挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ノブ、ずるいやん 作者:奈備 光
1/36

プロローグ

プロローグ


くりのきからすな
くりのきからすな
おおいしこいし
みずのたまった
はりのあなをば
とおりゃんせ
やまあらしは
たくみのゆめ
せんのとがあきゃ
おざぶをあてよ


 山奥の隠れ里。老人ばかりが目立つ村。
 移り住んだ綾に、歌い継がれた遊び歌を教えてくれる子供はもう誰もいなかった。


 アマガハラノは今朝見たときとは印象を全く異にしていた。すがすがしい朝の光の中で隈取のある細い葉を風になびかせていた笹原には、すでに山の影が落ち、徐々に彩度のない世界に入っていこうとしていた。
 どことなく不気味で、しんと静まりかえっていた。
 踏み込むことを躊躇するかのようにアマガハラノの入口で立ち止まった者達を、固い意思で阻止しようとしているかのように、クマザサの葉はさらりとも動かなかった。

 西脇が叫ぶ。

 朝、あれだけ呼びかけてみたのだ。いまさら声が返ってこようとは誰も期待していない。
「さ、行ってみましょう。もう一度、栗の木のところへ」
 道長が促した。生駒たちは歩き出した。
「栗の木には行き着けないかも知れないけど」
 時折、西脇がうめき声をあげる以外、誰もが黙りこくっている。半日ほどもたって、人がこんなところにひとりでいるはずもない。むなしい行為……。
 空気の冷たさがそんな思いを募らせた。

 生駒は振り返って笹原の中からでも見えそうな大きな木を探した。万一、笹原の中で迷ってしまっては困る。目印を確認したのだった。
 そして列の最後を歩きながら、別のことを考えた。改めて栗の木の伝説のことを。

 しかし今は空想に耽っているときではない。思いなおし、振り返って目印の木が見えていることを確かめた。

 西脇と仙吉が踏み分け道の両側の笹を掻き分け始めた。
 これだけクマザサの密生した中をしらみ潰しに調べるというのは、気の遠くなる作業だ。しかも陽はすでに西に傾き、陽の光は笹の中まで届いていない。無数の薄暗い小さな空間を闇雲に覗いていくようなものだ。
 しかし生駒も優も道長も、それぞれの持分が決められたかのように笹を掻き分け始めた。そうしながら徐々に笹原の奥へ分け入っていった。

 かなり長い時間そうしていたように思う。
「道が狭くなっていると思わない?」
 優がつぶやいた。
 誰も返事をしなかったが、朝、笹を切り倒し、かき分けて作った道が狭まっているのを生駒も感づいていた。
 もしやこのアマガハラノの結界は活きているのではないかと思い始めたとき、ついに道長が声を上げた。
「あ」
 仙吉と西脇がいっせいに振り返った。
「ここ」
 笹が不自然に倒れていた。
 笹が脛の辺りで刈られているのだが、それがまとまって根元から折れている。何度も踏みつけられたかのように。
 そのこと自体はおかしなことではないが、倒れている方向が踏み分け道に平行ではない。

「誰か、ここで転んだかしら」
 道長が努めて冷静に言ったが、その声が消えないうちに、西脇が笹の屏風に猛然と頭ごと突っ込んだ。
 頬にすっと血が流れたが、かまってはいない。
「あっ!」

 次の瞬間、西脇が声をあげたときには、だれもが最悪の事態を覚悟していた。
「これは!」
 笹が両側に押し倒されて、細いトンネルのような空間が開いていた。上からでは一面の笹原のように見えるだろう。しかし笹の茎は明らかに折り曲げられ、人かあるいは大きな獣が通った跡のように一筋の狭い空洞ができていた。

 西脇が飛び込んでいく。仙吉が後に続く。生駒も。

 西脇の悲痛な叫び声がこだました。
 再び響く声。もう、悲鳴だった。

 男は、クマザサの密生する藪の中に、細い獣道のような空洞の突き当たりに、冷たくなって転がっていた。
 なにものかから身を守るかのように、体を丸めた格好で。
 背中から流された血は赤いTシャツに沁みこんで、すでに黒く乾いていた。

 またひとつ、悲鳴がこだました。
 振り返ると、ユウが顔色を変えていた。
「道が消える!」
 笹原がじわりと動いたかのように、今通ってきたばかりの道が笹に覆われようとしていた。
「まずい!」
 このままでは山奥の笹原の中に取り残されてしまう。夜が迫っていた。
 西脇を引きずるようにして、五人は原っぱの入口に向かって駆け出していた。
「携帯ストラップは!」
「だって、写真撮ることないと思ったから!」
 ユウは先頭を駆けていく。
「大事なときに!」
「あーん、手が切れた!」

 恐ろしいことが起きていた。あの事件からちょうど一年後、狂気がひとつ、あるいはふたつ、村を覆う大気を震わせていた。

 屋敷の大広間の襖は開け放たれ、人々が押し黙って座り込んでいた。高熱を発して寝込んでしまったものもいる。
 てんでバラバラバラに座った人々は、白々とした蛍光灯の元で、警察からのなんらかの連絡を待っていた。
 部屋の隅の座卓には折り詰め弁当が積まれていたが、まだ誰も手をつけていなかった。

 重苦しい座敷の隅で、生駒にはこの村を訪れた昨夜からの出来事を反芻することしかできなかった。

 蛍が……。
cont_access.php?citi_cont_id=297005171&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ