挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

ようこそ! 倫理崩壊ノスタルジア

作者:ことぬき
 大林おおばやし 倫理りんりは後悔した。こんなことになるのなら異世界転生などしなければよかったと、自分の選択を大いに悔やんでいた。

『身体が弱く、若くして死んだ倫理。私は其方を天から見ていました。己の境遇を恨むことなく純粋なまま人生を過ごした倫理よ。私はその無垢な魂に感銘を受けたのです。だからこそ提案させてください。其方には特別に選択する自由を』

 闇で染まった世界を身から出る光で照らす女神。今まで見た女性の中で一番美しいと思えたその女神が提示した選択は二つ。
 一つ目はこのまま記憶を失い、高い知能を持った生物に生まれ変わる。
 二つ目はこのまま記憶を保ち、高い知能を持った生物に生まれ変わり、そのうえ倫理が望むモノを一つ授ける。だがその代わり、神が指定した世界に飛ばされる。
 といったモノだった。

 倫理は悩むことなく二つ目を選択した。神が指定した世界というのが気にかかるが、それを無視しても問題がないほどの大きな利点があったからだ。
 その選択をした倫理を見て、女神は微笑む。

『わかりました。では、倫理。其方の望みを申しなさい』
『はい、僕は――――』

 誰にも危害を加えられない強靭な身体が欲しいです。


「わ、わぁぁぁぁぁぁぁ!」
「い、嫌だ! 死にたくないぃぃぃぃぃ!」

 空調から青いガスが部屋に流れ込む。その中にいた人々はそれを見ると暴れ出し、絶叫しながら扉や壁を殴打した。

「ここから出せぇぇぇぇぇぇ!」

 地獄。その小さな部屋に内包された濃縮した負は、真っ当な精神を持つ人間ならば目を背ける凄まじい光景だった。
 だが、これを行い、今もなお観察している彼らはそのような精神など持ち合わせておらず、更に言えばこの世界にそのような正常な人間は存在していなかった。
 ――――いや、ただ一人を除いては。

「実験終了。お疲れ様でした。お疲れ様でした」

 機械音声が部屋に木霊すと、空調は正常に稼働し、青いガスは綺麗に取り除かれる。そして、空気が抜けたような音とともに部屋の扉は横にスライドした。
 床を擦る音が部屋の中でする。
 それを発生させているモノは、移動しているのか扉のほうに近づいていくと、ゆっくりとした動作で部屋から出た。

「…………」

 ソレが出ると部屋の扉は自動的に閉まろうとする。
 生存者は一人。
 それ以外は全員死に、部屋の中には無数の死体が転がっていた。
 倫理――この世界での名はザ・ミステリアス。
 彼は扉が完全に閉まるまで、命を失った肉の塊たちを眺めていた。その視線はどこか羨ましそうで、生き残ったはずだというのに、その表情は絶望で満ち溢れていた。

「…………ほんと、最悪だ」

 彼はボソッと呟くと、スリッパで音を奏でながら自分の部屋に戻る。他の部屋から聞こえる狂気を少しでも妨げるために。

 ここは技術の発展により倫理が崩壊した世界。
 ザ・ミステリアスは思い出に耽る。
 過ごした年月は短かったが、美しかったあの前世(故郷)のことを。
17/06/25 修正しました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ