挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ノブ、ずるいやん 作者:奈備 光
31/36

第 30 章 「はりのあなをば」

 やがてあたりに静けさが戻ってきた。
 生駒の心に、ふわーと暖かいものが広がってきた。そっと息をした。
 たち込めた土煙も徐々に収まってきた。足元が見えるようになって、注意深くさらに登った。
 ふたつほど石を乗り越えると、優が立っていた。

「もっと上まで! また落ちてくるかもしれない!」
 すぐ横の土ぼこりの中から、寺井の声。
「綾ちゃん、聞こえた?」
 生駒も叫ぶ。
「はい!」
 綾はもう少し前にいた。

 さらに登った。
 大きな水のシャワーのところで、ようやく周囲が元通り見えるようになった。
 振り返ってみると、丸い巨石があったところは、土砂で埋まっていた。奈津の体もろとも。何本かの木が落ちて、岩盤の隙間に引っかかっていた。

 ガレバの一番上、砂利の一畳座敷に到達して、ようやく足を止めた。
 水しぶきを潜ってきたせいで、顔についた土ぼこりが流され、誰の顔にも奇妙な茶色の縦筋がついていた。
 寺井が階段の隙間を見上げた。上にいる刑事と二言三言交わしてから、ほっとした声を出した。

「もう大丈夫そうだな。ここでしばらく様子を見る」
 ひとりずつ顔を覗き込み、
「皆さん、無事みたいですな。よかった」
と、顔を撫でて濡れた土埃を塗りたくった。
 手の平を擦り合わせ、ホウッと息を吐き出した。

「怪我はないですか?」
 刑事が背負っていた荷物から救急箱を取り出した。
「綾ちゃん、大丈夫? 道長さんは?」
 軍手をしてこなかった刑事のひとりが手の平から血を流していた。幸いにも人的被害はそれだけだった。

「危ないところだった」
 寺井は安堵の声をあげたが、向き直った顔には緊張感が溢れていた。

「いったい、これはどういうことなんです!」
「それにしても、すさまじかったですね」
 生駒は、努めてさらりと言ったものの、心臓はまだバクバク状態だったし、声も震えていたかもしれない。
 もちろん頭は、予想外のことに空回りしていた。
 ここで起きるかもしれないと考えていたことがなんだったのか、自分たちが確かめようとしていたことがなんだったのか、忘れてしまいそうになっていた。

 危うく死にかけた恐ろしさにだけではない。
 奈津の厳しい表情。ずり落ちそうになった亡骸。そして鉄の芯棒……。
 それらは一瞬のうちに土砂に埋まってしまったが。

 生駒は、
「すさまじい仕掛けが」
といって、今見たものを頭の中で整理しようとした。

 さっき、ちらりと見えたもの。
 奈津は、石に付き立てられた鉄の芯棒に、括りつけられていたのだった。
 石が割れ、芯棒は奈津を括りつけたロープから、カランと抜け落ち、奈津は投げ出されたのだった。

「どういうことなのか!」
 再び寺井の厳しい声がした。
 生駒は、ハッとして崩れ落ちた土砂から目を放すと、寺井に向き直った。

「説明をお願いしたい」
 しかし、なにをどこから話せばいいのか、瞬時に思いつかない。
 いや、まだ話せなかった。
 考えがまとまっていなかった。
 事件の全貌は整理できていたはずだが、それが正しいのかどうか、自信が持てなくなってしまっていた。奈津がああいう死に方をしていたばかりか、生駒達までも命を落としかねない事故が起きた。
 そしてすべてが土砂に埋まってしまうなどということは、まったく予想の範囲を超えていた。

 怒りがこもった眼が睨んでいた。
 しかし生駒が発した言葉は、
「財宝を守るために……」
「石が割れて、大変なことになるっていうのは……」
 というふたつの短いフレーズだけだった。

 寺井が目を剥き、「財宝ぉ!」とわめき始めた。

 生駒の頭は、たった今、目の前で起きたことに、まだ支配されていた。
 綾がホトトギスから聞いた話……。石がもろくなっている。そして大変なことになる。
 奈津はそれがこの石のことだと知っていたのだ。
 そして自分が人柱に……。あの鉄の芯棒……。滝の財宝を守る仕掛けなのか……。

 刑事が訳知り顔で頷いた。
「仕掛けというより、たまたま、ああなったということかもしれません」
 寺井がビシリと否定する。
「ばかやろう! 鉄の棒を引っ張れば、互いの岩のバランスが崩れて、あの馬鹿でかい石が転げ落ちるという寸法だ!」
「でも、それなら相当の力がいりますよ。梃子を使うかなにかして……」
 刑事がなおも言おうとするのを、寺井は無視する。

「生駒さん、では話は後ほど聞きします。が、今、久米と橘がこの先にいるということで、よろしいんですな」
 頷くしかない。
「うむ。そろそろいいか」
と、寺井が崖を見上げて確認した。
 刑事をひとり選び、山を降りて応援を頼みに行くよう指示してから、
「ここからは我々が先に行かせてもらう」
と、先頭に立ってガレバを降り始めた。

 奈津を飲み込んだ土砂を登り超えると、小さな池が見えた。
 この先のガレバは土砂で埋まり、石混じりのふかふかの土を踏んでいく。
 すぐに小さな池の縁に降り立った。
 周りはやはり切り立った崖に囲まれている。苔やシダが繁茂し、濃厚な緑で覆われていた。

「誰もいませんな」
 久米や橘の姿は見えなかった。
「ここが滝壷か」
 寺井の自問は聞き流し、生駒は池を覗きこんだ。
 テニスコートほどの広さで整った円形をしている。しかし水深はあるようで、泡立った水をすかしてみても底を見ることはできない。さっき巨石が転げ落ちたせいで、相当派手な水しぶきが上がったのだろう。縁からかなり下がった位置に水面がある。
 あたり一面が濡れていた。
 しかし、滝そのものはない。

「滝ねえ」
「水枯れかな?」
「今年は普通に雨が降ってますけどねえ」
 などと刑事は言い合っている。腑に落ちないのだ。
 崖に一筋、岩が濡れて黒ずんでいる。本来はここに水が落ちていたのだ。上流で流れる方向を変えた岩代川は、ガレバに落ち、累々とした石の下を通って、滝壷をかすめて流れ下っていた。

 道長が、滝壷を覗き込んでいた。
「お宝はあの石の下。きっと、もともと引き上げることなんてできなかったのね。いったいなんだったんだろう。それもわからなくなってしまった」
 綾は黙って濁った水を見つめ続けている。

「あ、あそこ」
 優が、水位の下がった滝壷の壁に横穴を見つけた。
「水の溜まった針の穴ってのは、あれのことかな」
 昨夜ベッドの中で、村の遊び歌の歌詞を検証してみたのだが、唯一このフレーズだけ意味がわからなかったのだ。
 しかし、そんな昨夜のことさえ、もう何日も前のような気がした。
 奈津の死体を発見し、危うく自分達も死にかけ、今はこうして滝壷を覗き込みながら、なんらかの形で久米や橘の発見を待っている……。

 刑事の声があがった。
 縄梯子が落ちていた。
「久米さんらが使ったものでしょう」
 ほつれた繊維の切り口が、刃物で断ち切られたような断面をしていた。
「ボンベがあります!」
 また声があがった。
 アクアラングのボンベが岩の隙間に挟まっていた。

「ああーっ!」
 黙りこんでいた綾が、ついに悲鳴を上げた。

 橘の死体が浮かんできた。
 口からまだ血が流れ出していた。
 優が、真っ青になって震えだした綾を抱きしめた。

 久米を見つけたのは、橘を岸に引き上げてからのことだった。
 下流、井桁に組まれた人止めの障壁によって作られた、狭い人工のダム湖。
 水から突き出た木の枝に引っかかっていた。体は押しつぶされ、無残な死に顔を晴れ渡った空に向けていた。
cont_access.php?citi_cont_id=297005171&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ