挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ノブ、ずるいやん 作者:奈備 光
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

22/36

第 21 章 「くりのきからすな」

 翌朝、生駒が目を覚ましたとき、久米はいつものように、すでに朝食の用意をしていた。

 怖い言葉を聞いた後だったが、綾にせっつかれて頭巾をかぶってみた。好奇心があった。というより綾の気持ちを少しでもほぐしてやりたかった。
 鳥が様々にさえずっていた。

「どう?」
「んー」
 木や石は夜にならないと声はまず聞けないが、鳥や蛙など声を発する生き物は昼間でもいいという。
 生駒は庭に出て耳を澄ました。聞こえてくるのは鳥のさえずりだけ。

「ゆっくり」
「聞こうとしないで」
「自然に耳に入ってくるのを待って」

 綾が指導してくれる。
 聞こう聞こうと力が入ったら駄目なのだ。
 生駒は緩く目を瞑り、頭を垂れて体の力を抜いた。そして、呼吸を整え、頭を空っぽにしようとした。
 五分、十分と経ったろうか。

「もう少し」
 綾のささやく声が聞こえた。

 生駒は成功した。

 鳥のさえずりが歌っているように聞こえた。
 やがてフレーズまで聞こえてきた。
 いや、聞こえたのではないのかもしれない。しかし、生駒の意識は確実にその言葉を捉えていた。シジュウカラが何度も何度も同じ歌を歌っていた。

 くりのきからすな

「そんなふうに聞こえた」
「もう少し、もう少し」
 綾のささやくような声。
 しかし生駒はこれ以上は聞き取れなかった。ふっと焦りが生じた途端に、鳥の歌はいつものさえずりとしか聞こえなくなった。

「おじさん!すごい! それ正解! 私もいつもそれ聞いてる! すごいすごい!」
「へへ」
 生駒はうれしかった。
 こんな気持ちになったことは、これまでなかったかもしれない。
 大好きな綾の瞳。大切な大切な綾の瞳。信じきり、そして喜びに溢れた瞳。それがまっすぐ生駒に向けられていた。

「続きはね」
 くりのきからすな
 くりのきからすな
 おおいしこいし
 みずのたまった
 はりのあなをば
 とおりゃんせ
 やまあらしは
 たくみのゆめ
 せんのとがあきゃ
 おざぶをあてよ
「なのよ!」

 もう、綾は飛び跳ねるようにして、喜びを表していた。
「さ、もう一度やってみて!」
「うん」


 ……ああ、そう聞こえる。

 しかし、最後は微妙に違う。
 生駒には、せんのとがにや、おざぶをはずせ、としか聞こえなかった。

 それでも生駒は、なんとも言いようのないすばらしい気分に浸っていた。
 そしていつしか、生駒のすべての感覚は、虚空に浮遊していた。
cont_access.php?citi_cont_id=297005171&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ