挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
舞々花伝 作者:一瀬詞貴

跋ノ段

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

41/41

そして、日常(2)

「え――――――?」
 僕は目を瞠った。
 次の瞬間、彼は二人の弟の間に割って入っていた。その右手は猿彦のヤスケの柄を、左手は元雅くんの打ち杖を掴んでいた。
 ……もと大夫候補なだけはある。僕の口から知れず「凄い……」と、嘆息が漏れる。
〔重兄!?〕
 慌ててヤスケを引く猿彦に倣い、元雅くんも舌打ちをして杖を引いた。
「猿彦。まーくん。……君たちがとても仲が良いのは知っています。ですが、やはり、君たちが怪我をするのは見たくはありません」
 慈愛のこめられた声音に、渋々ながら弟たちが大人しくなる。それに元重さんはとても満足そうに顔を綻ばせると、
「ですから、不満があるなら、この兄にぶつけなさい」
 言って、どん、と自身の胸を叩いた。
「さあ! そのたぎる苛立ちを拳に乗せて、この私に…………ッ!!」
 きらきらと目を輝かせて。
 期待に胸を膨らませるような表情で。
「う!」
 ビュンッと元雅くんの杖がしなる。
 ついで、ヤスケの柄が見事に彼の腹を突いた。
「はぐっ!!」
 ……そのまま、元重さんは地に崩れた。
 彼が罪の意識ゆえに痛みを求めてきたのだとしても……ここまでくると、やっぱり性癖なんだろうなぁ。
「も……もっと。構いませんよ、さあ、もっと、気が済むまで…………うぐっ」
 頬を上気させて悶えた元重さんは、低い呻き声をあげるとガクリと力なく意識を手放した。
 縁側から飛び降りざま、しいちゃんがすかさず懐から取り出した扇で兄のうなじを殴りつけたのだ。それが……とどめだった。
「あ! ま、待って、しいちゃん! 置いていかないで!」
 気絶した兄の足を引きずり、廊下によじ登るしいちゃんの後を僕は慌てて追う。
 ……背後から、薄気味悪い笑い声が聞こえたのはその時だった。
「ふ、ふふ」
 僕はおそるおそる元雅くんを振り返った。
 と、その前で仁王立ちしていた猿彦も、ヤスケを振るわせ腹を抱えている。
「も、元雅くん? 猿彦? ど、どうしちゃったの……?」
「仲が良い、だって。初めて言われた」
〔ああ〕
 猿彦が素直に頷く。
 その、二人一緒に笑い合う砕けた様子には、本当に親しみが滲んでいて。
 え? まさか、本当に?
 僕は驚き、目を瞠った。
 元重さんが言った通り、本当に二人は仲が良いから喧嘩(この場合殺し合いだけど)をしてきたとでもいうのだろうか。
 大夫のことなど色々あって、二人は仲違いしたけれど、本は仲の良い兄弟。確かに思い返してみれば、戦いの時には、誰よりも互いを信頼していた。それは喧嘩仲間であり相手の力を認めているからだと思っていたけれど、引っ繰り返してみれば、それほど仲が良い、と思えなくもない。二人とも、不器用で素直じゃないだけなのだ。
 そんな温かな真実に、僕は改めて肩を揺すって笑う二人を眺め、眉尻を下げた。が。
「最低だよ」
〔最低だな〕
 ほのぼのとした雰囲気は殺気立つ紅の空気に取って代られた。目にも止まらぬ速さで、二人揃って神器を相手に突きつけたのだ。
〔あの変態兄貴に前言撤回させるためにも……はっきり言わせてもらうがな〕
 猿彦の背後に本気の怒気が揺れる。
〔俺はてめぇが大っっっっっ嫌いなんだよ!〕
「奇遇だね。僕もだよ。っていうか……」
 顎を持ち上げて、見下すように猿彦へ視線を投げる元雅くんの瞳は凍るように冷たい。
「あんたと仲が良いと思われるくらいなら、死んだ方がましだ」
 元雅くんが腰元から面を取り出し素早くかけた。増女の美しい女性の面差しが、みるみる内に般若の形相へと変貌していく。
 ぴしり、と打ち杖が宙を斬る。
〔じゃぁ、今すぐ彼岸に渡ってこいやぁッ!!〕
 猿彦が吠える。
「し、しいちゃん! ぼ、僕も行くよ……っ」
 僕は身の危険を感じて再び、末妹の背を追った。視界の端で、猿彦が頭上でヤスケを一回転させるのが見えた。と、
〔――――舞え、敦盛っ!!〕
 何故か、僕に下される命令。
「ちょっ――――――!?」
 元雅くんが降霊したなら、猿彦だけの力では相対するのは難しいだろう。でも、だからって、僕が痛い思いをして、兄弟喧嘩に巻き込まれる理由はないのだ。
 唐突に身体を得た僕は、その場に膝を突いた。しいちゃんに助けを求めた僕の指先に空っ風が吹き抜ける……申し訳なさそうに、しいちゃんは僕を振り返ってから、長兄を引きずりさっさと楽屋へと引っ込んでしまった。
(完膚無きまでに奴を泣かせろ!)
 わんわんと脳内に響く声。
 僕はキッと目前の元雅くんを見上げて、ぶるりと身体を震わせた。。
 紅の狩衣が、燃えさかる炎のように威圧的だった。
 で、でも、ここでやらなきゃ僕が殺られる。
 僕は猿面へと手をかけた。右手に熱が集まり、面が笛に変化する。
 戦慄く唇を舌で湿らせる。僕はからからに渇いた喉に生唾を下すと、
「あ……あ敦盛、ま、まい、参り――――」
 ぎゅっと笛を握って、
「――――参りましたッ」
 丁寧に膝をついて頭を下げた。馬鹿の一つ覚えだと言われたって構わない。土下座で済むなら何度だって額をこすり付けよう。
 僕は痛いのが大嫌いです。
(あ……敦盛いいいいいいいいいいい!!)
「いい加減にしてよ! 僕が何度君たちの喧嘩で死にかけた事か――」
 脳内に響く怒号に僕は言い返す。
 びりり、と右手が痺れて神経が途切れる感覚。……これでこの前は左から殴られたんだ。
 僕はふっと口元に笑みを刻んだ。さぁ、くるならこい。怨霊だって学習するんだぞ――――
 左に全神経を集中させ、身構えた僕は、
(もっぺん死んでこいッ!)
「へぶっ!」
 思い切り右頬に拳をねじ込まれて、意識を手放したのだった。
最後までお付き合いくださり、本当にありがとうございました。

新作は、2015年1月16日から始まります。
『アラベスクに問え!』
http://ncode.syosetu.com/n1505cm/
こちらもよろしくお願いします!
linenovel.gif


ポチッとしていただけると、嬉しいです!

web拍手 by FC2

cont_access.php?citi_cont_id=22032237&si

小説家になろう 勝手にランキング


素材お借りしました→  ふわふわ。り  はこ

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全41部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 08:55
魔王さまは薬屋さんに夢中

 「鷹を助けたら魔王さまから求婚されました」  薬屋の娘なのに回復魔法が使えないリリアは、ある日突然花嫁として敵対している闇の国に送られる。そんな闇の国での生活//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全28部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/02/03 08:05
悪役令嬢は負けません。

悪役令嬢に転生した少女でしたが、何故かゴキブリ並みにしぶとい原作の悪役令嬢と違い、不治の病を患うことで、原作のシナリオが大幅に狂うことに…。 「ヒロインの//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全9部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/08 15:36
ログ・ホライズン

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々が//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全131部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/31 20:00
魔術学院の恋愛事情

とある魔術学院に通う平凡な私に、突然ふってわいた非凡な彼との関係。「俺の子供を産んでくれ」って何ですか!? 名門の家柄にも無駄に美形な顔にも興味ありません。頼む//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全74部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/03/05 00:47
一瞬前まで、勇者のハーレム要員でした

コレットは絶望した。多数いる勇者のハーレム要員の二軍に落ちてしまったのだ。勇者様に必要とされないなら生きていても意味がない――もう、死のう。そう思い潔く自殺をし//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/01/31 00:30
乙女ゲーム。転生。チート。……どうせおまけの人生なら楽しませていただきます!

アラフォーの私はなぜか気がついたらゲームの世界へ転生していたようです。 しかもお約束のようにヒロインのライバルキャラの悪役女として。 しかも死亡ENDしかない//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全43部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/03/19 00:42
隠山妖恋物語~蜘蛛の糸は月の鈴を絡めとる~

隠山。その山奥に建つ学校に通うのは、皆一様に人間ではない、妖と呼ばれる存在。そんな学校に通う少女・輝音(かぐね)も、当然人間ではない。クールな彼女の悩みは、学校//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全22部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/05/13 22:12
やみのひとたち【短編集】

主にヤンデレ系短編集です。1話1話につながりはありません。気になるタイトルからお読みください。アップ後に、毎回「完結」します。コンセプトは気軽にヤンデレ。*「ヤ//

  • その他〔その他〕
  • 完結済(全5部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/07/21 00:00
わたしとペットたち

わたしのペットは、有り余るその情熱をただわたしのみに向け、他のものには関心を示さない。興味があるのは、わたしにだけ……。 ※ヤンデレを書いてみたくて書き始めた//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全12部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/01/04 19:00
幸せな脇役

深い森に囲まれた村に生まれた私は、ある日前世の記憶が甦る。しかも、前世でプレイしたことのある乙女ゲームの世界に生まれ変わったのだと気付く。 しかも、敬愛するお嬢//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全13部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/09/06 22:27
ここは人類最前線

私の村は別名「人類最前線」。原因は魔王城の隣にあるから。  え? 魔族の村かって? いえいえ、人間の村ですよ。 立地条件はちょっと特殊ですが、村は今日も平和です//

  • コメディー〔文芸〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/02/21 21:59
彼女限定

葛城 瑛(かつらぎ あきら)は、容姿端麗、文武両道、の完璧と思われる高校生。 ただ一つ、彼に欠点があるとすれば…彼女、織田 翠(おだ あきら)限定で、ヤンデレ//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全13部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/02/14 17:57
城壁の翠花 BETWEEN THE WORLD

17歳の翠花(すいか)は、辺境の地で軟禁されて育った王の妹姫。護衛という建前の見張りの武官、迅(じん)に育てられたせいで、かなりのじゃじゃ馬姫に成長してしまった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全165部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/10/31 18:23
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全118部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 00:00
君のままに美しく

斎賀透子が信じるのは自分自身と、自分を救ってくれたあの人とその仲間だけ。 自分の世界にはそれだけでいい。 そのはずなのに、そう単純にはいかなくて。 初めての愛と//

  • 純文学〔文芸〕
  • 連載(全124部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/03/10 18:38
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全405部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 23:00
紺青ラプソディー

※現在手直し中※ 前世の記憶?それともトリップ?日本で過した記憶の欠片を持った女の子(とオマケの男三人)が童話の世界風の異世界で色んな人々と交流しほのぼのした//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全92部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/07/01 06:00
策士の掌の上で踊るなんて、真っ平御免ですから。【連載版】

ハッと思い出した。この世界は18禁乙女ゲームの世界であることを。そして、私は攻略対象の妹であり、兄であるアランのルートでは可哀想な目に合うことを。ゲームの通りに//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全23部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2014/04/30 23:10
妹ですみません

腐女子と相反する者、それはリア充。 これは美形の義兄と暮らすことになったオタクな妹の孤軍奮闘物語である。 ※KADOKAWAビーズログ文庫アリス様より『腐女子//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/02/11 23:53
夕日と鏡と私のトラウマ

夕暮れ時に侵入した廃校は、奇妙な世界への入り口だった。 半分透明な男に連れ去られた麻奈がそこで目にしたのは、異形の姿の男たち。化け物じみた姿の彼らは、とうに正気//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全101部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/06/29 06:58
ひとりぼっちの少女と、虚影の魔王

※本作は「クラス転移」ものですが、前編は自殺・対人恐怖症などの鬱要素を多分に含みます。中編から糖度高め。苦手な方は中編からどうぞ。// 少し繊細で気弱な少女―//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全25部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/05/01 09:01
求・ヤンではなくクーな人達

前世でやり残したゲームに生まれ変わった私、神宮寺奈緒。やっていたゲームが悪かった。攻略対象達全てがヤンデレ。まともな人物も後にヤンデレ化。なんだろう、このカオス//

  • その他〔その他〕
  • 連載(全34部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/04/29 08:02
黒の黄昏

「魔術を教えてあげよう。君ならばきっと素晴らしい術師になる」――十年前の戦争で親を亡くした少年と少女は、若くして一線を退いた大魔術師に引き取られて、平和な生活を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全72部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/06/29 09:21
二度目の天使の幸福

生まれ変わると羽根の生えた赤ん坊になっていた主人公。 天使、に似て非なる天使族に生まれた彼女は、父親に育児放棄されるも図太く生きのび、ある日捨てられた子供を拾い//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全19部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/03/20 19:00
愛に勝るものなし

婚約者とその恋人に現実をこんこんと諭していたら、どうしてこうなった。 運命に抗おうとして、運命に回り込まれた話。 基本ギャグ。 おそらくはハッピーエンド。 ヒ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全3部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/02/22 07:00
閉じた環

それなりに現実的で、今どきの女子高生である春。 いつものように、いつも通りに普通に日常が過ぎていく。 平凡で退屈な日々、それがどれほど輝かしく大事なものなのか、//

  • 純文学〔文芸〕
  • 完結済(全35部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/07/10 13:15
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
魔女はパン屋になりました。

 パン屋をひとりで切り盛りするアーヤは行き遅れ確実と言われる19歳。先代から受け継いだパン屋で今日も元気に頑張ります。  そう思っていたら、遠い過去から暗黒歴史//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全66部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/01/25 10:40
貴方の恋愛ゲームには乗らない

 私こと相田菜月が彼と出会ったのは、大学のテニスサークル新歓……の次の日。「昨日はドーモ」と私に話し掛けた、綺麗なお顔をした青年こそ、篠原晃だった。 「もし良//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全11部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/02/03 19:00
冬の狼

俺達は死んだ事にも気がつかないんじゃないか? 長期の戦争が続く中央大陸オルタス。その北の大地には、不浄の神が顕現したとされる縦穴がある。 今にも雪が降//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全316部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/12/01 00:04
チルチルハミチルーー私たちと青い鳥ーー

十八歳の誕生日を間近に控えた箱入りお嬢様、ミチルは悩んでいました。 十八歳の誕生日を迎える前に幸せな結婚が出来なければ、怖いチルチルお兄様に囚われて、暗くて狭//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全60部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/08/16 23:19
ベルフェリートに咲く花 ~The flower of Belfereat~

どこにでもいる平凡なOLだった主人公はある日事故に遭い命を落とすが、気がつくと異世界の侯爵令嬢として転生していた。やがて爵位を継いだ彼女は女の身でありながら宰//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全147部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/04/26 19:13
主様のお気に入り

 私たち42人の子どもと1人の大人が住むこの大きなお屋敷には、化け物がひそんでいる。すぐそばにいるのにみんなは気付かない。  ある秋の日、主様につれられてお屋敷//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全30部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/11/30 02:18
追う彼女、逃げる彼

「グエンさん好きっ!!」が口癖になっちゃってる侍女キーナと 「黙れ寄るな。」それをバッサリ斬り捨てちゃう毒舌無慈悲な騎士様グエンダルの ちょ、お前ら見てて//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全41部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/02/24 22:56
はこにわ

大富豪の沢島家に生まれたあやめは日頃から虐待を受けていた。日々、人間の汚い部分を見ながら、自分の欲求を口に出来ないまま。 そして、あやめが十二歳になった時、五十//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全5部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2014/01/23 22:37
↑ページトップへ