日、男が殺されているのが見つかる。男は自宅マンショ//

  • 推理〔文芸〕
  • 完結済(全20部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/03/12 20:45
この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。 その熱狂的なファンである相良操麻は、不思//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 23:59
POISON&FOREST ―神なきDOLLの探偵団―

時に2027年。DOLLと呼ばれる心をもった機械の少女達が、ヒトと共生する未来。九州の南の海に浮かぶ屋久島につくられた緑化実験都市には、ヒトとDOLLが一緒に通//

  • 空想科学〔SF〕
  • 完結済(全13部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/07/28 14:48
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
探偵と刑事

数々の難事件を解決する私立探偵・黒沢 聡の物語。

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全29部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/12/27 05:56
↑ページトップへ